1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒はなぜ積極採用される?その人気の秘密とは

第二新卒はなぜ積極採用される?その人気の秘密とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒には明確な定義はなく、新卒入社後3年以内で辞める人を指すのが一般的になっている
    ・第二新卒が積極採用されるのは、ポテンシャルやコスト削減が期待できるなどメリットが豊富だから
    ・転職する際は、転職理由や自分の適性を明確にする
    ・第二新卒の転職は、企業の早期退職に対する不安を解消できるかが大きなポイント


第二新卒は積極採用される、という話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。
通常、早期退職は印象があまり良くないもの。なぜ第二新卒だと重宝されるのか、その理由と転職活動をする時のポイントをまとめました。新卒で入社したものの、すでに退職を検討している方はぜひ参考にしてください。

◆第二新卒とは?

そもそも、第二新卒とはどのような人を指しているのかよく分からない方もいるのではないでしょうか。
実は、第二新卒には明確な定義ありません。
一般的には、新卒で入社した会社を3年以内に辞める人のことを指しています。4年生大学をストレートで卒業した場合だと、22~25歳くらいまでが対象です。

ただし、必ずしもこの年齢の方だけが第二新卒として扱われるわけではなく、たとえば大学院を卒業して入社した方であれば、27歳くらいまでの人も対象とする企業もあります。
また、企業であらかじめ「第二新卒は○歳まで」と定めている場合もあるようです。


◆積極採用される理由

通常、入社した会社を3年以内に辞めるとなると印象が悪くなりますが、なぜ第二新卒だと積極採用されると言われているのでしょうか。
それは、企業が以下の点に大きなメリットを感じているからと考えられています。

【第二新卒のメリット】

・若くて成長が見込める
・柔軟性があり、新しい発想や着眼点が期待できる
・基本的なビジネスマナーが身についているため、研修コストが削減できる
・少ないながらも社会人経験があり、社会的信用が高い
・新卒時の失敗を踏まえて転職活動するため、ミスマッチの確立が低い

このように、第二新卒は伸び代が期待できる上、ビジネスマナーが身についていてコスト削減や信頼性が望めるなど、メリットが豊富だからと言えるでしょう。


◆転職のポイント~準備編~

第二新卒は積極採用されるといっても、準備不足のままでは難しいのが現実です。
また、きちんと自己分析をしておかなければ、前職と同じような理由や別の不満から再び早期退職をしてしまうことも考えられます。

以下の第二新卒での転職活動のポイントを押さえておきましょう。

【転職準備のポイント】

・転職活動の目的を明確にする

給与が低い、人間関係が不満、業務内容が嫌など、転職を検討し始めたのはさまざまな理由があるでしょう。
しかし、これらのような理由をそのままに「転職したい理由」に当てはめてしまうと、結局また自分と合わない会社に入社してしまうことも。

転職で何を実現したいのか、目的を明確にしましょう。
たとえば、やりたい仕事ではなかった場合、今の場所ではやりたいことがなぜ実現できないのか、本当はどんな業種でどう活躍したかったのか、数年後にはどのようなキャリアを積んでいたいのか、より具体的にイメージしてください。
その上で、転職先にはどんな環境であってほしいのか軸を定めて、求人を探していくと良いでしょう。

・自己分析した上で企業を探す

自分の適性とやりたいこと、やりたくないことを正しく把握しておかなければ、理想の会社に転職できたと思っても、後で業務や社風が合わないと感じてしまうことがあります。
たとえば、上記で描いた転職の目的から「事務職で社員をサポートしていきたい」と考えても、自分の能力的にはデスクワークが苦手だった、コミュニケーション力が活かせる職種の方が向いていた、というケースもあるということです。

転職の準備では、まず転職理由を明確にするほか、自分の適性と仕事への価値観を見直して、ミスマッチを防ぐことを意識した求人選びが重要と言えるでしょう。


◆転職のポイント~面接編~

転職活動の基礎となる準備が整ったら、面接でのポイントも押さえておきましょう。

【面接のポイント】

・企業の不安を払拭する

企業は第二新卒に対して「またすぐ辞めるかもしれない」という懸念を抱いています。
どんなに第二新卒にメリットがあるといっても、この不安が解消されなければ採用には繋がりません。

この不安を払拭するには、前職での失敗を認めた上で、今後はどのような姿勢で活躍していきたいのかを示す必要があります。
転職活動では「前職を退職した理由」や「転職理由」などを聞かれますから、スムーズに答えられるようにしておきましょう。

・社会人としての振る舞いを意識する

自分ではビジネスマナーが身についていると思っていても、事前に身だしなみや挨拶、言葉遣いがきちんとできているか確認しておいた方が良いでしょう。
新卒ではある程度、見逃してもらえるマナー違反でも、一度社会人を経験していると厳しくチェックされます。

もし、退職したいけど転職理由がわからなくなってしまった、自分のビジネスマナーが正しいか不安、という方はハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、フリーターや第二新卒など社会人経験が浅い方の就職・転職を徹底サポート。どんな小さな不安も解消できるよう、マンツーマンでフォローしています。ぜひお気軽にお問い合わせください。

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    積極採用される?第二新卒の転職事情と成功のコツとは

  • image

    第二新卒から就職を目指す方を徹底サポート

  • image

    第二新卒って誰のこと?転職に有利といわれる根拠とは?

  • image

    第二新卒の転職難易度はどれくらい?失敗しないためにやるべきこと

  • image

    第二新卒は卒業後何年目の求職者?既卒との違い

  • image

    第二新卒の転職ー新卒採用との違いとは

  • image

    高卒の第二新卒とは?就活のコツは?

  • image

    第二新卒の転職活動!積極的に採用されるってホント?

  • image

    第二新卒はいつまでを指す?既卒との違いは?

  • image

    新卒採用の会社から転職しやすい時期

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる