1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職活動は在職中と仕事を辞めた後のどちらにする?

転職活動は在職中と仕事を辞めた後のどちらにする?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・残業が多いときや人間関係が悪いときなどに、「仕事を辞めたい」と感じる人が多い
    ・仕事を続けた方が良いのは、働き始めたばかりの人や職場で改善策を実践していない人
    ・実現したいビジョンが明確な人や心身に支障をきたしている人は、転職を検討した方が良い
    ・転職市場での自分の位置づけを把握した上で、タイミングを決めることが大切
    ・在職中の転職活動は収入面の不安がないが、仕事との両立が大変
    ・退職後の場合は時間に余裕がある分、公的手続きの必要性や生活費用への不安が生じる

「仕事を辞めたい…」と考えている方はいませんか?
このコラムでは、仕事を辞めたい理由の例や、在職中と退職後に転職活動をするメリット・デメリットをそれぞれご紹介します。転職活動をスムーズに進められるよう、参考にしてください。

◆仕事を辞めたいと感じるとき

仕事を辞めたいと感じるのは、どのようなときが多いのでしょうか。

【給与が低いとき】

「給与が働き方に見合っていない」「成果を出しているのに昇給しない」といった不満があると、仕事へのモチベーションが下がってしまうでしょう。

【残業が多いとき】

「効率的に業務を進めても、なかなか仕事が終わらない」という人がいるかもしれません。残業で帰りが遅くなると疲労が蓄積するため、ストレスを感じやすくなるでしょう。

【人間関係がうまくいかないとき】

多くの人にとって悩みの種となるのが、職場の人間関係です。「上司から嫌味を言われる」「職場にチームワークの意識がない」といった悩みがあると、やる気が失せてしまうかもしれません。

職場や働き方に不満を感じている場合、仕事を辞めたいと感じることが多いようです。


◆転職のタイミングを見極める

転職を成功させるためには、タイミングを見極めることが大切。仕事を続けた方が良い人、転職を検討した方が良い人の例は以下のとおりです。

【仕事を続けた方が良い人】

・働き始めたばかり
・今の職場でできる改善策を実践していない
・転職の目的が定まっていない

「ミスが多くて悩んでいる」という場合、働き始めたばかりの人は仕事に慣れていないのが大きな原因といえるでしょう。
チャレンジしたい業務があるときは、まずは異動を申し出るなどして在職中の職場で改善策をとることが大切です。

【転職を検討した方が良い人】

・現状の問題が数年後も解決しないと予想できる
・転職によって実現したいことが明確である
・仕事による心身の不調を感じている
・極端に労働条件の悪い職場に勤めている

実現したいビジョンが明確な人や、「在職中の会社が法令を守っていない」という人は、転職を検討した方が良いでしょう。

仕事の不満が蓄積すると「すぐにでも会社を辞めたい」と思うことがあるかもしれませんが、まずは冷静に転職の必要性を考えることが大切。会社に迷惑をかけたり退職後に後悔したりすることがないよう、現状としっかり向き合い、今後のプランを練りましょう。


◆転職市場での自分の位置づけを考える

20代前半は、ポテンシャルが評価される年代。経験が浅くても仕事への意欲や学ぶ姿勢に着目してもらえるため、未経験職種にチャレンジしやすいのが特長です。

20代後半の場合、ポテンシャルに加えてスキルのアピールが必要。同業種・職種への転職を考えている人は、能力を高めるために今の職場でもう少し経験を積み、必要に応じて資格を取得した方が良いケースもあります。

年齢が上がるにつれて、企業からは高度なスキルや経験を求められるようになるため、転職市場での自分の位置づけを把握した上でタイミングを決めましょう。


◆転職活動は在職中?退職後?

転職を検討する際、在職中と退職後のどちらに行うか迷う方は多いかもしれません。
在職中に転職活動を行う場合のメリット・デメリットは以下のとおりです。

【メリット】

・経済面の心配がない
・税金や年金などの公的な手続きをする必要がない

【デメリット】

・仕事が忙しい場合、両立するのが大変
・転職を有利に進めるために資格を取得したくても、勉強の時間をとるのが難しい

転職活動中も収入を得られるため経済面の不安は生じませんが、仕事との両立を大変に思う場合があるようです。
退職後に転職活動をする際は、以下のメリット・デメリットがあります。

【メリット】

・業界研究や企業の情報収集に時間をかけられる
・求職活動を優先でき、面接日時を調整しやすい

【デメリット】

・収入がないため、生活資金を用意する必要がある
・離職期間が長引くと焦りや不安が大きくなる

退職後の転職活動は時間に余裕がある分、公的手続きの必要性や生活費用への懸念が生じます。
在職中と退職後のどちらもメリット・デメリットがあるため、ご自身の状況に合わせて選択しましょう。

転職活動に関する不安がある方は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは、第二新卒や既卒、フリーターなどの若年層を対象に就職・転職支援を行うエージェントです。
経験豊富なアドバイザーがスキルや経験を伺い、あなたに合うお仕事をご紹介。未経験OKの求人を多数ご用意し、応募書類の添削や面接対策、面接日時の調整といったサポートをマンツーマン体制で実施します。
当サービスのご利用は、すべて無料。転職活動をスムーズに進めるために、ぜひご利用ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる