何をアピールする?第二新卒の自己PRの書き方と例文

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 何をアピールする?第二新卒の自己PRの書き方と例文

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒の転職は、新卒の就活とチェックされるポイントが異なる
    ・第二新卒ならではの強みをアピールすることが、転職成功に繋がる
    ・自己PRでは学生時代のエピソードよりも、社会人経験で得たものをアピールするのが良い
    ・第二新卒の場合、スキルや実績は少ないのが普通なので、誇張した言い方は避ける

書類や面接での自己PRが苦手という人は多いでしょう。
特に第二新卒の転職で、何をアピールすれば良いかわからないと困っている人もいるのではないでしょうか。

こちらのコラムでは、第二新卒の自己PR作成のポイントについてまとめています。
例文もいくつかご紹介しているため、自己PR作成に悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

◆第二新卒の自己PRで見られるポイント

第二新卒の転職は、新卒の就活や普通の転職とはチェックされるポイントが異なります。
第二新卒の強みや弱みを把握し、的確にアピールすることが、転職成功に繋がると言えるでしょう。

第二新卒の転職において、企業側が気するポイントはまず、早期退職した理由についてです。
早期退職の場合、「またすぐ辞めてしまうのでは?」というネガティブなイメージを与えてしまうのは避けられません。
そのため、企業側の不安や懸念を払拭できるよう、ポジティブな退職理由を伝えることが大切。
具体的には、早期退職になってしまった非を認めつつも、今後への前向きな姿勢や明確なキャリアビジョンを伝えるのが良いでしょう。

企業側の早期退職への不安を解消するためには、入社への熱意をアピールするのも効果的です。
同じ早期退職であっても、「前職を辞めて仕方なくこの会社を選んだ」のと、「この会社で働きたくて前職を辞めた」とでは、与える印象が全く違うものになるでしょう。
また、腰を据えて長く働きたいと考えているなど、入社した後の働き方のイメージを伝えると、企業側も採用後のビジョンを持ちやすくなります。

第二新卒だからこそアピールできるポイントの1つとして、ビジネスマナーの基本が挙げられます。
社会人経験がない新卒と比べて、一から教育するコストを省けるという点は、企業側が第二新卒を採用する大きなメリット。
応募先が前職と同じ業種の場合や、応用できるスキルがある場合には、経験や知識、資格などもアピールに使えます。

転職市場では、将来性やポテンシャルの高さが評価される若い人材は有利と考えられています。
新卒で就職して数年しか経っていない第二新卒は、新卒と同じくらいの若さと成長性を秘めていると言えるでしょう。
そのため、第二新卒は未経験業種や職種への転職の絶好のチャンスとも言われています。

◆自己PRをする時のコツ

新卒の就活では自己PRに学生時代の話をする人がほとんどです。
しかし、先の項目でもお伝えした通り、第二新卒と新卒では企業から求められるものが異なります。
第二新卒だからこその強みをアピールするためには、会社に入ってからの経験をもとに自己PRを作成しましょう。

新卒と比べ社会人経験があると言っても、短期間で転職する第二新卒は職務経験が浅く実績がないのが一般的です。
実際に身についた経験やスキルはもちろんアピールのポイントになりますが、誇張して伝えるのはやめましょう。

転職でネックとなりやすい退職理由は、前向きな内容に置き換え志望動機と繋げることでアピールになります。
入社後にやりたいことやどのように働きたいかなどと絡めて伝えると、より説得力が高くなるでしょう。

◆自己PRの例文

こちらの項目では、上記のポイントを踏まえた上で自己PRの例文をいくつかご紹介していきますので、参考にしてください。

・営業職の場合

私の強みはお客様に対するヒアリング力の高さです。現職は◯◯の営業で、決して押し売りのような営業はせず、お客様のニーズを理解し、そのニーズに合った提案を一番に心がけています。その結果、入社2年目の現在で月間MVPを2回獲得することができました。貴社に入社した際にはお客様のニーズを分析する力を活かし、貴社の売上に貢献していきたいです。

・エンジニアの場合

自分の強みは探究心の強さと吸収力の高さです。現職では事務を担当していますが、業務でエクセルを使用しているうちに、他にはどんなことができるのか気になり、マイクロソフトオフィススペシャリストの資格を取得するまでに至りました。そこから更にシステムの開発に興味を持つようになり、プログラミングスクールに通いjavaに対応できるようになりました。未経験者の育成に力を入れている貴社でなら、習得したスキルを活かしながら、さらに知識を深めることができると考え、応募いたしました。

・販売職の例文

現職ではコールセンターのトラブル対応を担当しているため、言葉遣いやお客様への対応には自信があります。しかし、電話越しの対応ではお客様の表情を拝見することができないことが気になりはじめ、お客様と直接顔を合わせた接客がしたいと考えるようになりました。貴社に入社した暁には、お客様の表情から1人ひとりのニーズを読み取り、より丁寧な接客を心がけ、貴社の売上に貢献していきたいです。

第二新卒の転職で自己PRの作成にお悩みの方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代に特化した就職・転職支援サービスで、第二新卒の転職サポートを行っています。
転職したい原因になっている職場での悩みや人生相談など、カウンセリングを通してあなたの条件に合うお仕事を提案。
「アピールできるポイントがない」「在職期間が短いのがネック」という場合も、6万人以上のカウンセリング実績を持つアドバイザーがお手伝いしますのでご安心ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ