書類選考に通らない…そんな時気をつけたいポイントとは

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 書類選考に通らない…そんな時気をつけたいポイントとは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・書類選考で落ちることが続く場合は、自分の書類に不備がないか見直す必要がある
    ・企業ごとに対策した書類を作成するのが大切なので、使い回しはしないようにする
    ・内容だけではなく、写真や文字の大きさ、空欄がないかなど応募書類作成時の基本的なマナーを守るのも重要
    ・読み手の目線を意識して、見やすくわかりやすい書類に仕上げよう

就職・転職活動をしている時、なかなか書類選考に通らない…と悩んでしまうことは多いもの。
このコラムでは、書類作成時のポイントや内容以外の注意点などをまとめました。
採用担当者に好印象を与える応募書類を作れるよう、チェックしてみてください!

◆書類選考に通らないとき見直すべきポイント!

書類選考でいつも落ちてしまう…なかなか面接まで進めない。
そんな人は、まずは自分の作った応募書類に問題点がないか確認してみましょう。

最初に確かめておきたいのは、企業の求める人物像を掴み、それに当てはまるようなアピールができているかどうか。
特に中途採用では、企業側はある程度どんな人材が欲しいかイメージを固め、それに当てはまる人を採用しようと考えていることがほとんどです。
求人票や企業のWebサイトなどから情報を読み取り、それに合わせて自分のアピールポイントを伝えることが大切。志望動機や自己PR欄の内容は複数の企業で使い回さず、それぞれの企業に応じた内容にしましょう。どんな企業にも使えるような浅い内容では、企業への理解度や志望度が低いと判断され、悪印象を与えてしまいがちです。

手書きの履歴書では人柄を見られるとよく言われますが、単純な字の綺麗さを見られているわけではありません。文字が丁寧に書かれているか、読みやすいように配慮した書き方をしているか…などの部分で、人物像を見られているのです。
このように、気にするべきポイントは内容だけではありません。
次の項目では、内容以外で書類作成時に気をつけたい点をまとめました。

◆内容以外も見直そう

どれだけ良い内容でも、体裁が整っていなければ好印象は与えられません。
応募書類でよく見られている点を解説します。

・証明写真は印象の良いものか

履歴書の証明写真では、表情が暗くないか、髪型や服装に清潔感があるかなどを見られています。スピード写真でも問題はありませんが、より綺麗に写してもらうには写真館を利用しても良いかもしれません。
また、サイズなど写真の様式が正しいものかどうかも提出前に確認しておきましょう。

・単純なミスをしていないか

誤字脱字や年数の書き間違いなどのミスがないか、事前に見直しをしておきましょう。
単純なミスを放置してしまうと、適当な印象を与えてしまいます。

・書類作成の基本ルールを守れているか

履歴書など手書きの書類は黒のボールペンで書くのが基本。また、間違えてしまった場合は修正ペンやテープは使用せず、1から書き直しをするのがマナーです。こういった基本的な部分もおろそかにしないようにしましょう。

・字は丁寧に書かれているか、大きさは適切か

全体を見たときに、読みやすい書類になっているかどうかは大切なポイントです。また、志望動機や自己PRなどの自由記入欄は8割以上は埋めないとスカスカな印象を与えてしまうので注意しましょう。

・空欄はないか

空欄が目立つとやる気がない印象を与えることになるため、できる限り埋める努力をしましょう。本当に書くことがない場合には「特になし」と書きます。ただし、本人希望記入欄は特になしではなく「貴社規定に従います」とするのが一般的です。

このように、見られているポイントは意外と基本的な部分が多いもの。これらの点で悪印象を与えてしまうと、不採用につながってしまいがちです。丁寧な書類作成で、減点ポイントをなくすよう努力しましょう。

◆読み手を意識して書くことが大切

前述の通り、書類選考で落ちてしまうのには基本的なマナーを守れていないという原因があります。こういった単純な失敗を防ぐためには、読み手の目線を意識することが大切です。

汚い字やミスが目立つ書類はもちろん、言いたいことが伝わりにくい書類は「読みたい」と思わないもの。そう思われないためにも、完成したあとは客観的な視点で読み直したり、家族や友人に見せて感想をもらったりすると良いでしょう。

また、志望動機などの長文の欄では、伝えたいことが多すぎてわかりづらい内容になってしまっている人が少なくありません。
わかりやすい内容にするためには、結論から書く、根拠となるエピソードを交える…などの工夫をするのがおすすめです。

その他、読み手である採用担当者とは将来的に一緒に働くことになるということも意識してみましょう。文章を読んだ相手が「一緒に仕事をしたい」と思えるような内容にすれば、合格の確率は高くなります。

書類選考になかなか通らない、自分の作った書類を見直してもどこが悪いのかわからない…そんな風に悩んでいる方は、就活のプロに相談してみませんか?
ハタラクティブは、20代を中心とする若年層に特化した転職エージェント。利用者の方には専任のアドバイザーがつき、一人ひとりに丁寧な就職サポートを提供しています。
適性に応じた求人の紹介や面接対策などのサービスも行っているので、就職・転職活動にお悩みの方にはおすすめです。
自分に合った会社で内定を得たい!とお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ