1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 第二新卒の履歴書はどう書く?高評価につなげるコツとは

第二新卒の履歴書はどう書く?高評価につなげるコツとは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒の履歴書は、意欲や経験をアピールすることが重要
    ・職歴欄には短期間しか勤務していない会社も含め、会社名を省略せず正確に書こう
    ・採用担当者は履歴書を通して、入社への熱意やマナーが身についているかを判断している
    ・前職の退職理由を聞かれたら、志望動機につながるよう前向きな回答をすると良い

企業の求人に応募する際に重要なものの1つは「履歴書」です。採用担当者は履歴書からあらゆることを判断しているため、第二新卒の場合は新卒と違う面をアピールする必要があると考えられます。好印象を与える履歴書を作成し、転職を成功させましょう。
 

◆第二新卒が履歴書を書くときのポイント

新卒と第二新卒では、どのような違いがあるのでしょうか。また、第二新卒の方が履歴書を作成するときに、どのような点に気をつけるべきか考えてみます。
 

【新卒と第二新卒の違い】

新卒がその年に学校を卒業する学生を指すのに対して、学校卒業後就職したものの数年以内に転職活動を行う求職者のことを第二新卒と言います。第二新卒の方が履歴書を書く際には、将来の目標や成し遂げたいことなどを、経験やスキルを織り交ぜながら具体的にアピールすることが大切です。
 

【職歴欄の注意点】

新卒と第二新卒の履歴書において、大きく異なるのが「職歴欄」。勤務した期間が短い場合であっても、すべて正確に記載しましょう。会社名は省略せず、株式会社◯◯という具合に正式名称を書きます。
職歴欄に退職理由を詳細に書く必要はありませんが、面接では聞かれる可能性が高いため答えられるように準備しておくと良いでしょう。退職理由の伝え方については後述しますので、参考にしてみてください。
 

【志望動機や自己PRのコツ】

採用担当者が重視している項目の1つに、志望動機があります。意欲や将来性を判断しているものと考えられるため、事前に企業研究や自己分析をしっかり行い企業が求める人物像に合うようなアピールをすると良いでしょう。新卒とは違う点として、ビジネスマナーが身についていることや経験を活かせるといったことを伝えると高評価につながるかもしれません。

 

◆採用担当者が応募書類から判断すること

採用担当者は応募書類を見てスキルや人間性など、さまざまなことを読み取ろうとしていると言えます。特に以下のようなことを意識して、応募書類の作成に取り組むと良いでしょう。

・意欲や熱意を感じられるか
・マナーが身についているか
・企業が求める人物像に即しているか

入社意欲をアピールするにはなぜその企業でなければならないのかを、より具体的に伝える必要があります。応募企業だけでなく業界全体についてもよく調べた上で志望動機や自己PRを書いていれば、採用担当者に「自社のことを理解できている」という印象を与えられるでしょう。
そのほか、字や言葉遣いからマナーが身についているかどうかを判断されるため、丁寧に書くように心がける必要があります。第三者に、読みやすい履歴書に仕上がっているかどうかを見てもらうのも1つの手です。

 

◆退職理由の伝え方に気をつけよう!

転職の面接で必ずといっていいほど質問されるのが、前職を退職した理由です。「社風が合わなかった」「仕事内容が想像していたのと違った」「人間関係で悩んでいた」など、退職するにはさまざまな理由があると考えられます。
しかしながら、採用担当者に「いずれ自社に対しても不満が出てくるのではないか」「周りのせいにばかりしているのではないか」と思われないよう、あくまで前向きな理由で退職したということを伝えましょう。

退職理由が志望動機に結びつくように話をまとめるのも効果的です。「前職ではうまくいかないこともあったが失敗を今後に活かしたい」「前職で希望する仕事をできなかった分、御社で◯◯の仕事をしたいという気持ちが高まった」というような、前向きな回答を心がけるようにしましょう。

第二新卒の転職を成功させたいのであれば、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブは若年層に特化し、転職活動のサポートを行っています。経験やノウハウを豊富に持つアドバイザーが、綿密なヒアリングを実施。マンツーマンでのカウンセリングを通して、履歴書の書き方や面接時のマナーなどの疑問や不安を解消しながら転職活動に取り組めます。
まずは、お気軽にハタラクティブにお問い合わせください。


参考:契約社員は正社員になれないって本当なの?

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    未経験業種への転職と年齢の壁

  • image

    年収の意味は?手取りとの違いを知ろう

  • image

    週休3日制のメリットとデメリットとは

  • image

    ニートからの就職!トラック運転手の業務や必要な資格

  • image

    ニート脱出を応援!気軽に使える就職支援の機関を知ろう

  • image

    文学部出身の方必見!就職を有利にする効果的対策

  • image

    試用期間中の解雇・退職について

  • image

    転職用の履歴書はどう書けばいいの?

  • image

    面接で自分の短所を聞かれる理由は?ベストな回答例

  • image

    転職できない悩みから抜け出そう!主な原因と解決法をご紹介

  • image

    放置は危険!「仕事に疲れた…」その原因と改善策

  • image

    クレペリン検査とは?適正検査を勝ち抜くためのコツをご紹介

  • image

    「ハタラクティブ」の紹介手数料、3月末まで半額に

  • image

    アルバイトで脱ニート!面接に必要な対策とは

  • image

    人の役に立つ仕事に就く方法は?おすすめ資格や高卒者向けのコツをご紹介

  • image

    ビジネスシーンでの「かしこまりました」の使い方とは?

  • image

    試用期間中に退職したい!退職理由と辞め方の手順を解説

  • image

    「ニートのままで就職していない…」年金はどうなるの?

  • image

    未経験の業界に転職できるでしょうか?

  • image

    新卒カードは最強?新卒で絶対内定をとる方法!

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる