適性検査の対策方法とは?種類や行う意味を解説

適性検査の対策方法とは?種類や行う意味を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・適性検査には大きく分けて「能力検査」と「性格検査」がある
  • ・適性検査は事前の対策が高評価につながる
  • ・代表的な適性検査には「SPI」「GAB」「CAB」などがある
  • ・能力検査は公式の確認や出題頻度の高い問題の対策が重要
  • ・性格検査は対策し過ぎず素直に答えよう

就職活動や転職活動を行っていると、選考過程で適性検査を受けることがあります。適性検査には、基礎的な学力や一般常識、論理的思考能力などを問う能力検査と、人柄や性格、その人の価値観などを問う性格検査があります。
事前対策を行うことで心構えができ、しっかりとした結果を残せるでしょう。このコラムでは適性検査の種類や対策方法を紹介していくので、ぜひ参考にして準備をしましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

適性検査とは?

適性検査とは、求人に応募してきた人材が企業が求めている要件を満たしているかを判断するための検査です。

適性検査では、職務を遂行するために必要な知識や技術を測る「基礎能力」、職場に順応できるかどうかを測る「性格の特性」、企業への貢献意欲やキャリアプランなどを測る「動機、価値観」といった基準で適性が総合的に判断されます。
これらの基準で判断することにより、企業は自社の理念や風土に合った人材を見極められ、採用におけるミスマッチを防げます。

「能力検査」と「性格検査」

適性検査には、大きく分けて「能力検査」と「性格検査」という2つの種類があります。ここでは適性検査の能力検査と性格検査についてそれぞれ紹介していきます。

能力検査について

能力検査とは、卒業学校名や偏差値などからは見えてこない、職務を遂行するために必要な基礎的な能力を測定するための検査です。能力検査では主に個人の知的能力や一般常識、論理的思考力などを問う問題が出題されます。

性格検査について

性格検査とは、面接だけではわからない応募者の性格や人柄、タイプを見極めるための検査です。性格検査によって、企業風土や職場への適合性があるかどうかや、入社後に社内で調和を保ち、チームワークを持って働くことができる人材かどうかを判断できます。

実際の選考では、能力検査と性格検査の両方を行う総合検査を実施するか、もしくは性格検査のみを実施するパターンが一般的。能力検査のみを実施することは少ないようです。

20種類の適性検査

適性検査には、SPIやGAB、玉手箱などさまざまな種類があります。ここでは、一部の適性検査を紹介するので、どんな検査があるのかを知るのに役立ててください。

1.SPI(エスピーアイ)

リクルートキャリアが開発した適性検査。新卒採用で最もポピュラーな検査で、中途採用にも使われます。
能力検査には、国語的な力を問う言語分野と、数学的な学力を試す非言語分野がありますが、企業によっては、英語問題が課されることも。
受検の形式は、リクルートが用意した会場でパソコンを使って受けるテストセンター、自宅でのパソコンで受検するWebテスティング、応募先企業で受けるペーパーテスティング、応募先企業でパソコンを使って受けるインハウスCBTの4種類です。

SIPについては「SPIを行う意味とは?知っておくべき内容とポイント」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

2.GAB(ギャブ)

日本SHL社が開発した総合検査で、新卒採用の場で使われ、特に金融・総合商社での導入事例が多いようです。
GABは言語理解と計数理解、パーソナリティ(性格検査)で構成されます。

3.CAB(キャブ)

同じく日本SHL社が開発した検査で、エンジニアやプログラマーなどのIT職に特化している点がGABとの違いです。
問題の種類は、暗算・法則性・命令表・暗号・パーソナリティ(性格検査)。GAB、CABともにWebテストとペーパーテストのどちらもありますが、Webテストの方が回答時間が短く難易度が高いといわれます。

4.eF-1G

人材コンサルタント会社である株式会社イー・ファルコンが開発した適性検査です。一般的な適性検査では基礎的な思考力や性格などを測定するのに対して、eF-1Gでは瞬発的な発想力などを問うという特徴があります。
そのため、SPIなどの適性検査とは異なる問題も多く、対策が難しいと指摘されることも。eF-1GはWEBテスト形式となっており、「能力検査」と「性格検査」の2種類の設問があります。

5.TAL

株式会社人総研が提供している適性検査で、人材と企業とのミスマッチを防ぐために用いられるテストです。応募者のメンタルや情報漏えいの傾向、離職傾向などを把握できるため、企業に合わない人材をあらかじめチェックすることが可能。
TALはほかの適性検査のような文章問題だけでなく、図形配置問題という特殊な問題が出題される特徴があります。TALは出題者の意図がわからないようになっているため、対策が難しいといわれています。

6.内田クレペリン検査

株式会社日本・精神技術研究所が提供している適性検査です。1桁の足し段を連続して行っていくという内容になっているため、言語や文化などの影響を受けにくく、外国人を採用する際の適性検査としても適しています。また、適性検査の中でも長い歴史を持つ検査なので、信頼性の高い検査でしょう。
クレペリンの詳しい問題内容と解き方については、「クレペリン検査とは?合格ラインはあるの?練習方法やコツを紹介」で解説しています。

7.Cubic

株式会社CUBICが提供している適性検査で、業種や業態などを問わず多くの企業が採用しています。
測定できる内容は性格や知的能力、ストレス、モチベーション、カルチャーフィット、相性、職種適正、面接アドバイスなど非常に幅広いことから、採用選考だけでなく職場での配置や育成などにも活用されています。
また、検査時間はおよそ15分程度と短いのが特徴です。

8.3E-IP

エン・ジャパン株式会社が開発した適性検査で、入社後に活躍できる人材を見極めるためのテストです。知的能力テストの「3E-i」と性格・価値観テストの「3E-p」で構成され、合わせて「3E-IP」と呼ばれています。
検査では性格特性や創造的思考性、コミュニケーション力、エネルギー量、ストレス耐性、キャリアタイプ指向性、職務適性、総合特徴などを測定できます。
また、日本語版のほかにもグローバル版として英語や中国語などに対応したテストも提供されています。

9.YG性格検査

JPギルフォード教授考案のギルフォード性格検査をベースに、日本の文化環境に合うように作成された性格検査です。性格に関する120問の質問に対して、「はい」「いいえ」「どちらでもない」の選択肢のうち1つを選んでいくものになっています。
細かい性格に関する質問に回答することにより、情緒安定性や社会適応性、活動性や主導性などを分析できます。

10.玉手箱

こちらも日本SHL社が販売する検査で、問題の種類は計数と言語、性格検査、企業によっては英語の出題があります。
特徴としては、難易度の低い問題から難しい問題まで幅広く出題されること、制限時間がシビアなことがあるでしょう。素早く回答できるよう対策しなければなりません。

11.OPQ

SHL社による適性検査。職場でその人がよくとる行動や、好みの行動・スタイルが明らかになるテストとなっています。人材のポテンシャルを可視化できるのが特徴です。

12.OAB

SHL社による事務職向けの適性検査。電卓やパソコンなどの機器を使った計算の素早・正確性が問われます。

13.DPI

ダイヤモンド社が提供する、職場に適応して実績を上げる人材を見極める適性検査。対人関係処理能力と意欲が評価され、職務適性が明らかになるテストです。

14.TG-WEB

ヒューマネージ社が提供する適性検査。判断推理力(言語・数理)をWeb上で測定する検査で、自宅で受検する場合とテストセンターで受検する場合があります。出題内容は、言語分野・非言語分野・性格適性検査。非言語分野では、展開図や暗号の解読といった変わったタイプの問題が出るのが特徴です。また、英語の問題が出題されることもあります。

15.HCi-ab

ヒューマンキャピタル研究所が提供する適性検査。言語分野と非言語分野のほかに、時事社会分野からの出題があるのが特徴で、「常識度」と「思考度」に考慮した評価が行われます。また、企業のによっては英語を含む問題が出題される可能性もあるでしょう。

16.アドバンテッジインサイト

株式会社アドバンテッジリスクマネジメントが提供する適性検査。ストレスの強さと現在のストレス状態を測る検査で、EQ能力を加味した診断が出るのが特徴です。ストレスの対処法は人によって異なるため、入社後のフォローアップに利用されることもあります。

17.SCOA(スコア)

日本経営協会総合研究所が提供する適性検査。「知」「情」「意」の3つの側面から、仕事に必要な基礎能力や事務能力、パーソナリティまでを多面的に測定・評価する検査です。

18.TAP(タップ)

日本文化科学社が提供する適性検査で、基礎能力や職務バイタリティ、対人・社会への不調和傾向、対人的側面、行動的側面などの要素を総合的に判定します。

19.BRIDGE(ブリッジ)

株式会社リンクアンドモチベーションが提供する適性検査で、ポータブルスキルとモチベーションの特性(価値基準・意欲)、ポテンシャルを測定します。特徴は、経済産業省が提唱する「社会人基礎力」をもとにして項目を設定していること。採用だけではなく、既存社員の育成に役立てられることもあります。

20.CPAG

株式会社フォスターネットが提供する適性検査。数理・コミュニケーションを中心に「頭・行動・心」の領域を診断し、長期間に亘って企業で活躍できる人材を見極めます。

系統別!能力検査の対策方法

適性検査の能力検査を受ける場合、事前に十分な対策を行っておきたいという方は多いでしょう。
ここでは、系統別に能力検査の事前対策方法について解説していきます。

非言語系の事前対策

能力検査には、数学などの非言語系と国語・英語などの言語系の検査があります。ここでは、まずは非言語系の検査に対する事前対策について解説するので、ぜひ参考にしてください。

計算式を確認しておく

非言語系の問題では、必要となる計算式は決まっています。そのため、「四則演算」「累乗計算」「比」「1次方程式」「2次方程式」「連立方程式」「分数」「不等式・不等号」「グラフ」について、事前に計算方法や計算式を復習して対策しておきましょう。

足し算などの初歩的な計算を間違えないようにする

非言語系の能力検査では電卓の使用が不可の場合も多いです。また、非言語系の検査は問題数が多い傾向があり、正確かつスピーディーな計算が重要になります。
そのため、足し算や引き算、掛け算、割り算などの初歩的な四則演算を間違えない注意力が必要です。

出題頻度の高い問題を押さえる

非言語系の問題では出題頻度が高い定番の問題があります。定番の出題項目についてはしっかりと勉強しておき、本試験でもかならず加点できるようにしておくことが大切です。
能力試験対策本などで例題を解けるため、練習を重ねて得意項目にできるように対策しましょう。

言語系の事前対策

言語系の問題につていても、非言語系と同様に対策を行っておくことが大切です。ここでは、英語を含む言語系問題の対策方法を紹介していきます。

1.語彙力をつける

言語系の問題で得点を上げるためには語彙力を身に着けることがポイントです。そのためには、新聞や雑誌、書籍などでさまざまな文章を読み、多くの言葉に触れましょう。
また、知らない言葉が出てきたらその場で調べることで、着実に語彙力を養えます。語彙を増やす対策は、言語系検査で出題される語句の用法や同意語の対策にもなるでしょう。

2.多くの文章を読んで読解力をつける

語彙力を身につけるのと同様に、多くの文章を読むことで読解力を身につけられます。特に、書籍や新聞のコラムは文章は論旨がしっかりとしているため、プロの書いた文章を繰り返し読むことで、文章を論理的に理解できるようになるでしょう。

3.助詞や助動詞を正しく使えるようにする

言語系の問題では、助詞や助動詞などの使い方を問う問題もあります。そのため、助詞や助動詞の正しい使い方を押さえて文法力を身につけましょう。

非言語系・言語系ともに適性検査の種類によっては対策本が販売されているので、事前に問題を解いて対策するのがおすすめです。

性格検査3つの対策方法

適性検査ではどうしても能力検査対策にばかり重点を置いてしまいがちですが、性格検査の対策を行うことも大切です。ここでは性格検査の事前対策方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.できるだけ素直に答える

性格検査はできるだけ素直に回答しましょう。企業が求めている人材に合うように無理に回答を選ぶと、かえって不自然な回答になってしまい、採用に落とされてしまう可能性もあります。

2.矛盾がない程度に柔軟性を持って答える

性格検査では極端に回答の傾向が偏っていると、企業に避けられる原因になります。たとえば「常に正しいことをしたい」「規則を破る人は許せない」といった質問にすべて「はい」をつけていると、回答に一貫性はありますが一方で融通が利かない人物のように思われてしまいます。
そのため、矛盾がない程度に柔軟性やバランス性なども意識して回答することが大切です。

3.企業が求める人物像を知っておく

性格検査ではできるだけ素直に答えることも大切ですが、事前に応募企業の社風や求めている人物像などを調べておき、性格検査で回答を選ぶ際の指針にするのもポイントです。
もちろん、完全に自分を偽ると不自然な回答になってしまう可能性があるためおすすめできません。ただ、企業が求める人物像と自分のマッチする部分を知っておくと、無理なく企業が求めている回答を選べるようになるでしょう。
企業について調べる際は、「企業研究ってどうやるの?基本的なやり方と目的を解説」を参考にしてください。

適性検査実施中の3つの対策ポイント

実際に適性検査を受けているときにも、高得点をとるためのいくつかのポイントがあります。ここでは適性検査実施中の対策ポイントについて紹介しますので、参考にしてみてください。

1.時間内に終わらせられるように配分を考える

適性検査では想定しているよりも問題数が多いことがあり、時間配分を考えなければ時間が足りなくなる場合があります。そのため、適性検査を受ける際には問題を見てすぐに解けそうかどうかをまず判断し、難しそうであればひとまず次の問題へ進むことも大切です。

2.分からないものは消去法を使う

問題の選択肢の中には、明らかに誤りだと分かる回答が混ざっていることも多いです。そのため、たとえ正解がわからなかったとしても間違っている選択肢を消していく消去法により、正解の確率を上げていくことができます。

3.集中できる環境で挑む

適性検査は応募企業の会議室などで受検する場合もあれば、自宅のパソコンから受検する場合もあります。自宅で検査を受ける場合は、できるだけ試験に集中できる環境をつくりましょう。
たとえば室温を適度に保ち、家族がいる場合はその時間だけ静かにしてもらうなど、自分の能力を最大限に発揮できるように準備します。

企業が実施している適性検査にはさまざまな種類があり、それぞれ行っておくべき対策も異なります。
ぜひコラムで紹介した適性検査の種類や対策ポイントなどを参考に、十分な準備を行って適性検査に臨みましょう。
ハタラクティブではアドバイザーが求職者の不安や希望を丁寧にヒアリングし、その人に合った仕事を提案しています。専任の担当者が、適性検査の対策などをサポートしているので、まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION