1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. フリーターの就職活動、志望動機はどうする?

フリーターの就職活動、志望動機はどうする?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

志望動機は自分の言葉で誠実に

正社員を目指すフリーターの就職活動で、必ず聞かれる質問、それが「志望動機」です。

フリーターの就職活動に限らず、どんな人でも志望動機は重要ですが、採用担当者は「どうしてフリーターを続けていたのか」、「にもかかわらず、なぜこのタイミングで正社員を目指すようになったのか」を見極めようとしてきます。
なぜなら、「フリーター」という経歴だけでは、その人がどんな人間性で、どんな能力があるのか判断が難しいからです。

実際、フリーターを続けてきた人の理由はさまざまでしょう。
夢を追うための時間を確保するために正社員ではなくフリーターを続けてきた人もいれば、好きなことをやるために正社員でなくてもアルバイトの条件を受け入れていた人もいるでしょう。
その一方で、単に責任の少ない楽な立場で働きたいからという理由も考えられます。

採用担当者は、あなたがポジティブな理由でフリーターを続けていた人材なのか、ネガティブな理由でフリーターを続けていた人材なのかを知りたがっています。
そのため、面接の際に志望動機について詳しく聞かれるということは、十分予想できるのではないでしょうか。
ここで、念頭に置いておきたいのは嘘をつかないことです。
すぐに見抜かれてしまいます。知らないことを誤魔化そうとしたり、適当に答えてしまったりということがあると、面接官はその点を追求してくるかもしれません。知らないことは知らないと答え、嘘偽りのない言葉で志望動機を伝えましょう。
逆を言えば、どんな企業でも手当たり次第に志望するのではなく、自分が心からの言葉で志望動機を伝えられるような企業にだけ志望すれば良いのです。
就職活動とは、志望数で決まるのではなく、ひとつひとつの企業に対する思いが大切です。
「数打てば決まる」という考えでは相手の企業にも失礼ですし、就職活動の質も下げてしまうことにつながります。焦らずに、あなたに合った企業を見つける努力をしてください。

どんな志望動機が企業に認められる?

嘘をつくのではなく、企業に好感触を得てもらえるような「言い回し」のテクニックは就職成功率を上げるためにも必要でしょう。
ここではそんなテクニックをいくつかご紹介します。

まず、あなたの経歴と志望動機を上手に絡ませて説明することです。
例えば、フリーター時代はずっとスーパーでアルバイトをしていたとしましょう。スーパーの仕事で得た知識や経験がいかに企業で役に立つかをアピールしてください。より具体的なエピソードや数字を示しながら、自分の能力を説明できるとなお良いでしょう。

次に、フリーターを続けていたことが面接を受けている企業を志すようになったきっかけになった、というようなストーリー性があると、好印象を持ってもらえる可能性があります。
例えば、「私はずっと音楽家になりたくて、夢を追いかける時間を確保するためにフリーターを続けていました。しかし、その過程で楽器を販売する仕事に興味を抱くようになり、音楽への愛を楽器販売の仕事に注ぎたいと思うようになりました。そこで、楽器製造会社を志望するようになりました」といった具合です。
これなら、あなたのやる気や本気度をPRすることができる志望動機です。
あとはいっそのこと、きっぱりとフリーター時代から気持ちを切り替えていると告げるのも潔さがあって良いでしょう。
「これまでは自分の夢を追いかけてきましたが、これからはその情熱を企業で発揮したいと思います」というような伝え方なら、前向きでガッツのある人材だと評価してもらえるかもしれません。

注意!面接でこんな志望動機はNG

フリーターから正社員を志す際、もっともNGな志望動機は、具体性を欠いた言葉です。

「なんとなく興味がありました」という志望動機は、面接官からすれば何も言っていないにも等しい言葉だと捉えられてしまいます。
こういった志望動機からはやる気を感じられず、一緒に仕事をするイメージを与えることができなくなってしまうでしょう。

また、受身的な言葉もNGです。「求職サイトで言われたから」、「友人にすすめられたから」では、あなたの意志が感じ取れず、やはり面接官はいい印象を抱いてくれないでしょう。
例えあなたが本当にやる気があって、心から企業に入りたいと願っていたとしても、受身的な言葉では真意が伝わりづらくなってしまうため、積極的な伝え方に変え、さらに具体性を持たせるようにしましょう。

「以前から興味があった業界だったのですが、今回、自分でいろいろ調べていくうちに自分の能力を活かせる部分が大きいと感じるようになりました」、「求職サイトで発見し、詳細を見ていくうちに、自分の経験と重なる業種だと感じました」、「友人にすすめられ、御社を調べてみたのですが、自分のやりたい仕事と一致していることが分かりました」などです。
かなりポジティブな雰囲気に変わったのではないでしょうか。このうえで、「例えば」や「具体的に申しますと」とさらに詳しく言葉を紡いでいけば、それだけあなたのやる気が大きいと伝わることでしょう。
具体性には、あなたが企業のことを考えていた時間の長さや強さが反映されます。好きなもののことは誰もが興味を持って詳しくなるように、就職活動でもそれは例外ではないのです。
企業に興味を持って調べれば、おのずと誠実な志望動機を熟考することができるでしょう。

企業は、全力で仕事にあたってくれる人材を探しています。過去にとらわれている人間は、企業の成長、つまり未来のことを考えることができないので、企業は避ける傾向があります。
フリーター時代の経歴を企業から聞かれたとしても、過去の話に時間を割きすぎないように気をつけましょう。
それよりも、フリーター時代を経たことで、自分がどんな人間になり、何を学んだのか、それをどのように役立てるのかといった未来の話をできるだけ多く話すように心がけてください。就職活動中はつらいことや嫌なことにも遭遇し、気分が落ち込むこともあるでしょう。しかし、そんなときでも最後には前向きになりたいものです。

このように、志望動機は「詳しく」、「前向きに」語ることが一番です。しかし、自分一人で悩まれている方は、何が正しいのか、どうすれば失敗しないのか分からなくなってくることでしょう。そんなあなたはぜひ、ハタラクティブにご相談ください。
一人一人の希望に沿った就職活動が行えるよう、サポートを受けることが可能です。まずはお気軽にご登録してみてはいかがでしょうか。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

正社員経験がなくても大丈夫!

未経験OKの求人も多くあるため、あなたにぴったりな仕事が見つかります!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    フリーターの就活、バイト経験はこう活かす!─スキルの棚卸し編

  • image

    品質管理に転職する際の志望動機の書き方

  • image

    30代フリーター、アルバイト生活を辞めるなら今だ!

  • image

    フリーターの将来は危ない?安定した生活を手に入れる方法

  • image

    ニートから脱出したい!おすすめのバイトと就職方法

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?