何かを成し遂げたいときにやる気を出す方法は?

何かを成し遂げたいときにやる気を出す方法は?の画像

この記事のまとめ

  • なかなかやる気が出ないときは、目標を低く設定し、ひとまず行動に移してみよう
  • 体を休めてリラックスする、目標を人に打ち明けて自分を追い込むなど、自分に合った方法を取ろう
  • スマートフォンやテレビなど、つい長時間眺めてしまうものは電源を切ろう

仕事や勉強をするときに、なかなかやる気が出なくて困っている…という方は、当コラムをご一読ください。やる気を出すために何をすべきか、どうしてもやる気がでないときはどのように対処すべきかを解説しています。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆簡単にできる「やる気を出す方法」はある?

仕事や勉強など、必要とするときにやる気が出ず、困った経験はありませんか?

やる気を出すには、「ひとまず行動すること」が効果的だといわれています。

「行動に移せないから困っている」という人は、目標を高く設定しすぎている可能性も。
たとえば、「運動を始めようと思っているのに、なかなかやる気が出なくて後回しにしてしまう」という場合は、「まずは身体を起こしてみる」「簡単なストレッチをしてみる」「外に出てみる」など、ハードルを低くしておくと、最初の一歩を踏み出しやすくなります。

また、「3分間だけやる」というように、取り組む時間を短く設定するのもおすすめです。
人間は一度身体を動かし始めると、続けて他の行動を取りやすくなる傾向があるため、「やろう」と思っていたことを実行に移せるかもしれません。
運動や勉強など、何か習慣化させたいことがある場合も、同様の方法を取るとスムーズです。


◆やる気スイッチは人それぞれ!

先述したように、行動に移すことで心も活性化され、やる気が出やすくなります。
しかし、それはあくまでも一般的な方法です。
あまりに苦しいと感じたときは、ストレスになってしまう可能性があるため、無理をしないように気をつけましょう。

行動に移そうと思っているのにどうしてもできない」という場合は、好きな音楽を聞く、寝て体を休める、達成した後の自分へのご褒美を用意するなど、ひとまずリラックスしてから取り組んでみても良いかもしれません。

また、誰かに達成したい目標を宣言し、やらざるを得ない状況を作ることで自分を追い込み、やる気に繋げるという方法もあります。

このように、やる気の出し方は人それぞれなので、自分に合ったやり方を見つけると良いでしょう。


◆やる気を削ぐ環境を排除しよう

これまで述べたような方法を試してみても効果が見られない場合は、周囲の環境を見直すのも1つの手です。

たとえば、スマートフォンやテレビなどは、無意識のうちに長時間眺めてしまう傾向があるため、注意が必要です。
たとえ見る時間を決めたとしても、習慣化していると「あと少しだけ…」というように、つい判断が甘くなってしまうことも。
このような場合は、思い切って電源を切る、すぐに取り出しにくい場所に置くなどすると、集中しやすい環境が整います。

また、不足している栄養素を摂取する、軽い運動やマッサージで血流を改善するなど、食事や体調にも気を配ると良いでしょう。

どの方法を試してみても、仕事中にやる気が出ない…という場合は、今の職場が自分に合っていない可能性があります。
一度自分が置かれている環境や、仕事内容などを見直してみましょう。

もし転職を決意した場合は、エージェントに相談するのも有効な手段の1つです。

ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが親身になって転職活動をサポートします。
マンツーマンでカウンセリングを行い、希望条件に合ったお仕事をマッチング。
書類作成や面接対策もしっかり指導するので、本番にも安心して臨めます。
「今の職場では快適に仕事ができない」と感じている方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。
あなたがいきいきと働ける職場探しをお手伝いします。