DTPオペレーターの仕事とは?どうしたらなれるの?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. DTPオペレーターの仕事とは?どうしたらなれるの?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・DTPオペレーターは図や写真、テキストをレイアウトして印刷物を作成する仕事
    ・DTPデザイナーは広告やポスターなどのデザイン業務を担当する仕事という違いがある
    ・IllustratorやPhotoshop、InDesignなどのソフトのスキルが必要
    ・単純作業の繰り返しとなるので、コツコツとした作業が得意な方に向いている
    ・自分が作成したものが世の中に出たり、クライアントから評価されたりするとやりがいを感じられる

テキストや写真をレイアウトし、データを出力できる状態に作成するDTPオペレーター。
こちらのコラムでは、DTPオペレーターの仕事内容やなるために必要なこと、業務のやりがいについてまとめました。
DTPオペレーターに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

◆DTPオペレーターってどんな仕事?

Desktop Publishingの略称であるDTP。
「DTPオペレーターってどんな仕事をしているのだろう?」と疑問に感じたことはありませんか。
DTPオペレーターの仕事内容と、DTPオペレーターとの違いを確認してみましょう。

【DTPオペレーターの仕事内容】

DTPオペレーターは、クライアントやデザイナーの指示に基づき、図や写真、テキストをレイアウトして印刷物を作成する仕事です。
雛形の作成から始まり、入稿データの作成やレイアウト調整、校正、修正、納品までを担当。
PCのソフトを使用し、ズレやミスをしないよう細部まで気を使いながらデータを作成します。

近年ではDTPで作成したものをWebサイトに掲載することも多いため、ディスプレイで表示するRGBと印刷で見られるCMYKの違いをしっかりと理解しなければなりません。
また、文字詰めや禁則処理などのDTP特有のルールを把握する必要があります。

【DTPデザイナーとの違い】

上記の項目から、DTPオペレーターは、ルールに従ってデータをレイアウトし、印刷物を出力可能な状態に仕上げる仕事ということがわかったと思います。

DTPデザイナーは、広告やポスターなどのデザイン業務を担当する仕事です。
業務内容はグラフィックデザイナーと近いものもありますが、DTPデザイナーは印刷物に特化した場合が多い傾向にあります。

しかし、DTPオペレーターを募集している求人であってもデザイン業務を求められるなど、企業によっては定義があいまいなケースも。
自分がしたい仕事と業務内容が合っているか、求人情報をしっかりと確認しておきましょう。


◆DTPオペレーターになるには

DTPオペレーターになるためには、どのようなスキルが求められるのでしょうか。
下記では、必要なスキルと向いている人の特徴についても紹介します。

【必要なスキル】

DTPオペレーターはPCのソフトを使用してレイアウトを行います。
チラシやポスターを作成する場合はIllustratorを、写真やイラストなどの画像を加工する際はPhotoshopを、書籍などページ数の多いものを作成する場合はInDesignを使用。

必須となる資格はないので、実務経験やソフトのスキルが重視されるでしょう。
ただし、DTPエキスパートや色彩検定の資格があれば、就職や転職の際に有利になる可能性があります。
また、報告書などの資料を作成する場合もあるので、ワードやエクセルなどの一般的なオフィスソフトが使えると尚良いでしょう。

【向いている人の傾向】

DTPオペレーターは、コツコツと作業できる人に向いています。
単純作業や細かいレイアウトの繰り返しになるため、ミスせずに作業する集中力や忍耐力が求められるでしょう。
また、営業やデザイナーなど、他の職種とやり取りをする必要があるため、コミュニケーション能力がある人は重宝されます。

DTPオペレーターになるには、PCスキルを駆使し、業務の効率化に取り組むことが大切です。


◆DTPオペレーターのやりがいと大変なポイント

DTPオペレーターの仕事はどのようなやりがいがあるのでしょうか。
大変なポイントと合わせて紹介します。

【仕事のやりがい】

自分が作成したものが世の中に出回ると、大きな達成感を得られます。
クライアントの注文通りに作成をして想像以上の成果が出せたときは、クライアント側から評価されることも。
チームで仕事をする際は、プロジェクトがうまく進行していると連帯感に喜びを感じられるでしょう。

【大変なポイント】

DTPオペレーターの仕事には納期があるので、複数の案件を抱えていると業務に追われることがあります。
DTPデータは校正や修正を繰り返すため、最新のデータを常に把握しておかなくてはなりません。ファイル管理を失敗するとトラブルが発生する可能性も。
また、クライアントから指示された文章や情報は細かく設定されているので、誤植などの失敗が許されません。

DTPオペレーターになりたいと思っている方は、適性やメリット、デメリットを知った上で自分に向いているのかを考えてみましょう。

自分に合った仕事を探すなら、転職エージェントに相談をしてみませんか。
20代を中心に求職支援を行っているハタラクティブでは、転職アドバイザーがマンツーマンの体制でサポート。
希望条件を把握し、あなたに適した求人を紹介します。
まずはお気軽にお問い合わせください。



職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ