良い印象を与えられる証明写真の服装が知りたい!

良い印象を与えられる証明写真の服装が知りたい!の画像

【このページのまとめ】

  • ・男女共に、服装は黒か紺のスーツに白いシャツが基本
    ・髪型もメイクも、清潔感があることが重要
    ・表情は微笑がベター
    ・撮影時期は3ヶ月以内のもので、写真と本人の印象に相違がないように気をつける

就活において重要な履歴書。その中でも、採用担当者の目に留まりやすいのが証明写真です。
いくら内容が充実した履歴書であっても、写真によっては不採用となってしまう可能性も…。
当コラムでは、見落とされがちな履歴書の写真について、気をつけるべきポイントをまとめています。服装や髪型・メイクなど、正しいルールを知って、好印象を与えられる写真を目指しましょう。

◆履歴書の証明写真撮影!おすすめの服装は?

履歴書の写真撮影に最適な服装をご紹介します。

【男性】

黒か紺のスーツで、白いシャツとネクタイが基本です。なお、ネクタイは派手すぎないものを選びましょう。
シャツのボタンを上まできちんと留め、ネクタイは、緩んだり曲がったりしないよう気を付けながらしっかり締めます。

【女性】

黒か紺のスーツで、白いブラウスが基本です。
カットソーを選ぶ場合は、胸元が開きすぎていないシンプルなデザインのものを選びましょう。アクセサリー類は全て外します。


◆髪型やメイクのポイントは?

男女別に分けた、写真撮影時の髪型・メイクのポイントは以下の通りです。

【男性】

前髪が目にかからないよう、なるべく額が出ている程よい短髪の状態がベストです。
整髪剤を使って自然にまとめましょう。寝グセはもちろん、固め過ぎや立たせ過ぎは厳禁。撮影前にしっかりチェックすることが大切です。

【女性】

前髪が目や眉にかからないよう、分けるか横に流しましょう。髪が長い場合は後ろに流すか1つに結びます。
また、メイクは清潔感が大切です。派手な色のものや、濃過ぎるマスカラ、太すぎるアイライナーは避けましょう。薄いピンクのリップやチークを使って、自然に血色が良く見えるようにします。


◆証明写真の基本

証明写真の正しいマナーを以下にまとめました。

【表情】

姿勢を正し、真っ直ぐにカメラを見ます。口元は閉じたまま口角を少し上げ、微笑んでいるような表情を目指しましょう。
スピード写真を使う場合は、椅子の高さの調節と、レンズの位置確認を念入りに行います。

【撮影方法】

スピード写真を使う人は多く、使用しても問題はありません。しかし、他の人との差をつけたいという方は写真館でプロにお願いするのがおすすめです。写真館によっては即日仕上げが可能な場合もあり、スピード写真では難しい、表情や服装・メイクなど、細部をチェックしながら撮影することができます。

【背景】

証明写真は好きな背景色を選べるものもありますが、履歴書の写真はブルーか白が無難です。
ブルーは顔色が良く見え、白は清潔な印象を与えることができるでしょう。

【撮影時期】

3ヶ月以内のもので、写真と本人の印象に相違がないように気をつけます。髪型が変わっていたり体重の増減があったりした場合は撮り直しましょう。

【サイズ】

サイズは縦4センチ、横3センチ。
写真の裏には忘れずに氏名を記入しましょう。

履歴書の写真は、表情や服装、メイクなど、見た目によって与える印象が大きく変わります。
いくら熱意があっても写真の正しいマナーを知らずにいると、良い印象を与えることが難しくなってしまうかもしれません。
採用担当者が最初に目にする「履歴書」。内容はもちろん写真にも気を配って、しっかりアピールできる書類を作成しましょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION