フリーターであることが惨めに感じる7つの要因!脱出する方法をご紹介

フリーターであることが惨めに感じる7つの要因!脱出する方法をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・フリーターが惨めさを感じる要因には、周囲との比較や収入の低さなどがある
  • ・フリーターの惨めさを脱出するには、「正社員になる」「副業をする」などがある
  • ・フリーターからの脱出を目指すなら、就職エージェントの利用もおすすめ
  • ・フリーターが惨めに感じて現状を変えたいときは、できるだけ早く行動に移そう

フリーターであることを惨めに感じてしまう方もいるのではないでしょうか。その場合は、惨めに感じる原因を把握し、フリーターから脱出する方法を検討することが大切です。
このコラムでは、フリーターであることが惨めに感じる要因や、その際の対応方法などをご紹介します。また、フリーターを続けるメリット・デメリットについても解説。自分の現状を客観的に捉えたうえで、現状打開に向けて必要な方法を実践しましょう。

フリーターであることが惨めに感じる7つの要因

フリーターであることが惨めに感じる要因には、周囲と比べてしまったり収入が少なかったりすることなどが考えられます。自分の状況と重なる項目がないかを以下でチェックし、まずは自身の現状を把握してみましょう。

1.同窓会に参加した

同窓会に出席した結果、周囲と自分が置かれている状況の差を目の当たりにして惨めさを感じてしまう方もいるようです。同年代や仲の良かった人が集まれば、「今何をしているのか」といった話題から職業や役職、労働条件などが話題に挙がることも多いもの。20代後半や30代に突入すると、正社員であればそれなりの経験を積み、責任の大きい役職に就いている人もいます。かつての同窓生と自分を比較し、フリーターであることを惨めに感じてしまうこともあるでしょう。

2.結婚や出産する人が多くなった

周囲が結婚や出産をしていく状況下で、フリーターであることに惨めな気持ちを抱いてしまう場合もあるでしょう。収入や雇用が不安定なフリーターの中には、経済的な理由から結婚や出産に踏み出しづらくなっている方もいるようです。夫婦関係や子育てといった話題に共感しづらく、フリーターであることに引け目を感じてしまう可能性も。中には、結婚や出産を経た友人と徐々に疎遠にしてしまうフリーターの方もいるでしょう。

3.バイト環境が変化した

アルバイト先のスタッフの顔触れが変わり、フリーターであることに惨めさを感じる方も。ずっと同じ場所でアルバイトを続けていると、アルバイトの入退職を見ることになります。若いアルバイトが正社員雇用の就職先を見つけて退職していく場面にも遭遇するでしょう。そのようなとき、「自分は就職しなくても良いのだろうか…」と考えてしまうこともあるようです。
また、年を重ねると身体能力や体力面に衰えが出てくるため、「思うように仕事が捗らない」「シフトを減らさないとキツくなった」という人も。これらは収入にも関わり、将来に不安を抱く要因になり得ます。

4.年下社員から指示を受ける

年下社員から指示を受ける状況に、「フリーターで惨め…」と感じてしまう場合もあるでしょう。30代、40代と年齢を重ねたフリーターの場合、職場に年下が増えていくのが一般的。その中には正社員も含まれています。フリーターと正社員という立場上、自分の方が年上で経験が豊富だったとしても、年下社員から指示を受けて仕事をすることもあるでしょう。そのため、自身の現状に不満を感じるフリーターの方もいるようです。

5.ネガティブな考えになりやすい

フリーターである自分に自信がなくなり、「自分は社会的立場が弱い」「経済力がなくて何もできない」など、自分を惨めに感じてネガティブな考えを持つようになることもあります。ネガティブな思考に偏りがちになると、仕事や人付き合いといったさまざまな場面で積極的な活動ができなくなる可能性があるでしょう。

6.周囲の反応が冷たい

フリーターは「定職に就いていない」「収入が少ない」「将来性に欠ける」など、ネガティブな印象を持たれる場合もあるため、そのことを惨めだと感じる方もいるでしょう。さらに、フリーターというだけで将来のことを考えるよう言われたり、冷たい反応をされたりすれば、自身の現状に納得がいかなくなることも考えられます

7.生活に追われ自由がない

いくら働いても経済面が改善されず、自由を得られなくて生活を維持するだけの状況に陥ってしまったときに、フリーターである惨めさを感じてしまうこともあります。
非正規雇用であるフリーターはボーナスや手当が付かないことが多く、正社員に比べて基本的に収入は少ない傾向です。そのため、人によっては生活費だけで手一杯となってしまうこともあるでしょう。また、フリーターは時給制や歩合制が主なため、仕事を休めばその分収入が減ってしまいます。
フリーターでいることに迷いを感じている方は、「フリーターの末路は悲惨?今すぐ就職した方が良い理由」もぜひ参考にしてみてください。

フリーターが惨めと感じたら現状は変えるべき?

フリーターを続けることにはリスクもあるため、現状を惨めに感じている方は、自分が納得のいくやり方を模索して動き出してみることをおすすめします。
「就職できなかったから」「やりたい仕事や自分の適性が分からないから」といった消極的な理由でフリーターになった人は惨めさを感じやすい側面も。一方、夢や目標を実現するために目的を持ってフリーターとして生活している人は、あまり自分を惨めに感じることは少ないようです。
自分にとってのフリーターでいるメリットとデメリットを踏まえたうえで、自身の今後について検討してみると良いでしょう。

フリーターを続けるメリットとデメリット

将来的に不安を抱きやすいフリーターですが、人によっては理想的な働き方で、惨めさを感じないことも。長い目で見たときにフリーターで居続けるメリットとデメリットを把握しておきましょう。

メリット

フリーターのメリットとして挙げられるのは、「時間の融通が利きプライベートが充実できる」「「責任が少なく転職しやすい」などです。特に、親の介護や子育てがある、実現したい夢があるといった人にとっては、時間を調整しやすいことは大きなメリットといえます。
フリーターとして働くメリットについては、「フリーターの末路…就職を目指すべき理由とは」でも触れているので、あわせてご覧ください。

デメリット

フリーターは非正規雇用のため、景気や経営状態が悪くなる、所属店舗の閉店などによって職を失うリスクがあるのがデメリットです。また、アルバイトの立場だと昇給や昇進などが望みづらく、体調不良や急な用事で長期的に休んでしまえば、収入の大幅減少に直結するでしょう。
年を重ねるほど体力や能力面に衰えが生じ、思うように勤務できなくなることもあり得ます。前述したように、雇用や収入が安定しなければ家庭を持つことも厳しいのが現状。ローンを組んだりクレジットカードを作成したりするのも難しい可能性があります。

フリーターが惨め…現状を脱出する4つの方法

フリーターが惨めと感じたときに現状を脱出するには、「正社員として就職する」「副業を行う」「就職エージェントを活用する」などの方法があります。フリーターを脱出するためにも、下記の方法を参考にしながら、自分に合ったやり方を実践してみましょう。

1.正社員として就職する

フリーターが惨めだと感じたときは、正社員就職を目指すのが一つの方法です。
前述のように、フリーターが惨めと感じる原因には、周囲からのネガティブな印象を受けることや、フリーターであることに劣等感を感じることなどがあります。これらの原因は正社員になれば解消される可能性があるため、正社員としての就職を検討しても良いでしょう。

2.副業を行う

フリーターは時間の融通が利きやすく、自由に使える時間があるのが大きなメリットといえます。そのメリットを活かして、空いた時間に副業を行っても良いでしょう。フリーターは社員ではないため、副業が禁止されていない場合が多いもの。場合によっては、副業がフリーターとしての収入を上回ることもあり、個人事業主として副業をメインにできることもあるでしょう。

3.目標を設定する

フリーターが惨めに感じたときは、フリーター脱出を見据えた目標を立てるのも良いでしょう。「専門学校に入るために貯金する」「仕事に活かせる資格を取得する」「仕事に必要な体力をつける」など、自分の趣味や得意なこと、やりたいことから目標を考えるのがおすすめです。目標へ向かって計画的に物事を進め、目標を達成できれば自信に繋がるはず。目標達成で自信やスキルを得れば、次のステップへも踏み出しやすくなるでしょう。

4.就職エージェントを活用する

フリーターは中途採用の枠となるため、就職が厳しくなってしまうこともあります。そのような場合は就職・転職エージェントの活用を検討してみましょう。
就職エージェントでは、求職者と企業の条件をマッチングしてくれます。そのため、フリーターとしての経験を求めている企業と出会える可能性も。また、履歴書や面接の対策といった就職活動に関するサポートも行ってもらえるため、就職までの流れがスムーズに運びやすくなるでしょう。

フリーター脱出は先延ばしにしない
フリーターからの脱出は先延ばしにせず、できるだけ早く行動を起こしたほうが良いでしょう。高齢になれば、若手の人材確保を望む企業の求人には受かりづらくなってしまいます。さらに、年齢が上がるにつれ、企業から求められるものは多くなるのが一般的。フリーターからの脱出を先延ばしにしてしまうと、就職は厳しくなっていく傾向にあることを念頭に置いておきましょう。
フリーターに惨めさを感じて現状からの脱出を考えている方は、「フリーターを脱出するには?就職活動を円滑に進める方法」もぜひチェックしてみてください。

フリーターが惨めと感じるなら現状打破を目指そう

フリーターをしていて惨めと感じてしまう人もいます。そのような場合は、前述したフリーターを脱出するための方法を参考に、正社員就職や仕事に就くことを見据えた行動を検討してみましょう。

ハタラクティブは、20代を中心とした若年層の就職活動を支援する就職・転職エージェントです。就職活動に欠かせないスキルの棚卸しから面接対策、エントリーシート添削まで、専任のアドバイザーがあなたの就職活動を徹底的にサポート。仕事に関する悩みやご要望をお伺いしたうえで、あなたに合う求人をご紹介いたします。
ハタラクティブが扱う求人は実際に訪問取材をして厳選された企業のため、社風や職場の雰囲気をお伝えすることも可能です。未経験歓迎の求人も多く抱えているので、「職歴がないから就職できる自信がない…」「仕事のブランクが長く不安…」という方も、まずはお気軽にハタラクティブへご相談ください。

惨めなフリーター生活を変えるには?お悩みQ&A

正社員の友達と比べて、フリーターの自分を惨めに感じていませんか?
ここでは、今から就職するべきか、正社員になるにはどうしたら良いかをQ&A形式で解説します。

惨めなフリーター生活を脱出するには?

お金を稼いで自信をつけたり、生活水準を上げたりするのが、惨めさを払拭する一つの方法です。そのためには、やはり安定した収入が得られる正社員になるのがベター。正社員は責任の重い仕事に携わるため、フリーターと比べて経験やスキルを身に付けやすく、自己成長できるでしょう。「正社員のメリット・デメリットは?同一労働同一賃金についても解説!」では、正社員の利点を紹介しています。

 

本当にフリーターのままでは駄目ですか?

フリーターは年を重ねるにつれてアルバイトが見つかりにくくなったり、体力的に今のシフトで働くのが難しくなったりします。フリーターを続けていると、周りと比べて惨めと感じるだけでなく、生活に困窮する可能性もあるでしょう。フリーターを続けるリスクは、「フリーターの末路は悲惨?今すぐ就職した方が良い理由」で確認できます。

 

職歴がなくても就職できますか?

20代なら職歴がなくても若さややる気を武器に就職できます。30代でも未経験者を採用する企業はあるので、諦めずに就職活動しましょう。就活において、スキルがない人は若さを重視される傾向にあるため、1日も早く仕事を探すことが大切です。「職歴なしの20代が正社員になるための方法」では、職歴がない人への就職アドバイスをお伝えしています。

 

どうすれば就職できますか?

就職サイトで求人を検索したり、ハローワークで求人を探したりする方法があります。求人提案から選考対策まで手厚いサポートを受けたい場合は、就職エージェントを活用するのがおすすめ。若年層の就職に特化したハタラクティブでは、未経験者歓迎求人を多数扱っています。悩みや不安は1人で抱えず、プロに相談してみましょう。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る
  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る
  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る
  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る
  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細見る
  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細見る
  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る
  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る
  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る
  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION