オフィスカジュアルに最適な女性の服装は?企業が私服を指定する理由

オフィスカジュアルに最適な女性の服装は?企業が私服を指定する理由の画像

この記事のまとめ

  • オフィスカジュアルで面接に臨むなら、女性の場合は上品さを兼ね備えた服装がおすすめ
  • 企業が私服指定するのは、TPOの理解度や社風との相性などをチェックする意図がある
  • 就職活動で私服を指定された場合は、オフィスカジュアルが無難
  • オフィスカジュアルとして女性が選ぶべきアイテムは、カーディガンやカットソーなど
  • オフィスカジュアルで女性が就活する場合、露出度の高くないものを選ぶ

オフィスカジュアルで女性が就職・転職活動を行う場合、どんな服装を選べばいいのでしょうか。企業が面接の際「私服」「服装自由」などと指定するのには理由があるようです。このコラムでは、オフィスカジュアルで女性が選ぶべきアイテムをご紹介しているほか、企業が服装指定する理由とふさわしい服装についてまとめています。「私服」の定義などを理解し、適切な服装で就職・転職活動に臨みましょう。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

オフィスカジュアルとは?

就職・転職活動における「私服」は、普段着という意味ではありません。企業から私服指定があった場合は、スーツよりもカジュアルで、普段着よりもきっちりとしているオフィスカジュアルが安心です。

オフィスカジュアルとは?

オフィスカジュアルとは、ビジネスで着ても違和感がなく、オフィスに溶け込めるカジュアル服のことを指します。男性の場合はスーツを少しカジュアルにアレンジした服装、女性の場合は上品さを兼ね備えた服装を意識すると良いでしょう。

服装指定ごとの意味

就職活動に参加する際、「私服」「服装自由」「あなたらしい服装」など、スーツ以外にもさまざまな指定があり、服装に悩むことがあるかもしれません。各服装指定の一般的な定義は、下記のとおりです。

私服

私服は先述したオフィスカジュアルのことを指します。スーツを選ぶ人も多いようですが、個性を出すためにもできるだけオフィスカジュアルを選んだほうが良いでしょう。

服装自由

服装自由と指定された場合は、オフィスカジュアルもスーツも自由に選べるということを意味します。普段着のようなラフな服装ということではないので、注意が必要です。個性をアピールしたい方はオフィスカジュアル、自信がない方はスーツというように、自分に合ったほうを選ぶと良いでしょう。なお、スーツを着用する際のポイントについては、「転職スーツを攻略!面接官ウケするスタイルとは」にまとめているのであわせてチェックしてみてください。

あなたらしい服装

あなたらしい服装は、企業によってニュアンスが異なります。オフィスカジュアルを表していることもあれば、特に限定せず、普段着を含めていることも。ただし、いずれのケースでも清潔感のある服装を心がけましょう。アパレル系の場合は、そのブランドにマッチしており、なおかつ個性も兼ね備えた服装を指すことが多いようです。

 

企業からの服装指定はバリエーションが多く、戸惑うことがあるかもしれません。しかし、それぞれの指定の意味を把握しておけば、的確に自分の個性をアピールすることができるでしょう。また、企業に好印象を与えるためには、服装だけでなく髪型にも気を使うことが大切です。「就活の髪型も選考対象!男女別おすすめのヘアスタイルや印象アップのコツ」では、男女別でおすすめの髪型をご紹介。就職・転職活動では避けるべきスタイリングについてもまとめているので、あわせて参考にしてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

オフィスカジュアルで女性が気をつけるべき点

基本的にスーツで参加することが多い就職・転職活動ですが、企業から「私服で来てください」と指定された場合はオフィスカジュアルで対応することになります。企業はなぜ、一般的なスーツではなく私服を指定するのでしょうか。以下では、企業が私服を指定する具体的な理由を解説しています。企業の意図を理解し、適切な服装で臨みましょう。

TPOを理解しているか

企業から私服指定された場合、その場に合う服装を選べるTPOが備わっているかチェックする意図を含んでいる可能性があります。あまりにもラフでカジュアル過ぎる服装では印象が下がってしまうため、注意しましょう。

社風に合う人物か

就活生が選ぶ私服のセンスから、自社の社風に合っている人物かどうかを判断していることも。スーツだと服装も髪型もほとんど統一されてしまうため、一人ひとりを判別しにくいと感じている企業もあるようです。そのため、スーツよりも個性が出やすい私服を指定し、自社に馴染めるかどうかの判断基準にしているというケースがあります。

リラックスして臨んでほしい

企業によっては、就活生にリラックスして臨んでほしいという理由で私服を指定する場合も。ただし、あまりにも素を出し過ぎてしまうとだらしない印象を与えてしまうので、適度に緊張感を持った状態が理想的です。

冬の就活ではコートの扱い方にも気をつける

冬の時期に就活をする場合は、スーツ・オフィスカジュアルに関わらずコートを着用します。面接時では、コートを脱ぐタイミングやたたみ方なども重要です。冬の就活で気をつけるべきポイントは、「面接時のコートのたたみ方や置き場所を解説!冬の就活ならではの注意点とは」をご覧ください。

オフィスカジュアルに適した女性のアイテム選び

オフィスカジュアルで女性が選ぶべきアイテムと避けるべきアイテムを以下に挙げました。20代から40代まで、年齢に関わらず共通のアイテムのため、ぜひ服装を決める際の参考にしてください。

オフィスカジュアルスタイルにおすすめのアイテム

オフィスカジュアルで女性が選ぶべきアイテムには、以下のようなものがあります。

カットソーやブラウス

胸の空きすぎていないカットソーやブラウスは、上品で清潔感のある雰囲気になります。

ジャケット

フォーマルな雰囲気を出したい場合は、紺色や黒、グレーなど、派手すぎない色のジャケットを着ると良いでしょう。春先であれば、ベージュなどの淡い色もおすすめです。

カーディガン

カーディガンは、肌寒い季節や冷房対策に最適な定番アイテムの1つ。スカートにもパンツスタイルにも合うので安心です。

膝下丈のスカート

スカートは、膝下丈のものを選びましょう。女性らしいプリーツやフレア、大人っぽいタイトなど、自分がなりたい雰囲気に合わせると個性が出ます。

スラックスやチノパン

パンツスタイルの場合は、スラックスやチノパンがベター。すらりとした、知的で洗練された雰囲気になります。

パンプスやローファー

オフィスカジュアルに合わせる靴は、ヒールが高すぎず、シンプルなデザインのローファーやパンプスを選んでおけば間違いはないでしょう。

避けたいアイテム

オフィスカジュアルで女性が避けるべきアイテムには、以下のようなものがあります。

露出度が高すぎるトップス

胸元が開きすぎたカットソーやオフショルダーなど、露出度が高すぎるトップスは控えましょう。

丈が短すぎるスカート

丈が短すぎるスカートは軽薄な印象を与えてしまう可能性があるので、避けるのが無難です。

ジーンズやショートパンツ

「遊びに来ている」と誤解を与え兼ねないため、ジーンズやショートパンツなどのカジュアルすぎるパンツは避けましょう。

サンダルやミュール

夏になるとサンダルやミュールを履いて足元を涼しくしたいと思う方がいるかもしれません。しかし、足が出すぎるような靴は派手な印象になるため、控えたほうが良いでしょう。

オフィスカジュアルスタイルは就職・転職活動中だけでなく、就職後にも役立つ知識です。男性、女性問わず、ぜひ覚えておきましょう。面接時に適切な服装やマナーを覚えきれない場合は、エージェントに相談してアドバイスを受けるのも有効です。
ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが就職活動に関する疑問やお悩みに親身になって対応します。面接対策を行っているため、マナーの習得もスムーズです。もちろん、身だしなみについてもしっかりアドバイスします。就職活動で疑問や不安を感じたときは、ぜひハタラクティブまでご相談ください!

この記事に関連するタグ