イメージアップする証明写真の撮り方とは?

イメージアップする証明写真の撮り方とは?の画像

この記事のまとめ

  • 証明写真は、写真館とスピード写真のどちらで撮影しても良い
  • 写真館ではプロのカメラマンが撮影するため、被写体の魅力を引き出す写真が出来上がる
  • スピード写真を活用する場合は、良い印象を与えられるよう姿勢や表情に注意しながら撮影する
  • スピード写真機のガラス部分を拭いたり、白い布を膝に乗せたりすると、よりキレイに写る
  • 古い証明写真を使うことや証明写真を剥がして再利用するのはマナー違反

いつでもどこでも手軽に撮影できるスピード写真。
試験を受けるときや公的な書類を提出する際に活用している人もいるでしょう。
それでは、就職や転職の場合は、スピード写真を使用しても良いのでしょうか。
こちらのコラムでは、証明写真をキレイに撮影するコツについて紹介します。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

証明写真はスピード写真でもいい?

証明写真は、写真館で撮影しても、スピード写真機で撮影しても良いとされています。

機材や設備の充実しているため、余裕があるなら写真館での撮影がおすすめです。

写真館では、プロのカメラマンが撮影を行うため、被写体の魅力を最大限に引き出す写真ができあがります。
姿勢や顎の引き方など、自分では確認しにくいポイントをアドバイスしてもらえるのがメリット。
顔色が良くなかったり肌荒れがあったりしても、ある程度の範囲であれば修正対応しています。


さらに、写真館で撮影したものは期限付きで焼き増しを行うことが可能。
最近では撮影されたデータを受け取れるプランも展開されています。
求人によってはインターネット上で証明写真を求められるケースもあるので、写真館のサービスを活用しましょう。

姿勢と笑顔で印象アップ!

とはいえ、時間や予算の都合でスピード写真を活用することもあるでしょう。
少しでもイメージアップに繋がるよう、スピード写真を撮るときのポイントを紹介します。


スピード写真を使用するときは、自分の体格に合わせて椅子の高さを調節しましょう。
椅子は奥までしっかりと腰を掛け、猫背にならないよう姿勢を伸ばします。


顎を上げていると偉そうに見えてしまうので、少し引いた状態を心掛けることが大事です。
歯は見えることのないよう、口角を上げるようにして撮影に挑みます。


髪が長い人は一つにまとめ、前髪は目や眉にかからないよう横に流しましょう。
ハネた髪や寝癖のないよう注意し、自然な髪型にまとめます。
証明写真では、清潔感と親しみやすさが大切です。


カメラが入ったガラス部分は、指紋などで汚れている可能性があります。
撮影前に乾いた布で拭いておくと、よりキレイに写るでしょう。
また、膝に白い紙やハンカチを置くと、光を反射して顔の影を和らげる効果があります。
表情が明るく見えるので、より良い印象を与えられるでしょう。


証明写真の出来栄えで合否が決まる訳ではありません。

しかし、顔色や表情が暗く見える人よりも、明るく見えた方が会ってみたいと思われる可能性は上がります。

採用担当者へ好印象を与えられるよう、上記のようなポイントを押さえて証明写真を撮りましょう。

こんな証明写真は駄目

証明写真を使用する際は、ビジネスマナーが問われます。
下記にマナー違反となる証明写真の例を紹介するので、参考にしてみてください。


実物と違う

古い証明写真や修正を加えて別人のように写っているものは使用を避けましょう。
証明写真は撮影してから三ヶ月以内のものを使用し、印象に相違がないようにすることが大切です。


私服での撮影

就職や転職で使用する証明写真はスーツが基本。
証明写真に個性は求められていないため、清潔感のある格好で撮影しましょう。


はがして使いまわす

ヨレやシワのある証明写真はマイナス評価に繋がる可能性があります。
証明写真は過去の書類から使いまわしをせず、その都度新しいものを貼りましょう。
万が一剥がれてしまうことも考え、写真の裏に名前を書くようにしてください。


このように、証明写真1つとってもルールやマナーがあります。
就活に関するマナーを知り、効率的な求職活動をしたいという方は、エージェントの活用がおすすめです。

ハタラクティブでは、履歴書の証明写真に関するお悩みも解決いたします!

履歴書の証明写真の選び方で困っている人はいませんか?ここでは、想定される証明写真に関するお悩みをQ&A方式で解決していきます。

証明写真はどんな服装で撮るのが正解?

証明写真を撮影するときの服装は、スーツが基本です。希望する業界や職種によって多少異なりますが、黒や紺、濃いめのグレーといった、落ち着いたカラーを選択するのが無難。中途採用の場合、スーツに準じたオフィスカジュアルでも良いでしょう。詳しい服装マナーは、「履歴書に貼る写真の服装は?」でもご確認いただけます。

証明写真はスピード写真でも大丈夫ですか?

証明写真はスピード写真でもOKです。もちろん、写真館で撮るのがクオリティの面からも望ましいですが、スピード写真でも「カーテンをしっかり閉める」「椅子の高さを調整する」「膝に白い紙を敷く」などのコツを押さえておけば、好印象を与える証明写真は取れるでしょう。詳しい撮影ポイントは「履歴書に貼る証明写真、スピード写真でも大丈夫!」をご覧ください。

証明写真に使用期限はある?

証明写真は、撮影してから3ヶ月以内のものを使用するのがマナーです。3ヶ月以上経つと、人によって印象が大きく変わることがあります。できるだけ現在のイメージに近い証明写真を使いましょう。そのため、3ヶ月以内であってもイメージが大幅に変わっている場合は撮り直すことをおすすめします。このほか、証明写真の使用期限については「履歴書に貼る写真に期限はあるか?」を参考にしてみてください。

印象アップする証明写真の撮り方を教えて!

証明写真で印象アップを目指すなら、写真スタジオなどでプロに撮影してもらうのがおすすめです。撮影環境が整っているのはもちろん、表情や姿勢など、プロならではの視点からアドバイスがもらえるため、質の良い写真が撮れるでしょう。そのほか、撮影時に気をつけたいポイントは、「服装と髪型のポイント」をご覧ください。

証明写真を貼るときに気をつけることは?

証明写真を貼るときは、裏面に氏名を記入しておきましょう。万が一剥がれた場合に、誰のものか判別するのに役立ちます。また、貼るときは、スティックのりや両面テープを使用するのがおすすめ。液体のりでははみ出したり、シワになったりする原因になることがあるためです。そのほか、履歴書に関するお悩みがある方は、就職・転職サポートのハタラクティブまでご相談ください。


ハタラクティブでは、経験豊富なアドバイザーが就職や転職活動をトータルサポートしています。
応募書類の書き方の指導や本番を意識した模擬面接などに対応。
求職活動における不安や疑問を抱えているときは、ハタラクティブへご相談ください。