新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. キャリアに見合った年収で働きたい…転職活動のポイント

キャリアに見合った年収で働きたい…転職活動のポイント

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職する企業の選び方や転職理由、転職回数などによって、転職後の年収が変わる 
    ・年収を上げるためには、企業選びや自己分析をしっかり行い、在職中に転職活動をする 
    ・年収に希望がある場合は、面接時に年収交渉をしよう

今の会社よりも待遇の良い会社で働きたいと思い、転職を考える人もいるでしょう。しかし、転職をしたからといって必ずしも年収が上がるとは限りません。 
年収が下がる人と上がる人には、どのような違いがあるのでしょうか。 
ここでは、転職で年収を上げる方法についてまとめました。転職を考えている方は、ぜひご一読ください。

◆転職で年収が下がる人・上がる人

年収は、その人のスキルや実績だけを評価して決めている訳ではありません。
転職によって年収が下がる人と上がる人には、どのような違いがあるのでしょうか。

【年収が下がる人の傾向】

・未経験分野に転職する人
・前職を退職後、離職期間が長い人
・転職理由がポジティブではない人
・転職を何度も繰り返している人

【年収が上がる人の傾向】

・前職より給与水準が高い会社に転職した人
・経験やスキルが活かせる業界(業種)に転職した人
・初めて転職をする人
・スキルがある20代後半の人

未経験分野への転職であっても、汎用性のあるスキルを持っていれば年収は変わらない、もしくは上がる場合があります。


◆年収を上げるには?

前項で説明したように、年収が下がる人、上がる人にはそれぞれ傾向があります。それでは、転職によって年収を上げるためには、一体どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

【経験やキャリアを活かす】

今まで培った経験や知識、スキルなどが活かせる企業・職種に転職すれば、即戦力と見なされ収入アップが望めるでしょう。
同じ業界の異職種や、違う業界の同職種などに転職する方法、PCスキルや語学力、営業力、接客力など汎用性の高いスキルを活かして転職する方法などがあります。

【会社を辞めずに転職活動をする】

退職後に転職活動を始めると、貯金を切り崩しながらの生活や、転職先がなかなか決まらないことから焦ってしまい、希望とは違う企業へ入社を決めてしまうこともあります。
また、離職期間が長引いてしまうと、即戦力にならないと評価されたり、応募先企業に悪い印象を与えたりする恐れも。資格取得やスキルアップなど前向きな理由でなければ、退職から入社までの期間を空けないほうが良いでしょう。

【応募先企業が給与決定の際に重視しているポイントを知る】

応募先企業の人事担当者が、応募者の何を重視して給与を決めているか考えてみましょう。年齢や実務経験、スキル、ポテンシャルなど、企業によって重視するポイントは違います。
応募する際に、募集条件や企業のWebサイトなどを確認すると良いでしょう。

【年収交渉をする】

「このくらいの給料が欲しい」「年収は○万円以上がいい」など、給与に関する希望がある場合は、直接年収交渉をする方法もあります。
また、応募者が交渉を持ちかけてくることを前提に、低めの給与を提示している場合も。次項で、年収交渉について詳しく説明します。


◆年収交渉はいつする?

「年収交渉をすると採否に影響するのでは?」「人事担当者の心証を悪くするのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし、年収交渉は働く人の権利です。
遠慮してしまう人もいますが、希望があるなら交渉してみると良いでしょう。
年収交渉を成功させるためには、以下の3つのポイントがあります。

【自己分析をする】

自分の市場価値や需要を客観的に分析してみましょう。企業側は良い人材を、なるべく安く採用したいと考えているもの。
そのため、即戦力となる人材や、自社に貢献してくれそうな人材なら、前職よりも高めの給与でも採用される可能性があります。しかし、異業種からの転職や、経験が浅く育成が必要な人材だと、前職以上の給与を出したいと考える企業は少ないでしょう。
自分の能力やキャリアなど、第三者の目線で分析し、交渉できるかどうかを考えてみることが大切です。

【交渉のタイミング】

転職の採用面接では、年収交渉を前提としている企業が多いため、面接官から「年収はいくらくらいを希望しますか?」と質問されることがあります。もし最終面接まで話が出ない場合は、面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれたときに、いくつか逆質問をした後に切り出すと良いでしょう。
1次面接から給与の話をしたり、逆質問の場でいきなり交渉を始めたりするのは避けたほうが無難。待遇面の希望を主張しすぎると、悪い印象を与えてしまいます。

【希望金額の伝え方】

交渉する際、いきなり「年収は○万円を希望します」と言うのではなく、できるだけ良い印象を与えられるように言葉を選びましょう。
「求人情報を拝見しましたが、給与体系について改めて確認させていただけますでしょうか」など、給与体系全般の質問を行ってから具体的な交渉を行うなど、切り出し方を考えておくことが大切です。
面接官から現在の給与や年収を聞かれる場合もあるため、基本給・残業代・ボーナスなど年収の詳細が答えられるように準備しておきましょう。

いくら年収を上げたくても、嘘をついたり、自分の能力に見合わない年収を希望したり、できないことを言ったりするのは避けるべき。
また、年収に関する質問に対して「いくらでもいいです」と答えてしまうと、意欲がないと思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。

転職の採用面接に不安がある方は、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは、アドバイザーが内定後の条件や入社日の調整を代行。応募先企業へ直接聞きにくいことも、アドバイザーを通じて確認できます。
仕事をしながら転職活動を進めたい方は、ハタラクティブにご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ