新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 長ければ合格?転職の結果と面接時間の関係

長ければ合格?転職の結果と面接時間の関係

公開日:

最終更新日:

長ければ合格?転職の結果と面接時間の関係の画像

【このページのまとめ】

  • ・一般的に面接時間が長いと合格、短いと不合格と言われているが、人員の関係や会社の方針などで差が出るので気にする必要はない
    ・面接にかかる時間よりも、どの時間帯に面接を行うかのほうが重要
    ・朝一番など午前中の方が面接官の判断力が高いため、採用されやすいと言われている
    ・時間を指定できるときは午前中を選んで面接を有利に進めよう

面接に要する時間が短いと不採用フラグ、と言われていますが、本当に面接に要する時間と合否は関係しているのでしょうか。
当コラムでは、就職と時間の関係についてまとめています。
所要時間の目安をはじめ、受付をする時間や面接に最適な時間帯などを紹介しているので、選考を受けるときの参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

面接時間の長さは合否にどう影響している?

一般的に、就職活動における面接では「面接時間が短いと不採用、長いと採用の可能性が高い」と言われています。
これは、企業が応募者に対して興味を持っていると質問の数や回答が長くなるためと考えられていますが、実際はどうなのでしょうか。

就職や転職の面接に要する平均時間は30分~1時間とされています。
しかし、応募者の人数や企業の方針、企業の採用担当者の数などによって変動しやすいのが現状。
特に、採用担当者が少ない企業に多数の応募者がいる場合は、限られた時間の中で面接を行うため短くなる傾向が強くなります。
同じ企業でも時期や人員によって面接時間に変化が出ることもあるため、面接に費やされた時間を気にする必要はないでしょう。

面接の開始時間を指定できるときにおすすめの時間帯

前項で面接時間の長さは必ずしも結果に繋がらないと説明しましたが、面接時間そのものよりも「面接の開始時間」が合否に影響すると言われています。

企業によっては面接の開始時間を指定できることがあるので、その場合は午前中を指定するのがベスト
遅くても午後一の時間帯を選ぶことをおすすめします。

夕方以降の遅い時間は、面接官の集中力が切れて判断力が鈍る可能性があるほか、疲労も感じやすくなる人が多いと言われています。
同じ会社、同じ面接官で、午前中の面接は質疑応答も頻繁なのに対して夕方以降の面接は応募者の話を聞くだけ…ということも。
さらに、夕方以降など遅い時間に面接を行った場合、同日に受けたほかの応募者と比べられてしまうケースも考えられます。

以上のことから、「仕事の都合でその時間しか空いていない」などやむを得ない場合を除いて、面接時間を指定できるときは午前中を選ぶと有利になる可能性があります。

しかし、「面接は午前中が有利」という情報を得たからわざわざ面接日程を変更…というのは避けたほうがベター。
仕事や家庭の事情でどうしても…というのであれば仕方ありませんが、基本的に面接日程を変更することは印象を悪くしかねないので避けましょう。

受付の時間も合否に影響しやすい

書類や面接の内容に気を取られ、ビジネスマナーをおろそかにしていませんか?
たとえ面接の内容が良くても、基本的なマナーができていないと印象が悪くなる恐れもあります。

中でも忘れがちなのが、受付の時間
遅刻はもちろん厳禁ですが、早すぎる受付や会場到着もあまり良い印象とは言えません。
面接会場の用意やほかの仕事など、採用担当者は「面接以外の仕事」も行っているため、早すぎる到着は「相手の都合を考えない人」といった印象を与えてしまう可能性があります。

受付を行うのは10分前が目安
道に迷うことや交通トラブルを想定して早めに到着しても、会社のロビーや入り口で待つのは避けるのがマナーです。

「ビジネスマナーを誰かに確認してもらいたい」「面接で相手の興味をひくにはどうしたらいい?」など、転職に関する相談はエージェントにお任せ下さい!
ハタラクティブは若年層特化型の転職エージェント。
転職のプロであるアドバイザーがしっかりとサポートするので、社会人経験が浅くてビジネスマナーに自信がない…という方でも安心して利用することが可能です。
さらに、カウンセリングを通してあなたの強みやアピールポイントを明確化!
「面接で何を話せばいいか分からない」「どんな仕事が自分に合っているか知りたい」という方はぜひお問い合わせください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ