上手な申し出が円満退職のコツ!いつまでに伝える?適切な時期とタイミング

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 上手な申し出が円満退職のコツ!いつまでに伝える?適切な時期とタイミング

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・退職の申し出は1~3ヶ月前に行うのが理想的
    ・繁忙期やプロジェクト途中など、退職の申し出を避けるべき時期もある
    ・一番最初に退職を申し出る相手は直属の上司
    ・退職を申し出るときは、ネガティブな発言は控えよう
    ・強引な退職の引き止めは法律に違反する場合もある

上手な申し出が円満退職のコツ!いつまでに伝える?適切な時期とタイミングの画像

「お世話になった会社だから、円満に退職したい」と考えている方は、このコラムをお読みください。退職の申し出に最適な時期や押さえるべきポイント、マナーなど、円満退職のためのノウハウをご紹介します。必要な知識を身につけて適切な手順で退職までのステップを踏み、気持ち良く新しい職場へ送り出してもらいましょう。

退職を申し出るのに最適な時期はいつ?

一般的に、退職を伝えるのは退職予定日の1~3か月前といわれています。退職を申し出る前に、会社に伝えるのに最適な時期や、避けたほうが良いタイミングを知っておきましょう。

基本的には1~3ヶ月前に申し出る

後任への引き継ぎや取引先への挨拶など、退職に伴う準備には時間がかかります。可能であれば退職希望日の1~3ヶ月前に退職意志を伝えましょう。
また、就業規則に退職についての規定があれば、それに従うのが基本です。

法律的には2週間前まで

法律的には、退職日の2週間前までに意思表示をすれば良いということになっています。
しかし、引き継ぎなどが間に合わず会社に迷惑をかける恐れがあるため、余裕を持って退職の意志を伝えておくのが無難です。
ただ、「持病が悪化してこれ以上働けない」「家族が要介護になってしまい、自分以外に面倒を見られる人がいない」などの急を要する事情がある場合は、会社にきちんと伝えて早めに退職できるように対応しましょう。

ボーナスを貰ってから辞めるのはアリ?

ボーナスを貰ってから退職を伝えるのは悪いことではありませんが、良い印象を残して会社を去りたいなら避けたほうが良いでしょう。
ボーナスの支給額はその期間までの評価や実績を見て決めている場合が多く、会社としては近いうちに退職する社員には多くのお金をかけたくないと考えている可能性があります。
ボーナスを貰ってからすぐに退職を伝えると、「ボーナスの支給額を減らさないためにわざと退職を伝える時期を遅らせたのでは?」とあらぬ疑いをかけられてしまう恐れも。
ボーナスをできるだけ多く貰いたいという気持ちはわかりますが、退職を伝える際はできるだけ「会社に迷惑をかけない」「早めに伝える」の2点に重点を置きましょう。

避けるべきタイミング

退職を伝える際は、以下のタイミングは避けましょう。

繁忙期

繁忙期は仕事が忙しく、上司もスケジュールと心にゆとりを持ちにくい時期です。そのようなタイミングで退職を伝えようとしても、忙しいからと後回しにされてしまい、対応してもらえない恐れがあります。
きちんと退職の話し合いをしたいなら、スケジュールに余裕のある閑散期にしましょう。

プロジェクト途中

参加しているプロジェクトがある場合、途中の段階で退職を申し出るの避けましょう。
後任者の選定や引き継ぎがうまくできず、同じプロジェクトに参加しているメンバーに迷惑をかけてしまう恐れがあります。
退職する前に、今の会社で引き受けた仕事は責任を持って最後までやり遂げましょう。

 

円満に退職を申し出るための5つのポイント

円満退職を目指す方は、下記のポイントを踏まえて会社に退職意思を伝えましょう。

1.最初に伝える相手は直属の上司

基本的に最初に退職意思を伝えるべき相手は直属の上司です。
仲の良い同僚がいても、退職を考えていることを安易に言いふらすのは避けましょう。社内に噂が広がって退職の意志を伝える前に上司の耳に入ってしまうことも考えられ、思わぬトラブルに発展する恐れがあります。
そのような事態を回避するためにも、まずは直属の上司に伝えることを念頭に置きましょう。

同僚にはいつ伝える?

同僚には、退職日が決まった後に上司と話し合ってから伝えましょう。
「上司には伝えたから大丈夫だろう」と自己判断で話してしまうと、周囲に過度に気を使わせてしまったり、話が他部署まで拡散してしまったりして居心地が悪くなる可能性があります。
退職の交渉を終えた後も、同僚に伝えるタイミングについては上司の指示に従ってください。

2.メールではなく対面で伝える

退職をするという大事なことは、メールではなく対面で伝えましょう。
メールで伝えるだけだと一方的に主張を通している印象を与えてしまい、上司や周囲と気まずくなってしまう恐れがあります。

3.相談という形で呼び出す

上司を呼び出す際は、いきなり「会社を辞めたいです」と断言するのではなく、「ご相談したいことがあります」という形でワンクッション置きましょう。
また、上司の都合を考え、忙しそうにしている時間は避けるのが賢明です。話しかけづらい場合は、いつでも確認しやすいようメールでアポを取っても良いでしょう。

4.ネガティブな発言は避ける

退職理由を聞かれた場合は、会社や上司への不満が原因であったとしても、できるだけ前向きな理由を話します。
待遇や人間関係を理由として伝えた場合、改善するからと引き止められ、そのまま退職しづらくなってしまう可能性があります。
また、これからも今の会社に残る人に不平不満を言うのは、相手への配慮に欠けた行為です。円満退職を希望するなら、会社の愚痴や悪口は言わない方が良いでしょう。

5.転職先を聞かれても詳細は言わないのが無難

上司や同僚に転職先を聞かれても詳細を言うのは控えたほうが無難です。
転職先の会社名を答えてしまうと、「あの会社は◯◯だからやめたほうが良い」というように、引き止めの口実にされる可能性があります。
転職先を聞かれたら、「まだ決まっていません」「◯◯に力を入れている会社です」など、言葉を濁して回答すると良いでしょう。

 

ポジティブな退職理由が作れない…そんな時は?

ポジティブな退職理由は、会社を辞めるときだけではなく、転職活動にも必要になります。
ネガティブな理由ばかりで、どうしてもポジティブな面が見つからないという方は、「どうして不満を感じているのか」「自分が何を理想としているのか」の2点についてじっくり考えてみましょう。
職場に対する不満は、「自分の理想」と「現在の状況」に差があるときに発生します。不満の原因がどこにあるのか分かれば「自分の理想」を明確にすることができ、ポジティブな理由に繋げられるでしょう。

ポジティブ変換の例

以下に退職理由のポジティブ変換の例を挙げているので、参考にしてください。

・仕事内容に不満がある→ほかにやりたい仕事を見つけた
・人間関係に不満がある→自分の力を発揮できる、活躍できる環境で働きたい
・待遇に不満がある→スキルアップ、キャリアアップして活躍できる仕事をしたい

退職理由を伝える際は、上記のようなポジティブかつ今の会社では実現しづらいようなものを選びましょう。引き止めを回避でき、話をスムーズに進められる可能性が高くなります。

 

引き止められることも念頭に置いておこう

退職を申し出るときは、会社からの引き止めにあった場合も想定し、対応の仕方を考えておきましょう。

退職の意思が固いことをきちんと伝えよう

引き止めにあった際は、退職の意志が固いことをきちんと主張しましょう。
退職理由の項で触れたように、職場環境や待遇について言及すると「現在より待遇を良くする」「環境改善に努める」など、さまざまな条件で引き止められる可能性があります。また、「君が居なくなったら仕事が回らなくなる」というように、業務上の理由を出されることも。
しかし、一度退職の意志を伝えた会社に残るのは居心地の良いものではありません。
また、会社がブラック体質の場合、引き止めるときは都合の良いことを言っていても、後から嫌がらせを受ける恐れもあります。
同情したり、好条件に揺らいだりしないよう、上司に退職の申し出をする前に決意を固めておき、退職意思を伝えるイメージトレーニングをしておきましょう。

強い引き止めにあった場合の対処法

「賠償金を請求する」「給与を支払わない」など、強引な引き止めにあった場合も、毅然とした態度で対応しましょう。
退職は法的に認められた労働者の権利の1つなので、妨害するような行為は違法です。賠償金などの話題を持ち出されても真に受けないようにしましょう。
引き止めが繰り返し行われる、手段が明らかにエスカレートしている場合は、証拠を集めて労働基準監督署などの公的機関に相談することをおすすめします。

退職を申し出た後にやるべきこと

退職を申し出た後は、下記の手順を踏みましょう。

退職届を提出する

上司に退職を申し出て、交渉が成立したら退職届を書いて提出しましょう。
会社が退職届のフォーマットを設定している場合は、それに従って作成します。白無地の紙に、縦書きで以下のような文章を書きましょう。

退職届
私議
このたび、一身上の都合により、来たる令和◯年◯月◯日をもって退職いたします。

令和◯年△月◯日(退職届の作成日)
営業課
畑楽太郎(捺印する)

株式会社◯◯
代表取締役社長 ◯◯殿

退職理由は長々と書かず、「一身上の都合により」の一言で問題ありません。

退職願と退職届の違い

退職届は退職確定後に提出する書類ですが、退職願は確定前に「退職させてください」と会社にお願いするための書類です。あくまでお願いなので、承諾前であれば撤回できるのが違い。
フォーマットは退職届とほぼ同じですが、文面が「退職いたしたく、ここにお願い申し上げます」と若干異なります。

業務の引き継ぎをする

退職交渉後は、これまでの業務の引き継ぎを行います。予定外の業務が入ることも想定し、退職日の3日前までを目安にスケジュールを組むと良いでしょう。
取引先がある場合は、後任者とともに挨拶回りをします。
また、業務の内容や手順をまとめたファイルを作成し、保存場所を伝えておくと親切です。

転職先が決まっている場合

転職先が決まっている場合は、転職先に提出する書類の作成などを行い、入社に備えておきましょう。

転職先が決まっていない場合

転職先が決まっていない場合は、転職活動を始めましょう。
「初めての転職で何をすれば良いか分からない」「次は長く続けられる職場で働きたい」という方は、転職のプロに相談してみませんか?

ハタラクティブは、20代を中心とした若年層の転職・就職を応援しているエージェント。
経験豊富なキャリアアドバイザーが転職先探しから面接対策、内定後のフォローまで、マンツーマンで転職をサポートします。カウンセリングの結果に基づき、実際に企業に取材を行った求人のみを紹介するので、自分に合った転職先に出会えるでしょう。
転職でお困りの方は、一度ハタラクティブまでご相談ください。

 

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ