新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 履歴書に修正液は使っても良い?正しい修正の仕方や間違いを防ぐ方法

履歴書に修正液は使っても良い?正しい修正の仕方や間違いを防ぐ方法

公開日:

最終更新日:

履歴書に修正液は使っても良い?正しい修正の仕方や間違いを防ぐ方法の画像

【このページのまとめ】

  • ・就活の履歴書には修正液や消せるボールペンは使用しない
    ・履歴書に修正液が使われていると書類としての信憑性が低くなる
    ・履歴書に記載ミスをしたときは修正液を使わず、最初から書き直す
    ・間違いを防ぐためには、「鉛筆で下書きする」「パソコンで作成する」など対策が必要

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

手書きで履歴書を作成する場合、やむを得ずミスをしてしまうこともあると思います。そんなとき、修正液を使っても大丈夫か、選考に影響が出るかなど悩む方も方も多いのではないでしょうか。このコラムでは、ミスをしてしまったときの対処法やミスしにくい作成方法について解説します。これから就職活動・転職活動をする方は必見です!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

就活の履歴書に修正液を使うのはOK?

手書きで履歴書を作成しているとき、うっかり書き間違いをしてしまうこともあるでしょう。「せっかく途中まで書いたのにもったいない」と考える方もいると思いますが、そんなとき修正液を使って修正しても良いのかどうか紹介します。
 

就活の履歴書に修正液は使用しないのが一般的

結論としては、修正液・修正テープは使用しないのが一般的です。理由は以下のとおり、いくつかあります。
 
書類としての信憑性が落ちる
履歴書は企業に提出する正式な書類です。そんな重要な書類に修正液を使うと、あなたが修正したものかどうか分からなくなってしまいます。つまり、書類としての信憑性が落ちてしまうということです。
 
雑な印象を与えてしまう
修正液で直した履歴書は、採用担当者によっては「雑」「丁寧さに欠ける」と思われてしまうことも。きれいに直したと思っても、修正液の跡は裏から見るとはっきり分かります。「丁寧な人」という印象を持ってもらうためにも、修正液は使わないようにしましょう。
 
志望度が低いと思われる
採用担当者は「志望度が高いなら履歴書も丁寧に作成するのではないか」と考えています。修正液で直すと「間違えても修正すればいい」と軽く考えていて、入社意欲が低いと判断されかねません。

もちろん厳密には企業によって修正液の可否の判断は違います。経験・スキルが求めるレベルに達していて「ぜひ面接に来てほしい」と考えるような応募者の履歴書にほんの少し修正液が使われたとしても、それだけで不採用になることはないでしょう。

ですが、経験やスキルのレベルが同じくらいであれば、「丁寧な人の方が良い」と思われる可能性もあります。修正液はなるべく使わずに、整ったの状態の履歴書を提出できるようにしてください。
 

訂正印での修正はOK?

「二重線をひいて訂正印を押す」やり方は公的文書では可とされていることが多いですが、履歴書では基本は避けた方が無難です。
すぐに直して提出したい場合のみ訂正印で修正をしますが、正しく修正することが大切。修正方法については対処法の見出しで解説しているので、急いでいる方はそちらを参考にしてみてください。
 

消せるボールペンも不可

最近流通している「消せるボールペン」も使わないようにしましょう。理由は、消せるボールペンのインクは摩擦によって消えてしまうためです。特に郵送する場合は、面接官に届くまでの間に文字が消えてしまう可能性があるので注意が必要です。

履歴書の記載ミスをしてしまったときの対処法

それでは、履歴書の記載ミスをしてしまったときはどのように対処すればいいのかご紹介します。
 

初めから書き直す

少しでもミスをしてしまったときは基本的には、はじめから書き直すのが理想。同じ内容をもう一度すべて書き直すことになり、新しい用紙も用意しなければならないので、手間はかかるものの、確実な方法です。
 

時間がないときは二重線と訂正印で対処する

「履歴書を間違ってしまったけれど、どうしても書き直す時間がない」という場合は、定規を使って間違えた箇所に二重線を引き、訂正印を押しましょう。そして、間違えた箇所の上下いずれかに正しい文章を書きます。こうすることで、間違えた箇所と修正者が明確になります。とはいえ、見栄えが良くないため、訂正印を使う場合は1箇所にとどめましょう。あくまで二重線と訂正印は、最終手段だと考えて取り組むことが大事です。
 

送付後間違いに気づいたときは企業に連絡

すでに郵送したあとにミスに気づいたときは、応募先の企業にメールや電話で連絡しましょう。書き直しを指示されることもあれば、そのままで良いと言われることもあります。担当者の指示に従いましょう。「気が付かなかったことにしよう」とそのままにすると、記入ミス一つであなたの評価を下げてしまう可能性があるので、正直に話すようにしてください。

間違いやすいのはどんなとき?

では、どんなときに履歴書の記載ミスをしやすくなるのでしょうか。下記のような場合はミスをしやすくなることがあるので、書くときに少し意識してみると良いでしょう。
 

集中していないとき

ほかのことを考えながら書いていると、誤字脱字が増えてしまいます。履歴書を書くことに集中することで確実に間違いを減らせるはずです。何かと同時進行することは避け、履歴書のみに集中できる環境を整えてから書きはじめるようにしましょう。
 

急いで書いているとき

当たり前ですが、時間がないなか慌てて書くとミスが増えます。年号や資格の名称を間違えるのはよくあることです。普段パソコンやスマホを使っていて、自分で文字を書く機会が少ない方は漢字の書き間違いにも注意しましょう。また、履歴書の送付期限や面接の直前に急いで書くと間違えても「書き直す時間がない」ということにもなりかねないので、余裕を持って準備する必要があります。
 

内容を考えながら書いているとき

書くことを決めずに進めていくと、内容に気をとられてミスをしやすくなります。また、「やっぱりもう少し違う言い方をした方がよかった」というときにもやり直しがききません。事前に書く内容をすべて決めた状態で履歴書を書くようにしましょう。

履歴書の間違いを防ぐ4つの対策方法 

どんなときに間違えやすいか分かったところで、履歴書の間違いを防ぐために効果的な方法を紹介します。
 

1.何を書くか事前に決めておく

「間違えやすいのはどんなとき?」でも触れたように、内容を考えながら書いていると間違えやすくなります。書くことだけに集中できるように、書く内容は事前に決めておきましょう。おすすめはWordで下書きしておくこと。Wordなら書き直しも簡単なので、書く内容を考えるときにとても便利です。
 

2.鉛筆で下書きをする

履歴書にいきなりボールペンで書き始めるよりも、シャープペンシルや鉛筆で下書きをしておくと良いです。下書きをすることで誤字脱字だけではなく、文字の間隔にも気を配ることができます。ボールペンで清書したあとは、鉛筆の消し忘れにも注意しましょう。
 

3.最初からパソコンで作成する

何度もミスが続くようであれば、最初からパソコンで作成するのも手。手書きの方が心がこもっているようなイメージがありますが、何度も書き直して字が雑になったり、履歴書作成に時間がかかりすぎてほかの作業に時間を割けなくなったりしてはなら、意味がありません。特に応募先の企業で指定がないようであれば、パソコンで作成するのも一つの方法です。
 

4.飲み物は近くに置かない!作業環境を整える

履歴書を書くときにコーヒーやお茶など、飲み物を近くに置くのはやめましょう。油分の多いお菓子も履歴書にしみができてしまうことがあるので、作業中は避けたほうが無難です。せっかく誤字脱字なく、履歴書を作成できたとしても汚したら台無しになってしまいます。作業環境に気を配ることも大切です。

少し手間はかかりますが、上記の方法をとればミスはかなりの確率で防げるはずです。ぜひ参考にしてみてください。
履歴書をはじめ、就職・転職においての応募書類の書き方に困ったら、転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか。

就職支援を行っているハタラクティブには、履歴書の書き方や応募書類の添削などを行ってくれるアドバイザーが多数在籍しており、マンツーマンでサポートしてくれます。就活・転職の際はぜひハタラクティブへご相談ください。

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ