今の仕事を円満退職する方法とは?よくある退職理由をご紹介

今の仕事を円満退職する方法とは?よくある退職理由をご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・仕事を辞めたい理由が人間関係の場合は、今の会社を退職した方が良い可能性がある
    ・寿退社や休職する選択肢がある場合は、退職するのを今一度考える必要がある
    ・会社を円満に退職するためには、就業規則を今一度しっかりと確認し、ルールに沿って行動すること
    ・上司を納得させられる確固たる退職理由を準備しておくこと
    ・退職時に不服に感じることがあり、自分だけでは解決できない場合は、人事や労働基準監督に相談すること

職場の人間関係が上手くいかず、仕事にもやりがいを感じなくなった場合、今の会社を辞めることを考えるかもしれません。
このコラムでは、今の職場を円満に辞められる方法や退職前にやっておくべきことなどを紹介しています。
 

◆仕事を辞めたい理由 

仕事を辞めたい理由は、人それぞれ異なると思います。上司からのパワハラやセクハラ、仕事内容の不服など仕事を辞める理由として考えられるきっかけははさまざまです。 
 

【今すぐ辞めた方が良いケース】 

色々考えても仕方がなく、きっぱりと辞めて次に進んだ方が良い場合があります。 

・職場の人間関係が煮詰まっている場合 
・精神的な病気にあと一歩でかかりそうな場合 
・今の職場では働く意欲が起きない場合 

職場の人間関係の問題は、大幅な人事異動がない限り改善されません。ましてや、1人の発言だけで大幅な人事異動をされる可能性は低いため、人間関係でどうしようもなく悩んでいる場合は、今の職場をきっぱりと辞め、次の新たな職場に希望を持ちましょう。 
また、過度な残業が続いたり、上司との関係が上手くいかなかったりと労働環境のストレスが、精神的な病気に繋がる場合もあります。誰にも相談せずに、1人で抱え込んで悩んでしまう人は、精神障害の症状が悪化してしまうことがあるので、何か身体に異変を感じた際には、すぐに病院へ受診するか仕事を退職し、転職する道を考えましょう。 
 

【今一度考え直したほうが良いケース】 

今一度退職理由を見直し、一旦立ち止まって考えた方が良い場合もあります。 

・人間関係以外の仕事内容でストレスフルな場合 
・結婚が人生のゴールと考え寿退社を考えている場合 
・とにかく疲れて一旦休みたい場合 

仕事内容が自分の許容範囲を超えていて、どうにもならない場合は、同僚や上司に助けを求めましょう。自分だけで解決しようとは思わず、他人に話すことで解決する場合もあります。 
また、結婚を理由に退職を考えている方も今一度考え直してみてください。家庭の事情はそれぞれあると思いますが、もし結婚して楽になりたいと考え、現状の家庭の金銭面を配慮してない場合は危険です。夫婦のどちらかの収入のみで生活していけるのであれば、問題はないですが、共働きでないと家計が回らない場合は、寿退社を諦めた方が良いでしょう。 
そして、「とにかく疲れて一旦心身ともに休みたい」と考えている方は、仕事を辞める選択ではなく、「仕事を休む選択」をしましょう。有給を使って心身を休ませ、落ち着いたら仕事に復活すれば良いです。もしそれでも、疲れが取れず仕事への復帰を考えられない場合は、何かの病にかかっている可能性もあるので、一度病院を受診することも一つの手段です。 

会社を辞めるときには、必ず上司にきちんと辞める気持ちを伝えなければいけないので、とても勇気がいることだと思います。まずは、自分の身近な存在である家族や職場の同僚に相談し、考えをまとめてから職場の上司に退職の意向を伝えましょう。 

 

◆円満な退職を目指すためには 

退職する際には、今までお世話になった職場の上司や同僚に退職の意志を伝えなければなりません。そこで、変なトラブルを起こさないためにも、事前に回避する行動や策を考えておくことが大切です。 

・退職に関する就業規則を事前にチェックする 
・ルールに基づいた行動をする 
・退職理由を伝える際は本音と建前を使い分ける 
・引き止めにあいにくくするために退職の意志を固めておく  

法律上、「退職の意思表示は2週間前までに行っておくこと」と規定されています。しかし、1ヶ月前や2ヶ月前など会社によっては、異なっているので、今一度就業規則をしっかりと読み、退職時期を確認しておきましょう。 
また、退職理由は引き止めにあわないためにも、退職の意志や理由をきちんと相手にも納得してもらうようにしましょう。あやふやな理由だと会社に納得されず、円満な退職ができない可能性もあります。 

 

◆パターン別のトラブル対応策 

退職する場合、円満に退職できればいいのですが、万が一の場合も考えて、色々なトラブルに対する対応策を事前に考えておく必要があります。 
 

【引き止めにあった場合】 

会社側が引き止める理由として考えられるのは、1人の退職によって会社にとって大きなダメージが出てしまう可能性があるからです。引き止めにあった場合の対処法はなんといっても「上司を納得させられる理由を述べること」です。組織にかかる負担を、極力少なくすることも引き止め防止のポイントとなるため、確固たる退職理由を考えるほか、しっかりと引継ぎする旨を伝えましょう。 
 

【会社側の都合で退職日を勝手に決定された場合】 

自分から退職を申し出て、退職日を指定したにも関わらず、会社側が一方的に退職日の指定をした場合、異議申し立てをすれば、「会社都合の退職」に切り替えることができます。会社都合の退職になった場合に次のようなメリットが考えられます。 

・自己都合退職に比べて、失業給付金の支給が優遇される 
・会社から「解雇予告手当」が支給される 

自己都合退職に比べて、失業給付金を早くもらえたり、多く貰えたりするので、もし転職先が決まってない場合はひとまず金銭的な余裕ができそうです。 
 

【退職前の有給消化を認めてくれない場合】 

有給は時効がありますが、本人の自由に消化することが基本となっています。そのため、退職が決まったあとでも、有給を消化することは可能です。しかし、会社の繁忙期や人手不足などの理由で会社側が、認めない場合次のような対処法を取りましょう。 

・ますは、自分の有給の残日数を把握する 
・有給消化の意志を会社側になるべく早く伝え、退職までのスケジュールをしっかりと立てる 
・自分の受け持った業務の引き継ぎは、他の人が困らないようにしっかりと行っておくこと 

以上のような手順を踏み、上司に有給消化を納得させるのがポイントです。それでも、納得されず、有給消化を認めてもらえない場合は、直属の上司よりもさらに上の上司や人事・総務などの部署、労働基準監督に相談するのも一つの手です。また、退職時の未消化分の有給は、企業によっては例外として「買い取り」も可能なので、それも視野にいれた交渉をしてみましょう。 

今の仕事よりも、もっと自分に合う仕事を見つけたいならハタラクティブに是非ご相談ください。丁寧なカウンセリングや適性診断を行い、あなたに合ったお仕事を紹介しています。履歴書の作成方法や面接アドバイスなどもしていますので、一度お問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION