辞めたい理由はなに?会社を円満退職するコツ

辞めたい理由はなに?会社を円満退職するコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・待遇に不満があったり、人間関係に悩んだりして会社を辞めたいと考える人が多い 
    ・退職理由は、必ずしも本音を言えば良いわけではない 
    ・退職相談時に良い印象を与えることで、円満退職に繋がる

会社を辞めたい理由は人それぞれ。しかし、いざ会社を辞めようと思っても、上司にどのように伝えたら良いのか、正直に理由を言うべきなのか悩む人も多いのではないでしょうか。 
ここでは、退職理由の伝え方や伝えるタイミング、円満退職のコツなどをまとめました。

◆会社を辞めたい理由

仕事をしていると、誰でも一度は「会社を辞めたい!」と思う場面があるでしょう。
しかし、「今本当に辞めていいのか」「辞めた後仕事はどうするのか」など、迷いや悩みが出てしまうものです。
会社を辞めたいと思うきっかけは人それぞれ。それでは、実際にはどのような理由があるのでしょうか。

・給与
・人間関係
・仕事内容
・労働環境
・勤務時間
・休日日数
・福利厚生
・評価制度
・社風

会社を辞めたい理由を大きく分けると、給与や勤務時間などの待遇面と、人間関係の悩みに分けられます。
中には、待遇面が原因で体を壊したり、生活に不安を感じたりして退職を考える人も。また、同僚や先輩、後輩と上手くコミュニケーションが図れないことが、仕事の進行や自分のモチベーションに影響してしまい、辞めたいと思う人がいるようです。

しかし、人と全く関わらない仕事は少ないため、人間関係を理由に退職しても、転職後も同じ問題に直面してしまう恐れがあります。
転職先で今抱いている不満が解消されても、別の不満が出てきてしまう可能性も考えられるでしょう。

会社を辞めたいと思うシチュエーションはさまざまありますが、全く不満のない仕事を見つけるのは難しいもの。辞めたい理由によっては、現在の会社で昇進や異動をすることで解決できるものもあるかもしれません。

会社を辞めたいと思ったときは、今の会社で解決する方法はないか、転職することで解決できる理由なのかをしっかり見極めましょう。

◆退職理由は本音で伝える?

実際に退職しようと思ったとき、会社側にはどのように伝えるべきなのでしょうか。
前向きな理由であれば、正直に伝えても構いません。

しかし、給与や待遇といった会社に対する批判や愚痴、人間関係の問題、今の仕事内容に対する不満などをそのまま伝えるのは避けたほうが良いでしょう。

悪い印象を与えてしまうだけではなく、「給料を上げるから残ってほしい」「部署を変えるから残ってほしい」など、無理な引き止めに遭い、なかなか辞められなくなってしまうケースもあります。

最後に不平不満をぶつけたいと思っても、円満に退職したいのであれば本音と建前を使い分けることが大切。
退職理由は「今の会社では実現できない理由」かつ「ポジティブな理由」にすることで、説得力が強くなり、スムーズに退職できるでしょう。


◆退職相談で好印象を与えるコツ

悪い印象を与えずに退職の意思を伝えるためには、どのような点に気をつければ良いのでしょうか。
上司に相談するときは、退職理由だけではなく、伝え方やタイミングにも注意しましょう。

【ポジティブで個人的な退職理由にする】

退職理由は、「スキルアップのため」や「留学のため」、「資格取得に向けて勉強したい」など、ポジティブな理由だと良いでしょう。
また、「結婚が決まり転居するため」「家業を継ぐ」「健康状態が悪化してしまった」「親の介護をするため」など、やむを得ない事情がある場合は正直に伝えるのがベターです。

【一番最初に直属の上司へ伝える】

退職相談をする際、必ず最初に直属の上司に伝えましょう。自分で話す前に他の人から上司に話が伝わってしまうと、悪い印象を与えてしまいます。
特に、上司に伝える前に、同僚や後輩に安易に話してしまわないように注意すること。違う部署の上司や上役など、直属ではない上司に伝えるのも避けたほうが良いでしょう。

【相談するタイミングを考慮する】

遅くても退職希望日の1ヶ月前までには、退職の意思を伝えましょう。労働基準法では、退職の意思を示してから2週間後に退職可能と定められていますが、引き継ぎや後任探しなどの期間が必要なため、2~3ヶ月前に伝えるのが一般的です。
退職交渉に時間がかかってしまう可能性もあるため、できるだけ早めに伝えましょう。
ただし、会社の繁忙期はできるだけ避けること。相談するタイミングも、忙しい時間帯や朝一番ではなく、休憩中や夕方以降の就業時間終了後などが良いでしょう。

退職理由の伝え方や退職願の書き方など、転職にまつわる相談はハタラクティブへお問合せください。
ハタラクティブでは、カウンセリングや求人の提案、面接対策だけではなく、退職時のサポートや入社後のフォローも実施。アドバイザーがきめ細やかに対応しているため、初めて転職する方もスムーズに転職活動を進められるでしょう。
転職に関するお悩みは、お気軽にハタラクティブへご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION