職場のストレスをなんとかしたい…対処法をご紹介!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 職場のストレスをなんとかしたい…対処法をご紹介!

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・職場の苦手な人との関係を無理して改善するのではなく、あえて距離を置いてみる
    ・苦手な人が話す内容だけに注目し、言い方は気にしないよう心がける
    ・ストレスに効く食事の摂取や栄養バランスなどに配慮するなど、普段の生活を見直してみる

職場では、上司や同僚などのほか、取引先の相手などさまざまな人との関わりが欠かせません。円滑なコミュニケーションがとれ関係性が上手くいっていればよいのですが、時には意見が合わないことも…。言いたいことをはっきり言えずストレスを溜め込んでいませんか。当コラムではストレスの解消や改善に役立つ情報を紹介しています。職場の人間関係が心配な方はぜひご覧ください。

◆職場に苦手な人がいる場合の対処法

退職理由の上位になることが多い人間関係に関する悩み。
下記にいくつか対処法をご紹介しています。
職場に苦手な人がいる方は、試してみる価値があるかもしれませんのでご一読ください。

【距離を置く】

職場に苦手な人がいた場合、関係性を克服するため極力会話を増やそうとする方もいるのですが返って逆効果に及ぶことも…。ますます噛み合わずより深刻な状態になる恐れがあるので注意が必要です。
無理して接触を続けているとストレスが増大する可能性があり、心身に異常をきたすことも…。あえて距離を置き、なるべく接触しないよう試してみるのも1つの手です。
しかしながら、周囲の人や仕事の流れに支障がないようにあいさつや伝達事項などはきっちりと行いましょう。

【解釈を変える】

相手を苦手だと感じるには必ずなにか理由があるはずです。それが何なのかをはっきりさせておくことも重要なこと。
相手の気になる点を自分目線ではなく、第三者目線で考えてみると、なにかしらポジティブポイントが見つかるかもしれません。

例えば、チェックが細かくイヤミともとれる発言が多い上司であれば、「厳密な精査ができる仕事に落ち度がない人」と捉えることで、お蔭でミスの防止や会社の信頼に繋がっていると考えることもできます。
仕事に関係のない私語が多い同僚に「コミュニケーション力が抜群である」と思えば、職場がギスギスしたムードの時には場を和ましてくれるかも…と期待をもてる存在になるかもしれません。

【目的に集中する】

人から何らかの話を聞く際、同じ内容を伝えられるにしても言葉遣いや声の大きさ、話すスピードなどにより受け取り手の感じ方には差が出がちです。
怒ったり馬鹿にしたりするような言い方をされて「どうしてこの人は威圧感のある言い方をするのだろう」と気を害したことがありませんか。
そういったケースでは、相手の言い方を変えてもらうのを期待するよりも、自分の受け取り方を変えたほうが得策かもしれません。
「その話し方こそが個々のアイデンティティ」「個性にあふれてはいるがその人にとっては通常モード」と認識することで、だんだん気にならなくなることも…。
話し方よりも、言われる内容だけに意識を集中させるよう心がけるとよいでしょう。

しかし、度を超えた乱暴な話し方や、怒りをものにぶつけたりする行為は、モラハラやパワハラに相当するため、迅速に上司や人事部などへ報告することをおすすめします。
 

◆ストレスに強いメンタルをつくる

前項では、自身の考え方や受け取り方を少し変えてみることで、ストレスの蓄積を和らげる効果が期待できることをご紹介してきました。
では、どのような心構えでいると自分にとってベターな解釈が臨機応変にできるのでしょう。
下記にいくつか推奨例を挙げていますので、参考にしてください。

・完璧主義をやめる
・受け流す
・負の感情が湧いてきたら違うことに集中する

「こうでなければならない」「これが普通」という概念を捨て、1つの目的に至るには多彩なやり方があることを受け入れることで心にゆとりができるかもしれません。
そうすることで、相手のミスや不適切な言動に対して、逐次、敏感に反応する必要もなくなってくるでしょう。

また、イライラしてきたかもしれないと感じたら、水を飲んだりガムを噛んだりするのもオススメ。
感情を乱された対象物(人)から一旦目をそらし、一呼吸おいてからまた取り組んでみると冷静な判断に至るかもしれません。


◆お手軽!ストレス解消法

ストレスを貯め込む前に事前に防ぐ方法は多数存在しています。
この章では、ストレスを回避するために有効な行動の中でも、特に簡単にできる方法をご紹介しますのでお試しください。

【気分転換にトイレに立つ】

ストレスの原因を産んだ場所から一旦離れて視野を変えるのも気分転換には大きな効果があると言われています。
トイレに行ってすっきりしたあと、自分の表情を鏡で確認するのもよいでしょう。
自分では気づかないうちに、眉間にしわがよっていたり口角がさがっていたりしていることも…。
身だしなみなどもチェックして気分を一掃し、新たな気分でお仕事に着手してみましょう。

【ストレスに効く食事をとる】

ストレスに効果があるとされているのは、「ビタミンÇ・ビタミンE」「トリプトファン(アミノ酸)」「ビタミンB群」など。
ビタミン類はフルーツや野菜類から摂取できますが、トリプトファンが多く含まれるのは、主に乳製品や大豆製品。
魚なら、まぐろやカツオに含まれているので、積極的に食事に取り入れるようお試しください。

いずれにしろ、普段からバランスの良い食事を心がけることが大切です。

もっと簡単に摂取したいという方には、サプリメントもオススメ。
コンビニやドラッグストア等で、ストレス対策を目的とした商品を多く目にすることもあるでしょう。
チョコレートやグミタイプがあるなど、お菓子感覚で気軽に摂取できるものも増えているようです。

【ストレッチする】

背中を伸ばしたり腰を回すなどして軽く体を動かすと、緊張していた筋肉がほぐれ気分も爽やかになるでしょう。
自席でも気軽に取り組めるおすすめの方法です。
さらに、外に出て深呼吸ができると一層効果的。
特にデスクワークが多い方などは、仕事の合間に少しでも外の空気を吸う機会を作るとよいでしょう。
仕事の効率やモチベーションアップに繋がるかもしれません。


以上、ストレスを溜めないために自力で行える「考え方」「行動」「食事」などについてご紹介してきましたが、いかがでしょうか。
もし、もういろいろ試したけれどストレスが溜まる現状が変わらないという方は、思い切って転職するという方法もあります。

好条件の職場でも、ストレスのために心身の健康を害しては本末転倒というもの。あなたが、自分らしくイキイキと活躍できる職場を探してみるのもよいかもしれません。
ハタラクティブは、無職の方はもちろん在職しながら転職先を探す方の支援も行っています。
プロの転職・就活アドバイザーが、豊富な求人先からあなたの希望に適合する職場をご案内。
スタッフが実際に現地取材した求人のみをご紹介しているため、職場の雰囲気や在職者の声などもお伝えできます。
退職する際の注意点や希望の職場で好感をもたれる履歴書の書き方など、きめ細やかなアドバイスを実施しているので、ぜひご利用ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ