転職のタイミングを見極めるポイントとは?

転職のタイミングを見極めるポイントとは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・思いつきで転職せず、タイミングを見計らうことが成功のコツ
    ・転職後1年以内は育児休暇が取得できないため、早めの転職がおすすめ
    ・住宅ローンを組むには一定の勤務期間が必要なため、早急な転職は避けた方が良い
    ・転職活動をする前に、ビジネスマナーの自己確認をすることが大切

そろそろ転職をしたい…と思いながらも、なかなかタイミングが掴めないでいる方は、性別や年令を問わず割と多いようです。
そこで、このコラムを通し、転職に適した時期や状況、避けたほうがよい場合などを詳しく見ていきましょう。ひとまずの判断や、一縷の望みになれば幸いです。

◆転職のタイミング

転職を考えるきっかけは人それぞれですが、一般的に次のようなものがよく聞かれます。

・キャリアアップしたい
・結婚や出産、介護などに伴う事情
・現在よりも高い給与を得たい
・新しいいことにチャレンジしたい

このように、割と前向きなきっかけや理由が多いようです。
また、今よりも充実した日々や、満足できる日常を手に入れようという積極的な姿勢もうかがえます。
総じて、気持ちとしてはすぐにでも転職したいところでしょう。しかし、なかなか動き出せないのが現状のようです。
今の会社への愛着、環境が変わることへの不安、言い出す機会がつかめない…など理由はさまざま。なかでも、タイミングについては大きな悩みどころでしょう。
そこで、転職へ向けて動き出すのに適した時期をケース別に考察していきます。

【キャリアアップを目指す転職】

キャリアアップを目指す場合は、現在の会社において「仕事をやりきった」「今のままでは頭打だ」と感じたときが、転職のタイミングでしょう。
自分の能力に自信があるだけではなく、周囲からも認められているならば、新天地でも活躍できると期待できます。
見方を変えると、経験やスキル、周囲の評価などが伴わない場合は、転職のタイミングとして適していないかもしれません。キャリアアップにつながる基礎基本を蓄えたほうが賢明でしょう。

【ライフイベントに合わせた転職】

一般的な見解として注意が必要なケースは、次の2つがあげられます。
まず、女性の場合は出産の時期。男性女性ともに共通するのは不動産を購入する時期です。
これらについて詳しく見ていきましょう。

妊娠~出産~育児という流れの中で、気をつけたいのが育児休暇の取得についてです。
産前産後に取得する産休には、出産予定日の6週間前(双子以上の場合は14週間前)と出産の翌日から8週間が含まれます。
この後に育児休暇を取得するのが通常ですが、転職後1年以内は育休を取得できない、という法規があることはあまり知られていないようです。出産はしたものの、育児はどうしよう…退職しなくては…ということになりかねません。
そこで、転職と妊娠、どちらも考えているのであれば、早いうちに転職するほうが賢明です。育児への理解や支援が整っている会社へ転職し、1年以降に出産できれば安心でしょう。

また、不動産購入のために金融機関でローンを組む際、勤務実績が少ないと審査に通りません。購入を優先的に考えるならば、現在の職に就いたままローンを組み、購入後に転職する方が良いでしょう。

【給与アップを狙う転職】

前職において特筆すべき実績があったり、重要なポジションに就いていたり…という人材でない限り、転職後に給与が上がるケースはさほど多くありません。ひとまず現在の職を続けながら資格を取得したり、業務で実績を上げたりする方が自信をもって転職活動できそうです。


◆転職で失敗するケース

希望と意欲をもって転職活動を始めたものの、なかなかうまくいかない…というケースが時折見られます。失敗の原因として考えられることを下記しますので、今後の参考にされてください。

・以前勤務していた会社の悪口を言う
・自分の経験値やスキルが高いことを過度にアピールする
・給与や休暇についてばかり質問をする
・転職歴が多い(すぐ辞める人と思われがち)
・身だしなみや態度、言葉遣いが整っていない

企業側にとって、中途社員を採用するメリットは、ビジネスに関する基礎基本をレクチャーしないで済むということでしょう。ビジネスマナーや人間性も含めて、再度、自分自身を振り返ってみることが大切です。


◆仕事がつらいと感じるときは?

色々なケースについて考察しましたが、「タイミングを図らない」という決断が必要なときもあります。それは、心身を喪失させるパワハラや険悪な人間関係、長時間労働が常態化している場合です。
自分の心と体を最優先に考え、即転職するのもひとつの方法と言えるでしょう。

満足できる転職を目指す場合、企業の情報を得ることが大変重要です。
ハタラクティブでは、実際に企業訪問を行った後に求人案内をしています。そのため、社内の雰囲気やスタッフの年齢層などを詳しくお伝えすることが可能です。
また、経験豊かな就活アドバイザーが専任の担当となり、転職希望者をしっかとフォローアップ。ささいなことでも細やかに対応しています。
後悔しない転職のための一歩を、ハタラクティブへ踏み出されてみませんか?お気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION