新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職したい気持ちが第一歩!ニートを脱する方法とは?

就職したい気持ちが第一歩!ニートを脱する方法とは?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートとは、家事や通学、就業や職業訓練をしていない15~34歳の若者
    ・ニートのまま年を重ねると、親の高齢化や選べる仕事の少なさが問題となる
    ・簡単なアルバイト、短期のアルバイトから仕事を始めてみよう
    ・公的な就職支援機関や、民間のエージェントを利用してみよう

ニートからの脱出を目指すなら、1日も早く行動を起こすのが近道です。最初は簡単な仕事からで良いので、外の世界に一歩踏み出してみませんか?

◆ニートとは

ニート(NEET)とは、「Not in Education, Employment or Training」の略語で、家事や通学、就業や職業訓練をしていない人を指しています。厚生労働省ではニートの年齢を15~34歳と定義しており、日本では無職の若者というイメージが定着しているようです。
ニートになる人は、学校教育段階でいじめなどを原因に不登校になるなどの挫折を体験している人が多く、対人コミュニケーションが苦手という特徴があります。
また、「お金を稼ぎたい」「自分を変えたい」という意欲が希薄なのもニートの特徴。アルバイトを含めて就業経験があるという人は多いですが、長く続けることができない、もしくは仕事への躓きを原因としてニートになるケースがあるようです。

◆深刻化する高齢ニート問題

国の定義ではニートは15~34歳とされていますが、実際には40歳、50歳とそれ以上の年齢になっても定職に就かず、ニート状態を継続する人は少なくありません。そういった人たちは「高齢ニート」と呼ばれ、年齢が若いニートの人たちよりも就職が難しく、将来への不安が大きくなってしまいます。
若年であれば就業経験がなくても、「これからの成長に期待できるから」「柔軟性があるから」といった理由で採用に至るケースが多々ありますが、高齢になると求人数は減り、世間の目も厳しくなるためなかなか定職を見つけられません。

また、ほとんどの場合ニートは親に頼って生活していますが、本人が高齢になる頃には、親も歳を重ねて退職しているか、病気や加齢で思うように働けなくなっている可能性が高くなります。さらに親が亡くなれば経済的な後ろ盾がなくなり、生活を続けることも難しくなるでしょう。
その段階になっていよいよ働こうと決意しても、年齢を重ねると良い条件の求人はなくなり、正社員への就職は難しくなるのが現実です。

そのような事態を避けるためには、何よりも年齢が若いうちに行動を起こすことが大切です。ニートの生活は対人関係のプレッシャーが少なく精神的に楽に思うかもしれませんが、長期的に考えると不安要素はあまりに大きなもの。
また、ニートのデメリットは経済面だけではなく、人生の充実度にも及ぶことを忘れないでください。外に出ないニートは人と接する機会がないので友人や恋人ができず、人間関係を持つことが難しくなります。今はそれで良いと考えていても、年をとって孤独感が強くなり、自分の人生を振り返った時に空しく感じる時が訪れるかもしれません。
仕事はお金を得る手立てであるだけでなく、社会とつながったり、自己成長したりする手段でもあります。これからの人生を充実させるためには、ニート期間がこれ以上長引かないうちに外の世界に踏み出すことが必要でしょう。

◆ニートがチャレンジしやすい仕事

外の世界に踏み出すといっても、「いきなり正社員になるのはハードルが高い」「また挫折してしまったらどうしよう」という不安は尽きません。ニートの人が仕事を始めるコツは、最初から難易度の高い職に就かないこと。途中で挫折しないように、自分に合った仕事、苦手意識が少なく取り組める仕事を見つけましょう。
また、いきなりフルタイムで働く自信がないなら、短時間のシフトや週に数日から働けるアルバイト、1日だけの単発のアルバイトにチャレンジするのもおすすめです。
それから、万一仕事が続かなかったとしても、「向いていなかっただけ」と考えて気持ちを切り替えるのがニート脱出のコツ。一度や二度の失敗で諦めず、自分ができることを探していきましょう。
ニートは対人関係に苦手意識を持っている人が多いですが、ここでは人とのかかわりが苦手な方がチャレンジしやすい仕事をご紹介します。社会に出れば多くの人と関わることになりますが、まずは自分に合ったやり方で働くことで周囲とのコミュニケーションに慣れていきましょう。

【在宅ワーク】

外に出る勇気がないなら、家でできる仕事からはじめてはいかがでしょうか。在宅ワークでは自宅のパソコンを使い、オンライン上で依頼者とやり取りして仕事を完結させることができます。
仕事の内容は、書き起こしやデータ入力、文章作成などさまざま。案件を扱うWebサイトを閲覧すれば、多くの仕事の中から自分に合ったものを選べるでしょう。

【清掃員】

1人で持ち場を掃除する清掃員は、「チームワークが苦手」という人にも取り組みやすい仕事の1つです。働く場所はオフィスビルやマンション、商業施設、公共施設などで、未経験でも採用されやすい職種といわれます。
薬品の種類など覚えることは多いですが、接客業などと比べてマイペースに働ける点が魅力です。

【工場勤務】

工場での仕事は1人での作業が多く、清掃と同じく自分のペースで働きやすい環境です。特にライン作業は単純なルーティン作業が多いので、働くことに慣れるのに良いでしょう。
ただ、「仕事に飽きてしまった」という声があるように、向き不向きが大きいのが工場勤務の特徴でもあります。もし工場の仕事が合わなかったとしても、「単純作業なのに続かなかった・・・」と落ち込まずに、自分の適性に合った仕事を探すようにしてください。

人付き合いが苦手な方におすすめの仕事をご紹介しましたが、世の中にはもちろんこれ以外にも多くの職種があります。大切なのは自分に合った仕事を見つけることなので、インターンネットや書籍を使ってどんな業界や職種があるか調べてみましょう。

◆ニートでも正社員になれる!

アルバイト期間を設けずすぐにでも正社員になりたい人は、1人で就職活動するよりも専門機関のサポートを受けるのがおすすめです。
ハローワークや民間のエージェントでは就職を目指す人への支援を行っているので、ぜひ利用を考えてください。

【若者正社員チャレンジ事業】

若者正社員チャレンジ事業は、正社員を目指す若者(※1)を応援する支援事業。セミナーと企業研修をあわせたプログラムで、働くのに必要な能力の習得や就職をサポートします。

※29歳以下の求職者で直近2年以内の正社員の職歴が合計1年を超えない方

【ジョブカフェ】

若者の就職支援を行う施設で、各都道府県に設置されています。正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」ですが、「カフェのように気軽に立ち寄って欲しい」とい思いから「ジョブカフェ」の通称がつけられました。
ジョブカフェが提供するサービスは、カウンセリングや職業紹介、職場体験、保護者向けセミナーなど。対象者の年齢制限は都道府県によって異なりますが、40歳以上の人が利用できる場合もあるようです。

【就職・転職エージェント】

就職エージェント・転職エージェントとは、人材を探す企業と仕事を探す求職者を結びつける民間のサービスのこと。就職・転職のノウハウが豊富な専任の担当者が、内定までをサポートしてくれます。
「お金はどれくらいかかるの?」と心配する方がいるかもしれませんが、エージェントは企業側から報酬を受けとるので、求職者側の金銭的な負担は一切ありません。
エージェントには、経験者に特化しているところ、特定の業界の求人を多く持っているところなどそれぞれ特徴があるため、自分に合ったサービスを見つけましょう。

未経験から正社員になりたいと希望する人は、ハタラクティブに相談してみませんか?
若年層に特化したエージェントであるハタラクティブでは、1人ひとりに合わせたカウンセリングや面接指導を実施。ご紹介するのは直接取材した企業の求人のみなので、応募前に職場の雰囲気や仕事内容について詳しい情報をお伝えできます。
「就職するか迷っている…」という場合は相談だけのご利用も歓迎しておりますので、まずはアドバイザーに話をお聞かせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ