転職の動機を聞かれたらあなたはすぐに答えられますか?

転職の動機を聞かれたらあなたはすぐに答えられますか?の画像

この記事のまとめ

  • 転職の動機は十人十色
  • 転職の動機と志望動機をポジティブに繋げることが必要
  • 率直過ぎる志望動機は、あなたの評価を下げる恐れがある自分の志望動機に不安を感じた時は、アドバイスしてくれる相手を見つけよう

転職の動機は人それぞれだと思います。しかし、採用面接で企業側から「どうして転職しようと思ったのですか?」と投げかけられた時、あたなはどう答えますか?
今回のコラムでは「転職の動機と志望動機の一貫性」について考えてみました。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

転職する動機はしっかり掘り下げる

採用面接で、転職の動機を問われた時、あなたはすぐに答えられますか?
採用担当者の前でしどろもどろになったことや、ありきたりな回答をしてしまったことがあるかもしれません。
あとになって「ああ言えばよかった」と後悔しないように、転職の動機を前もって掘り下げる必要があります。

転職の動機は転職活動のベースになる

転職をする際、「転職の動機」は就職活動の基盤にもなると言えるでしょう。
「転職の動機」と「志望動機」のどちらかにブレがあることで、のちのち転職活動自体に迷いが生じたり「志望動機」を伝える際にも苦労するかもしれません。

転職の動機と志望動機の違い

「転職の動機」と「志望動機」は、それぞれ別の理由を考えることをおすすめします。
例えば、面接の際に、転職の動機が「幅広い事業に携わりたいから」と答えた後、志望動機が「御社で幅広い事業に携わりたいから」と、回答が同じになるのは避けたほうが良いでしょう。
「転職の動機」と「志望動機」から導き出すものは「転職をすることによって出来ること」であることが望ましいです。

将来のビジョンを見据え、一貫した流れの「志望動機」であれば、採用担当者に納得してもらいやすいでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

転職の動機のまとめ方

必ずしも、転職の動機はストレートな表現を用いる必要はありません。
「給与が安い」、「残業が多い」、「上司が横暴」など、転職の動機となった理由を素直に言ってしまうと、「会社の愚痴を言う人だ」とマイナスイメージを植え付けてしまう恐れがあるからです。
しかし、事実を曲げてまで「転職の動機」へと変えることは、虚偽に値する恐れがあるので気をつけましょう。
面接で発した言葉1つで入社後の業務に大きく関わってくる可能性もあります。

転職のきっかけを今一度見つめ直そう

転職の動機があやふやであれば、今一度退職に至った理由を自問自答してみると良いかと思われます。
まずは転職のきっかけを洗い出してみましょう。

(例)

・残業が多い
・ノルマに追われる日々
・上司が命令口調

このように、ネガティブ要素が多い転職理由を持つ方も多いでしょう。十人十色、様々な転職理由があります。
上記の転職理由を前向きな表現へと置き換えてみましょう。

(例)

・効率的に業務を進めたい
・長期的な目標を掲げて業務を行いたい
・上司の指示が無くても自発的に動き、結果を残せる人間になりたい

また、置き換えた転職理由を企業側へと伝わりやすいように、100文字程度の文章にまとめることをおすすめします。

避けたい志望動機

安易な志望動機は、採用どころか企業側の顰蹙を買ってしまう恐れがあるので気をつけなければなりません。
率直過ぎる志望動機は考えものです。

(例)

・給与・賞与が良い
・家から距離が近い
・休みが多く、残業がない

このような志望動機では、「うちの会社じゃなくてもいいのではないか?」と企業に思われてしまうでしょう。
そうならないためにも各企業の特性を把握し、しっかりと熱意を感じてもらえる志望動機を考える必要があります。

転職の動機と志望動機の作成に不安がある場合は…

しかし、ネガティブな転職理由をどうポジティブに変換すればよいのか分からないという方もいるでしょう。
志望動機の作成に自信がない方は、就活アドバイザーによるカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?
就職・転職を支援しているハタラクティブには、求職者のサポートを行うアドバイザーが多く従事しています。
この機会に、一度アドバイザーに相談してみるのも良いでしょう。

この記事に関連するタグ