円満な仕事の辞め方は?退職理由の伝え方や注意点をご紹介

円満な仕事の辞め方は?退職理由の伝え方や注意点をご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 仕事の辞め方と理由はポジティブなものに変換しよう
  • 仕事の辞め方と理由には労働環境が大きく影響している
  • 仕事の辞め方と理由によっては、円満退職ができない可能性もある
  • 退職の意思が定まったら1ヶ月前には会社には伝えよう

仕事の辞め方や理由を伝える方法が分からないという方は多いでしょう。会社を円満退職するには、仕事を辞める理由をポジティブに伝えることが大事です。伝え方によって、会社側に与える印象が大きく変わります。このコラムでは、仕事を辞めるときの適切な伝え方やよくある退職理由をまとめました。また、仕事を辞める理由を伝える際の注意点もご紹介しているので、退職を考えている方はぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

仕事を辞めたいと感じる3つの理由

仕事を辞めたいと感じる理由は「待遇面に不満がある」「人間関係に悩んでいる」といったように人によってさまざまです。ここでは、仕事を辞めたいと感じる代表的な理由をご紹介します。

1.給与や福利厚生といった待遇面

給与や福利厚生といった待遇面への不満から、仕事を辞めたいと感じる人は多いようです。給与が上がらないことや仕事の評価の基準が曖昧といった金銭面での不満がある場合は、自分を評価してくれる別企業への転職を考えることになるでしょう。また、待遇面でいうと休日数や手当の状況への不満が増すと、転職を考えるきっかけにつながります。給与の問題や待遇の問題を改善するには時間がかかるもの。そのため、「今の仕事を辞め、別の環境で働いた方が早い」と考え、退職する人が多いのでしょう。

2.職場の人間関係

職場の人間関係が良好ではない場合も、よくある退職理由の一つです。毎日、長い時間を共に過ごすことになる同僚や上司とうまく人間関係を築けない場合は、ストレスが溜まりやすい状態です。そのため、環境を変えて働くという方に気持ちが向かいやすくなるでしょう。

3.業務内容が合わない

業務内容が合わないことも、よくある退職理由です。仕事をしていくなかで「自分には合っていない」「思っていた仕事内容と違った」といったように、実際の業務内容にギャップを感じ、退職を考える人も多いようです。仕事を辞めたいと感じる理由は「仕事を辞める理由とは?本音と建前を使い分けよう!」のコラムでもご紹介しているので、あわせてご覧ください。

退職理由はどう伝える?円満な仕事の辞め方

「給与が低い」「人間関係での悩みがある」といったネガティブな理由で退職を考えている場合には、理由をそのまま伝えないことが重要です。円満に仕事を辞めるには、伝え方を意識しましょう。たとえば、人間関係での悩みが退職理由の場合は、「自分のライフスタイルに合った環境で働きたい」といったように、ポジティブな印象を与えられる伝え方を意識してみてください。

退職理由を伝えずに仕事を辞めても問題ない?

退職理由を伝えずに仕事を辞めてしまうと、今まで築いてきた信頼関係が崩れてしまう可能性があります。また、会社に残った社員に対する誠意も伝わらなくなってしまうでしょう。円満退職するためにも、黙って辞めることは避け、しっかりと退職する旨を伝えてください。円満に仕事を辞める方法については「その転職、後悔しない?仕事を辞めたい理由を考えよう」のコラムもおすすめです。

仕事を辞める理由を伝える際の注意点

仕事を辞める場合は、そのままの理由を伝えれば良いということではありません。円満退社をするためにも、これまでお世話になった会社へ感謝の意を込めて、きちんとした伝え方ができるようにしておきましょう。ここでは、仕事を辞める理由を伝える際の注意点について解説します。

ネガティブな理由はオブラートに包む

先述したように、仕事を辞める理由がネガティブなら、そのまま正直に伝えることは避けましょう。嘘や偽りの理由を作るということではなく、できる限りポジティブな理由に言い換えるようにしてください。たとえネガティブな理由で仕事を辞める場合でも、「新しいことに挑戦するため」「夢に向けて勉強するため」など、伝える内容がポジティブであれば、受け取る側の印象も異なるものになります。

他責にならないよう注意する

同僚や上司など他人のせいで仕事を辞める決断をしたといった、他責の印象を抱かせるような回答はマイナス効果になります。事実として、社内の人間関係など人の影響で仕事を辞めることになったとしても、決めたのは自分自身です。そのため、人のせいではなく、きちんと自分で考えて退職を決断した旨を伝えられるようにしましょう。

仕事を辞める際の退職理由の例文

ここでは、仕事を辞める際の退職理由の例文をご紹介します。先述のとおり、仕事を辞めるときの退職理由はポジティブにすることが重要です。以下のようにポジティブな理由にしましょう。

・これまでの経験を活かして、新しいことに挑戦したい
・業務に取り組む中で興味を持った分野について、専門性を高めていきたい
・これまで培ってきた経験を新しい環境で活かしたい
・資格を取得するために勉強に専念したい

退職理由を伝える際には、引き止めを避けるためにも、相手が納得するような事情を交えることが大事です。

仕事の辞め方に関する注意点

ここでは、仕事の辞め方に関する注意点をご紹介します。円満退職するためにも、以下の注意点をチェックしておきましょう。

1ヶ月前には退職の意思を述べる

最低でも退職希望日の1ヶ月前には、退職の意思を伝えるようにしましょう。退職者が出ることで、会社側は退職手続きや後任者選びといった対応が必要となるので、急な退職は会社に迷惑をかけることにつながります。退職する意思が定まったら、できるだけ早めにその旨を伝えてください。

退職の流れを押さえておく

仕事を辞めると決めたら、退職までの流れを頭に入れておきましょう。行わなければならないことなどを理解と把握しておくことで、動き方がスムーズになるはずです。退職までの具体的な流れや確認すべきポイントなどを知りたい方は、「退職までの流れと手続きを解説!上司にはいつ伝える?転職活動はいつ行う?」もぜひ参考にしてみてください。

業務の引き継ぎはしっかり行う

業務の引き継ぎを行うことも、円満退職に関わる要素の一つです。後任者が業務内容や進捗状況を把握できるよう、引き継ぎのポイントをまとめておきましょう。また、業務内容によっては、顧客や取引先のデータが必要な場合もあります。そのため、退職までに顧客や取引先に挨拶をしたり、後任者の紹介をしたりといった対応も行いましょう。仕事を辞める際の注意点は「会社の辞め方や手順を解説!退職する際の注意点や理由例も紹介」のコラムでもご紹介しています。円満退職をするためにも、あわせてご覧ください。

「仕事の辞め方が分からない」「転職したいけど次の職場が見つかるか不安…」といった方は、就職・転職エージェントの利用がおすすめです。求人の紹介や応募書類の添削だけでなく、働きながらでも効率良く就職・転職活動を進められるよう、スケジュール代行も実施しています。
ハタラクティブでは、第二新卒や既卒、フリーターといった若年層を対象に就職・転職支援を実施。経験豊富なアドバイザーがカウンセリングで求職者の適性を把握したうえで、希望に合ったお仕事のみをご紹介します。求人の紹介だけでなく、面接日時の調整やサポートもマンツーマン体制で実施しているので、転職活動が初めての方でも安心です。サービスの利用はすべて無料。転職活動をスムーズに進めたい方は、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ