就職に失敗!?そんなときに取るべき行動とは

就職に失敗!?そんなときに取るべき行動とはの画像

・就職に失敗してしまったら

就職に失敗してしまったら、その後の過ごし方が大切になります。正しい行動をとれるかどうかで、今後の運命が大きく左右されるといっても過言ではありません。
みんな最初のうちは社会人経験もありませんし、就活についても素人です。ですから誰にでも失敗は起こりえます。考えるべきなのは、失敗してしまったときに「どのように挽回するべきか」ということです。
就職の失敗として考えられる主なパターンは2つあります。
1つ目は就職活動の段階で正社員就職に失敗してしまったケース、2つ目は就職はできたものの、希望の会社に入れなかったケースです。
このうちのどのケースにあてはまるかによって取るべき行動は変わってきます。しかし、いずれのパターンにおいても早めに行動することが重要です。軌道修正をするのが遅れて、ブランクが長引いてしまったり、年齢が上になってしまうと就活は厳しくなります。
「まずいな」と思った時点で、すぐに次の手立てを考えるようにしましょう。

・最初の段階で正社員就職に失敗してしまった場合

新卒時に正社員としての就職が決まらなかった人や、何らかの事情でフリーターやニートを続けている人などがこのケースにあてはまります。
このケースでとるべき行動は3つあります。
1つ目は既卒枠での就活です。日本では新卒枠での就職が一般的なため、既卒生は「新卒で就職できなかった人」というネガティブな印象を企業側に持たれることがあります。卒業から時間が経てば経つほどマイナスイメージが強くなるので、既卒枠での就活においては一刻も早く就職先を決めることが大切になります。
2つ目は専門学校への進学や、資格取得によるキャリアアップです。就職に役立つ技能を身に着けたいなど具体的な目的があって進学するのであればおすすめです。資格取得については、難関資格や、実用的な資格が取れれば、それが就職に直結します。
3つ目はフリーター向けの専門就職支援サイトの活用することです。例えばハタラクティブでは、求職者の方のために、就活アドバイザーによるアドバイスや、未経験者歓迎など条件に合った求人のご紹介を行なっています。

・就職はしたものの希望の会社に入れなかった場合

学校を卒業後、スムーズに正社員として入社できたものの、社風や業務内容にギャップを感じているケースです。
この場合取るべき選択肢は2つあります。
1つ目は3年間はその職場で働くというものです。転職の際「すぐに会社を辞める人」というレッテルを採用側に貼られてしまうのは避けたいものです。
入社して業務内容を一通り掴むまでには数年かかります。その一応の目安として、一般的に言われているのが3年という期間です。そのためとりあえず3年以上1つの会社で働き続けたという実績があれば、転職活動は有利になります。
2つ目は第二新卒枠で就職を目指すというものです。転職する明確な動機がある人の場合には、第二新卒枠での就職を選択肢にとるのもありでしょう。

採用にあたっては、志望動機や入社意欲、社員の気質に合うかどうかといった要素が重視される傾向にあります。これらの要素にうまく応えられる自信があれば、第二新卒枠での就職は十分に可能です。ハタラクティブでは就職活動に失敗してしまった第二新卒のキャリア支援を行っています。是非お気軽に相談にきてください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION