高齢ニートから脱出しよう!就職のために活用できる支援とは?

高齢ニートから脱出しよう!就職のために活用できる支援とは?の画像

【このページのまとめ】

  • ・高齢ニートの増加は社会問題となっている
  • ・高齢ニートになってしまう理由は挫折や就職の失敗、仕事への意欲のなさなどがある
  • ・高齢ニートの末路は就職の困難や経済的な苦境、孤独死など悲惨なものが多い
  • ・ハローワークやジョブステーションを利用することで高齢ニートから脱却できる
  • ・将来高齢ニートにならないように、若いうちから就職するのが大切

「高齢ニートの末路って?」と不安を抱いている方も多いのではないでしょうか?高齢ニートになると、さらに就職が難しくなったり、孤独死の可能性が高まったりします。
このコラムでは高齢ニートの方が直面する問題や、今の状態から脱却する方法について詳しく解説します。また、高齢ニートの方におすすめの就職支援機関も紹介。現状から脱出したいとお考えのかたにおすすめのコラムです。

高齢ニートとは?

高齢ニートとは、一般的に35歳以上のニートを指して用いられる言葉です。
厚生労働省によれば、ニートの定義は「15~34歳までの通学も家事もしていない働く意思のない若者」となっています。35歳以上で通学や家事をしておらず、働く意思のない人を表す言葉が決まっていないため、通称として高齢ニートという言葉が使われることがあるのです。

高齢ニートの増加は深刻

高齢ニートが増加した背景には、1990年代半ばから2000年代前半にかけて起こったバブルの崩壊です。バブルが崩壊したことにより、企業は新卒採用を大幅に抑制しました。高齢ニートの一部は、この時期に就職活動に失敗した人たちです。
また、就職していたものの、仕事上の失敗やプレッシャーに耐えられなくなり、仕事を辞めてそのまま高齢ニートになる方も増加しています。
加えて、2000年代に入ってから多様な働き方が認められるようになり、非正規雇用や派遣社員、フリーターとして仕事をする方が増えてきました。派遣切りや雇い止めの影響で急に仕事を失う方もおり、高齢ニートが増える一因となっています。高齢ニートの増加は懸念すべき社会問題になっているのです。

2020年に総務省が行った労働局調査によれば、15歳から34歳の若年無業者の数は約69万人で、2019年の約56万人から約13万人も増加しています。

図 11「若年無業者及び 35~44 歳無業者の数及び人口に占める割合の推移」の画像


表14「若年無業者及び 35~44 歳無業者の数及び人口に占める割合の推移」の画像

引用元:総務省「労働力調査

35歳から44歳の無業者の数は39万人で、過去10年間と比較すると低水準であるものの、人口に占める無業者の割合は2.5%と、ここ10年でもっとも高くなっています。若年ニートに対する対策が取られなければ、いずれ高齢ニートになってしまう可能性があるでしょう。

参照元
総務省
労働力調査

高齢ニートについてもっと知りたい方は、「高齢になるとニート脱出は難しい?早めに抜け出すには」をご覧ください。

高齢ニートになる主な3つの原因

高齢ニートになってしまう原因はいくつかあります。若年ニートが高齢ニートになることもあれば、中年の方が急にニートになってしまうケースもあります。
ここでは、高齢ニートになる原因を3つ紹介します。

1.何らかの挫折を経験した

高齢ニートに限らず、ニートになってしまう人は何らかの挫折を経験しているケースが多いようです。
たとえば以下のような理由でニートになってしまう方がいます。

・就職活動がうまくいかなかった
・就職したものの職場にうまくなじめなかった
・学生時代から不登校だったため就職活動ができなかった
・受験に失敗してやる気を失ってしまった

こうした問題を抱える可能性は誰しもありますが、ニートになってしまう人は挫折によって自信を喪失してしまい、何かに挑戦する意思をなくしてしまいます。とくに、打たれ弱かったり失敗の経験が少なかったりする人は、挫折することで打ちのめされてしまうのです。
正社員として働いていたのに高齢ニートになってしまう方の場合、このケースが多いといえます。

2.ただ単に働きたくない

高齢ニートになってしまう別の原因は、ただ単に働きたくないという理由です。両親が裕福で優しく、自分が働かなくても何も言わないなどのケースでは、仕事をしなくても経済的な不自由を感じないので働く意欲が湧かなくなってしまう方もいます。
このケースに当てはまる高齢ニートの主な特徴は次のようなものです。

・無気力でやる気に乏しい
・内向的で他の人との関わりを持ちたがらない
・他の人へ依存しやすい

とくに、学生のころから親への依存度が高く、まったく働くことなくニートになってしまう方は、このケースに該当するでしょう。

3.フリーターから正社員への転身に失敗した

高齢ニートになってしまう別のパターンは、年齢を重ねてから正社員になろうとしたものの、就職できなかったというものです。フリーターとして働いていた期間によっては、正社員になるのが難しくなることもあります。
厚生労働省が発表した「若年者雇用を取り巻く現状」によれば、20歳から29歳までで、3年以上フリーターを続けている方が正社員として就職できた割合は48.9%と全体の半分にも達していません。

フリーター期間別にみた正社員になれた者の割合(20~29歳)の画像

 

引用元:厚生労働省「若年者雇用を取り巻く現状

フリーターから正社員として就職できなかった結果、働く意欲を失ってしまい若年ニートあるいは高齢ニートとなってしまうケースもあるのです。

ただし、身体的、精神的な病気や障害によって仕事ができない方も、統計上は高齢ニートに分類されます。このように正当な理由があって仕事に就けない方は、障害者年金や他の支援を受けて生活できるでしょう。

参照元
厚生労働省
若年者雇用を取り巻く現状

高齢ニートの方が就職するために利用できる施設について知りたい方は、「ニートやひきこもりの就労支援機関は?具体的なサポート内容」をご覧ください。

高齢ニートを待つ7つの末路

高齢ニートの場合、今は良くても末路は悲惨なものになることがほとんどです。高齢ニートを継続していくとどのような結末になるかを考えて、脱却の方法を考える必要があります。
ここでは、高齢ニートを待つ7つの末路についてご紹介します。

1.友人が減っていく

高齢ニートになると、友人が減っていくことが大きな問題です。
高齢ニートの場合、他者との関わりを避けるようになることが多いため、友人と接する機会も少なくなります。とくに、長い間高齢ニートを続けていると、友人たちとも話が合わなくなっていくでしょう。
30代や40代の友人は、会社でも徐々に出世しはじめ、高収入を得ているかもしれません。家を建てたり、子どもが生まれたりして、キラキラした人生を送っているように見える場合もあります。高齢ニートではこうした話題についていくことは難しいので、友人に対して恥ずかしさを感じることでしょう。友人たちに対してうらやましさや嫉妬を感じる場合もあり、1人でいる方が気楽になっていきます。
インターネット上で知り合いや友達を作ることもできますが、困ったときに助けてくれる人脈作りは難しくなるでしょう。

2.働き口が少なくなる

高齢ニートを続けていると、働き口が極端に少なくなる恐れがあります。
企業は人材の価値を年齢で判断することも多く、同じスキルを持つ20代と30代であればほぼ間違いなく20代が採用されるでしょう。社会において、30代はすでに中堅どころであり、他の人に仕事を教える立場にいることも多いです。したがって、未経験の高齢ニートの場合、会社にとって雇用するメリットがほとんどないと判断されます。
高齢ニートは30代、40代と年齢を重ねるにしたがって、どんどん仕事の選択肢が少なくなっていくでしょう。高齢ニートになると魅力的な仕事がなかなか見つからないから働かず、働かないまま時間を過ごすことでさらに働き口が少なくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

3.親に依存する生活になる

高齢ニートの末路は、親に依存する生活です。
たとえかつて正社員として働いていたとしても、ずっとニートとして生活していけるほどの貯金がある人はほとんどいません。数ヶ月、あるいは1年程度、貯金を切り崩しながら生活したとしても、最終的には親に頼って生活していくことになるでしょう。
親が定年を迎えても高齢ニートを続ける場合、親の年金収入を頼った生活となります。高齢期を迎えた親が、中年の子どもを養っていかなければならない「8050問題」が深刻化している背景にはこうした事情があるのです。親の年金収入だけでは暮らしていけない場合、定年後も親が高齢ニートを養うために働き続けなければならないでしょう。

4.結婚や子育てなどのライフイベントがない

高齢ニートの場合、結婚や子育てといったライフイベントとは無縁の生活を送る可能性が高いでしょう。
高齢ニートは社交的な集まりに出ることも少なく、パートナーとの出会いもあまり期待できません。出会いが少ないことに加え、経済力や仕事への意欲がないので結婚して家庭を持つのは困難です。子どもを持って家族を養うこともできません。
高齢ニートの中には、こうしたライフイベントは自分に必要ないと感じる方もいますが、自分の肉親や友人が家庭を持っているのを見ると疎外感を感じることもあるでしょう。

5.精神的に不安定になる

高齢ニートの中には、精神的に不安定になったり、精神疾患を抱えてしまったりする方もいます。
高齢ニートは、長い間働かずに生活してきたため、社会的信用がほとんどありません。親以外の家族や親族、友人などから疎まれることもあるでしょう。せっかく高齢ニートから脱却しようと就職活動をしても、採用されずにさらに打ちのめされてしまう人もいます。
さらに挫折を経験し、自己肯定感の低さや他人に対する不信感から精神的に病んでしまう人は多いのです。精神的に不安定になれば、社会復帰することはさらに困難になり、高齢ニートを続けていかざるを得なくなってしまいます。

6.親の死によって苦境に陥る

高齢ニートは親に依存した生活を送りがちですが、親がいつまでも助けてくれるわけではありません。通常は親が先になくなるので、自分で生計を立てなければならないでしょう。親の遺産があっても、ずっとニートを続けていくのは困難です。
長い間就職してこなかった高齢ニートを雇ってくれる会社はほとんどありません。経済的に苦境に陥り、借家を出なければならなかったり、食べ物に困ったりするケースもあります。
生活保護を受ける選択肢もありますが、資産や働ける能力があると見なされれば受給できません。加えて、親族から援助を受けられる場合にも生活保護の受給は難しいでしょう。親の死後、高齢ニートがホームレスになる可能性も十分にあり得るのです。

7.孤独死の危険性がある

高齢ニートの末路として、孤独死も考えられます。孤独死とは、一人暮らしの方が誰にも看取られずに突発的な疾病によって亡くなることを指します。
一人暮らしの高齢ニートの場合、家族や親族に看取られずに孤独死を迎える可能性は高いでしょう。ニートは人とのかかわりを持ちたがらないので、もし急に亡くなっても気づいてもらえないことがあります。高齢ニートが経済的に困窮して餓死してしまい、大家さんが発見したという事例もあるほどです。
高齢ニートが必ず孤独死するわけではありませんが、リスクがあることは覚えておきましょう。

生活保護について詳しく知りたい方は「フリーターの将来は?生活保護をもらえば良い?不安に感じたらすべきこと」をご覧ください。

高齢ニートから脱却するための4つの方法

高齢ニートの方の中には、何とかして現状から抜け出したい、自分を変えたいと思っている人もいます。高齢ニートが経験するかもしれない悲惨な末路について考えると、できるだけ早く現状を打破することが望ましいでしょう。
ここでは、高齢ニートから脱却するために行える4つの方法をご紹介します。

1.現実逃避をやめて自分の状況を受け止める

高齢ニートから脱却するための1つの方法は、自分が置かれている状況を受け止めることです。
現在の状況は、働いておらず、働く意思がなく、人とのかかわりを避けています。これは決してよい状態ではなく、変化する必要があります。
高齢ニートの方は、今のままで何とかなると考える可能性がありますが、何もせずに悲惨な末路を避けることはできません。現実逃避をやめて、現状を変えなければならないことを自覚しましょう。

2.粘り強く物事を行うことを学ぶ

物事を粘り強く行うことは、高齢ニート脱却の助けとなります。
高齢ニートの方の特徴の一つは、失敗を怖がってあきらめてしまうことです。失敗を怖がるのは大きな問題ではありませんが、すぐにあきらめる癖がついてしまうと物事を継続したり達成したりすることはできません。問題に直面したときには、粘り強く物事を行うことを心がけましょう。
小さなことから始めたり、問題の一部だけを自分で解決したりできるかもしれません。最初から大きな問題をすべて自分で解決するのは難しいですが、小さな達成感や成功体験を積み重ねていくことが大切です。
徐々に自分が対処する問題を大きくしていけば、粘り強く物事を行って解決することに慣れていけるでしょう。

3.自己肯定感を高める

高齢ニートから脱却するためには、自己肯定感を高めることも重要です。
高齢ニートの方は、自分に自信がなく、何をやってもダメだと感じている可能性があります。そのままの精神状態では、仕事を始めようとする意欲も現状を変えようとするやる気も湧いてきません。
少し考え方を変えるだけで、自己肯定感が高まり、少しずつやる気が出てくる可能性があります。たとえば、自分の短所を紙に書き出して長所に書き換える方法は有効です。
自分をよりポジティブに評価することで、自己肯定感が高まり新しいことに挑戦したいと思うようになることでしょう。

4.とにかく仕事を始めてみる

高齢ニートが現状を打破するための一番の近道は、「働くこと」です。
現在ではさまざまな勤務形態があるので、自分が働きやすそうなものを選ぶこともできるでしょう。いきなり正社員で働く自信がないのであれば、アルバイトから始めるのも一つの手です。
アルバイトであれば高齢ニートでも始めやすく、就職活動に失敗してやる気を失ってしまうリスクも最小限に抑えられます。また、シフトの融通が利くので、最初は無理のない程度に働き、徐々に仕事量を増やしていくことも可能です。
あるいは、職業訓練学校に通ってスキルを身につける方法もあります。職業訓練学校では、溶接や介護、建築など就職のために必要な知識や技術を身に着けられます。基本的に授業料がかからないので、本気で働きたい高齢ニートの方におすすめです。
ただし、学力試験や面接があるので、何の努力もせずに職業訓練学校に入学できるわけではありませんので注意しましょう。
高齢ニートの方が試せる別の仕事が「在宅ワーク」です。在宅ワークでできる仕事は、データ入力やライティング、文字起こし、アンケートモニターなどがあります。
在宅ワークであれば、人とほとんど関わらずにできる仕事、自分の持っている知識を生かして行える仕事が見つかるかもしれません。在宅ワークで少しでも仕事をした実績があると、自信につながり、家の外で仕事をしてみたいという気持ちになることもあるでしょう。

高齢ニートの就職を支援してくれる4つの機関

高齢ニートの方は、自分だけで仕事を探すのは難しいと思うかもしれません。しばらく社会との関わりを持ってこなかった場合には、そう思うのも無理はないでしょう。
高齢ニートの方の就職を支援するために、いくつもの機関があります。ここでは、高齢ニートの方が就職するために利用できる機関を4つご紹介します。

1.ハローワーク

高齢ニートの方が仕事を探す際に相談しやすいのはハローワークでしょう。求人情報が検索できるのはもちろん、どのような求職活動をすればよいのか、履歴書はどのように描くのかなどの疑問に答えてくれます。さらに、職業訓練や講習会、就職セミナーといった具体的な支援も行ってくれます。
ハローワークで求職者登録をすれば、ニートの定義から外れるのも大きなメリットです。ニートの定義は、「失業者として求職活動をしていない」ことなので、一刻も早く現状を打破したい方はハローワークに登録するとよいでしょう。
家の近くのハローワークを探したい方は、厚生労働省のWebサイト内にある「全国ハローワークの所在案内」で見つけられます。

2.地域若者サポートステーション

高齢ニートの方が利用できる別の機関は、地域若者サポートステーション、通称「サポステ」です。
全国の各都道府県に合計110ヶ所以上も設置されており、15歳から49歳の男女が就労のために利用できる機関として多くの実績を上げています。長期間働いておらず、働くこと自体が怖い高齢ニートの方は利用してみるとよいでしょう。
利用は無料で、支援計画の作成やビジネスマナー講座、キャリアアドバイザーによる個別支援などが受けられます。少人数のグループによる作業なども体験できるため、仕事を始める前のリハビリがしたい高齢ニートの方にもおすすめです。

3.ジョブサロン・ジョブステーション

ジョブサロンやジョブステーションは、都道府県が主体となって設置している就職支援施設です。
ジョブサロンは35歳以上の男女を対象にしており、就職相談や業界情報の提供、講習の紹介などを行っています。
一方、ジョブステーションは年齢制限なく利用することができる支援施設で、ハローワーク相談員による職業紹介やカウンセリング、各種セミナーの紹介などが主なサービス内容です。

4.就職エージェント

高齢ニートの方が仕事を探すのに役立つ別の方法は、就職エージェントです。
就職エージェントは、希望に合った求人を紹介してくれるサービスですが、ただ求人情報を提供してくれるだけではありません。就職エージェントには専門的な知識を持つ担当者が在籍しており、個別にヒアリングし、あなたに合った求人を提案してくれるのです。
もしすでに高齢ニートになった方が就職先を探すのであれば、ニートの就職支援に注力しているサービスを選びましょう。また、過去に就業経験がある方は、スキル・経験を活かせる業界に特化した就職エージェントを選ぶのもおすすめです。

「将来高齢ニートになるのを避けたい…」「今すぐ就職したい!」という方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒、高卒などの若年層向けの就職・転職サービスです。専任のアドバイザーが、仕事探しから内定まで一貫したサポートを提供します。
未経験からの正社員就職に強みを持っているので、現在ニートの方にも手厚くサポートをし、就職まで支援させていただきます。
サービスはすべて無料です。まずはお気軽にご連絡ください。

高齢ニートの方に向けたQ&A

ニートを卒業して働きたいのに、「働けるか不安…」「就職が怖い…」と感じて躊躇してしまっている人も多いでしょう。ここでは、高齢ニートの方が抱える悩みや疑問にQ&A形式でお答えします。

高齢ニートって何歳から?

明確な定義はありませんが、主に40代・50代の働いていない人を指します。
ニートの定義は厚生労働省によると、15歳~34歳までの通学も家事もしていない若者と定められおり、35歳以上は「無職」という扱いになるようです。
高齢ニートについては、「35歳以上のニートは就職できない?呼び方や定義をご紹介!」でも詳しく解説しています。ご一読ください。

参照元
厚生労働省
よくあるご質問について

高齢ニートが就職しやすい職業はありますか?

介護職・警備員・工場勤務・プログラマー・営業・接客業がおすすめです。
いずれの業界も慢性的な人手不足が続いており、ニート期間が長くても比較的就職しやすい傾向があります。
業種についての詳しい説明は、「ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう」をご覧ください。

どうやって仕事を探せばいいですか?

求人誌や求人情報サイトから探すこともできますが、就職支援サービスを利用するのも1つの手です。
高齢ニートの中には、「何をしていいのか分からない」ため動けずいる人も多いと思います。自分1人だけで頑張ろうとせず、業界に精通するプロの力を借りた方がより就職を実現しやすいでしょう。
ハタラクティブでは、カウンセリングから書類の作成、面接対策に至るまで就活全般をサポートしています。気軽にご相談ください。

ニート期間が長く、社会復帰できるか心配です…。

まず目指すべきは心身ともに健康になることです。食生活や運動に気を配り、規則正しい生活を心がけましょう。
次にリハビリ期間として、「確実にできそうな仕事」を探すのが社会復帰のためのポイントです。在宅ワークや単発のアルバイトなど、無理なくできそうな仕事から働く習慣を身につけていきましょう。脱ニートに関しては、「就職したい!ニートから復帰するために必要なこと」でもまとめています。ぜひご覧ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION