ニート向けの就職支援サービスを紹介!選び方やメリット・デメリットも解説

ニート向けの就職支援サービスを紹介!選び方やメリット・デメリットも解説の画像

この記事のまとめ

  • ニート向けの就職支援サービスは「エージェント」「ハローワーク」「サポステ」など
  • ニートが就職支援サービスを選ぶときは対象者や年齢制限を確認しよう
  • ニートが就職支援を受けるメリットは選考対策や企業とのやり取り代行をしてもらえる点
  • 就職支援サービスのデメリットは、自分に合ったサービスを選ばないと就活が難航する点

「ニートが使える就職支援サービスはある?」と疑問に思っている方もいるでしょう。ニートにおすすめの就職支援サービスは、就職・転職エージェントやハローワーク、ジョブカフェなどです。このコラムでは、ニートが就職支援サービスを選ぶポイントや利用のメリット・デメリットなどを解説しています。各就職支援サービスの利用方法も紹介しているので、ぜひお役立てください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ニート向けの就職支援サービス5選

ニート向けの就職支援サービス5選の画像

ニートにおすすめの就職支援サービスは、「就職・転職エージェント」「就職支援サイト」「ハローワーク」「ジョブカフェ」「サポステ」などです。それぞれの特徴を以下で解説するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

1.就職・転職エージェント

就職・転職エージェントとは、「仕事を探している人」と「人材を求める企業」のマッチングを行う民間の就職支援機関です。就職・転職エージェントでは、求人紹介から入社後のフォローまで就職活動を一貫してサポートしてもらえます。ただし、就職・転職エージェントと一口にいっても、「ニート・フリーター向け」「ハイクラス向け」「新卒向け」など種類はさまざまなので、自分の現状に合ったエージェントを選びましょう。

2.就職支援サイト

就職支援サイトとは、就職活動に役立つ情報や求人情報が掲載されているWebサイトを指します。スマートフォンやタブレット端末などから簡単に登録ができるのが特徴です。気に入った求人があれば、端末を通してエントリーすることもできます。時間や場所を問わず、気軽に求人を閲覧したいニートにおすすめです。

3.ハローワーク

ハローワークは、国が運営する就職支援機関です。就職困難者を支援するセーフティーネットとして機能しており、求人の紹介から職業訓練に関する相談、履歴書の作成指導まで、幅広いサポートを受けられます。年齢や職歴に制限はないため、ニートも利用が可能です。求人数が多く、地元就職に強い点が魅力ですが、無料で求人を掲載できるため、ブラック企業が紛れ込みやすいデメリットもあります。ハローワークを利用する際は、求人の見極めに注意しましょう。ブラック企業を避けるコツは、このコラムの「1.ブラック企業を紹介されそう」でご確認ください。

わかものハローワーク

わかものハローワークとは、34歳以下の求職者が対象のハローワークです。通常のハローワークと異なり、若年層に特化した職業相談や職業紹介、セミナーなどを行っているので、34歳以下のニートはわかものハローワークの利用を検討してみてください。わかものハローワークの詳細が知りたい方は「わかものハローワークとはどんなサービス?利用内容や注意点を解説」のコラムも要チェックです。

4.ジョブカフェ

ジョブカフェは、若者の就職支援に特化した施設で、46都道府県に設置されています。正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」です。ジョブカフェでは、カウンセリングや職業紹介、職場体験などのサービスを受けられます。対象者は、「就職活動中のすべての方」「15~44歳」など、施設によって異なるため、ジョブカフェの利用を検討しているニートは利用前にチェックしましょう。「わかものハローワークとジョブカフェの違いとは」では、わかものハローワークとの違いを解説しているので、参考にご覧ください。

インターンシップも活用しよう

就職を目指すニートは、インターンシップの活用も検討してみてください。インターンシップとは、特定の企業で一定期間、就業体験を行うことを指します。インターンシップに参加するメリットは、「入社後のミスマッチを防げる」「知識やスキルが身につく」「人脈ができる」などです。詳しい概要は「インターンシップとは?参加のメリットや意味、募集時期について解説」でご確認ください。

5.サポステ

サポステ(地域若者サポートステーション)とは、就学も就労もしていない15~49歳が対象の就職支援機関です。就業体験や就活セミナーなどのサービスを提供しています。コミュニケーション講座やビジネスマナー講座もあるため、「人と関わるのが苦手…」「社会に出る前に基本的なマナーを一から学びたい!」というニートにもおすすめ。具体的なサービス内容や利用の流れが知りたい方は、「サポステとは?支援サービスの内容や利用方法を解説」も要チェックです。

ニートにおすすめの就職支援サービスは「ニートが使える就労支援機関は?ひきこもりから社会復帰する仕方を解説」のコラムでも詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

ニートが就職支援サービスを選ぶ際のチェックポイント

ニートが就職支援サービスを選ぶときは、以下の点に注目しましょう。

・ニートが支援対象になっているか
・年齢制限に引っ掛かっていないか
・利用したいサービスがあるか
・求人数はどれくらいあるか
・サービスを通じた就職率はどれくらいか

なお、実際にサービスを利用してみたら、担当者との相性が悪かったり、求めていたサービスとは違ったりすることもあります。そのため、複数の就職支援機関を利用しながら自分に合うサービスを見極めるのがおすすめです。

就職支援サービスの利用に対するニートの不安

この項では、就職支援サービスの利用にあたってニートが抱えやすい不安と、その解消法を紹介します。

1.ブラック企業を紹介されそう

ブラック企業を紹介されそうで不安なニートは、就職支援サービスの利用前に、ブラック企業の特徴を理解しておきましょう。ブラック企業に明確な定義は存在しませんが、一般的には「労働時間が長過ぎる」「サービス残業が当たり前」「労働と対価が見合っていない」といった企業が当てはまるようです。ブラック企業の見極め方は「ブラック企業とは一体?!その実態と見分け方」にも載せているので、ぜひお役立てください。

2.応募できる企業が少なそう

「応募できる企業が少ないのではないか…」と不安に思っている方は、ニート向けの求人が豊富な就職支援サービスを利用しましょう。ニート向けの求人が豊富にあるかどうかは、就職支援サービスごとのWebサイトで、ある程度把握することが可能です。たとえば、「経歴や職歴よりも人柄を重視する企業が多い」「未経験者向け」「ニート向け」などの言葉が中心に書かれている就職支援サービスであれば、ニートの就職に特化している可能性が高いといえます。選び方に悩んだときは、「おすすめ就職支援サービスをケース別で紹介」も参考にしてみてください。

3.カウンセリングで怒られそう

「カウンセリングで怒られるのが怖い…」と悩むニートもいるでしょう。就職支援サービスのカウンセリングでは、よほどのことがない限り怒られることはないといえます。ただし、担当者によっては「言い方がきつい」と感じる場合も。もし、合わない・怖いと感じたら、担当者を変えてもらうよう頼むのがおすすめです。

4.やりたいことが決まっていなくても良いのか

やりたいことが具体的に決まっていないニートも、就職支援サービスを利用できます。就職エージェントやハローワークなどは、基本的にカウンセリングを実施しているので、その際にやりたいことが決まっていない旨を伝えましょう。

5.就職活動が初めてでも大丈夫か

就職活動が初めてで不安なニートこそ、就職支援サービスを利用すべきといえます。前述のとおり、就職・転職エージェントは、求人紹介から入社後のサポートまで就職活動を全面的にサポートしてくれるからです。アドバイザーがマンツーマンで支援してくれる場合も多いので、1人でするよりも効率良く就職活動を進められます。

ニートが就職支援サービスを活用する5つのメリット

ニートが就職支援サービスを利用するのには、「自分に合う求人を紹介してもらえる」「就職に関する悩みを相談できる」といったメリットがあります。利用すべきか迷っている方は、以下を参考にしてみてください。

1.自分に合った求人を紹介してもらえる

ハローワークや就職・転職エージェントではカウンセリングが行われます。そのため、自分の適性に合った求人を紹介してもらえる可能性が高いといえるでしょう。ニートのなかでも、「経歴・職歴に自信がない」「自分にできる仕事があるか不安」という悩みを抱えている方にとっては、大きなメリットです。

2.選考対策をしてもらえる

応募書類の添削や模擬面接といった選考対策をしてもらえるのも、ニートが就職支援サービスを利用するメリットです。担当者から客観的な意見をもらえば、自分では気づかなかった間違いや話し方のクセなどを知れる場合があります。基本的なアドバイスだけでなく、応募先企業に特化したフィードバックをしてくれる就職支援サービスもあるので、ぜひ活用してみてください。

3.企業とのやり取りを代行してもらえる

ニートが就職支援サービスを利用するメリットとして、企業とのやり取りを代行してもらえる点も挙げられます。企業とのやり取りとは、面接日程の調整や内定承諾・保留の連絡などです。なかには、労働条件の交渉といった、直接企業には聞きにくいことを代わりに行ってくれるサービスもあります。

4.就職に関する悩みを相談できる

就職支援サービスを利用すると、就職に関する悩みを相談できます。「職歴に自信がなくて一歩を踏み出せない」「何から始めたら良いのか分からない」「そもそも就職すべきなのか」といった根本的な悩みも相談できるので、就職活動に漠然とした不安を抱えている方も安心です。チャットアプリを通じて相談できる就職支援サービスもあるため、「直接伝えられるか不安…」というニートは連絡方法もチェックしてみてください。

5.就職後のフォローもしてもらえる

就職支援サービスによっては、就職後のフォローもしてくれる場合があります。就職したいものの、「職場が合わなかったらどうしよう」「人間関係や業務のことで悩むかもしれない」「相談相手がいなかったら…?」と不安に思っているニートは、アフターフォローが充実した就職支援サービスを選ぶと良いでしょう。

就活エージェント利用のメリットとは?」では、就職・転職エージェントを活用するメリットを紹介しているので、あわせてご一読ください。

ニートが就職支援サービスを利用するデメリット

ニートが就職支援サービスを活用するデメリットとしては、以下が挙げられます。

・自分に合ったサービスを利用しないと、かえって就職活動が難航する場合がある
・担当者との相性が悪いと就職活動自体が嫌になる可能性がある

上記のデメリットを避けるには、前述のとおり、複数の就職支援サービスを利用したうえで、自分に合ったものを選ぶことが大切です。また、担当者にすべて任せっきりにせず、自分で情報を収集するのも、就職活動を成功させるために重要といえます。就職支援のデメリットは「フリーターが就職支援を受けるデメリットとは?」にも載せているので、あわせてご参照ください。

ニートが確認しておくべき就職支援サービスの使い方

この項では、就職支援サービスの使い方を紹介します。就職支援サービスを使おうと考えているニートは、利用前に確認しておきましょう。

ハローワーク

ハローワークを使う際は、以下の利用の流れを参考にしてください。

・求職申込みの手続きを行う
・ハローワークで職業相談をする
・職業紹介や選考対策といった就職支援を受ける

求職申込みの手続きは、ハローワークはもちろん、自宅からも行うことが可能です。詳細は「ハローワークの使い方」に載せているので、ハローワークを使用したいニートはチェックしてみてください。

就職支援サイト

就職支援サイトを利用する際は、スマートフォンやタブレット端末などから会員登録をします。必要な情報を登録したら、サービスの利用が可能です。求人検索をしたいニートは、検索窓に希望条件を入れましょう。求人検索の欄に「フリーワード」の枠が設定されている就職支援サイトも多いので、「ニート」「未経験歓迎」といったワードを入れて検索してみてください。就職支援サイトの活用方法は「1.就職・転職サイトで探す」でも詳しく解説しています。

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントの基本的な利用の流れは以下のとおりです。

・会員登録
・カウンセリング予約
・就職相談
・選考対策

家の近くに就職・転職エージェントがないニートは、カウンセリングをオンラインで実施しているエージェントを利用しましょう。就職・転職エージェントの効果的な活用方法が知りたい方には、「転職エージェントの効果的な使い方とは?登録から内定までを徹底解説」のコラムもおすすめです。

「ニートから社会復帰したい」「就職活動を効率よく進めたい」という方は、ぜひ就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、ニートやフリーター、既卒、第二新卒など若年層に特化した就職支援サービスです。求人紹介から面接前後のフォロー、就職後のサポートまで一貫して支援します。人柄を重視する企業の求人が多いため、経歴や職歴に自信がない方も安心です。サービスはすべて無料なので、お気軽にご利用ください。

就職支援サービスの利用を検討しているニートのQ&A

ここでは、「ニートは就職支援サービスを使える?」「紹介された求人には必ず応募しなきゃダメ?」「サービスの前に準備するべきことはある?」など、就職支援サービスの利用を考えているニートが抱えがちな悩みを解決します。

ニートは就職支援サービスを利用できない?

年齢制限に引っ掛かっていなければ利用できます。ただし、就職支援サービスによってメインターゲットが異なるため、選び方には注意が必要です。ニートの方は、「未経験向け」「ニート・フリーター向け」などの記載があるサービスを選びましょう。ニートにおすすめの就職支援サービスは「ニートにおすすめする5つの就職支援」でも紹介しているので、選ぶ際の参考にご覧ください。

正社員経験があるニート向けの就職支援サービスは?

正社員経験があるニートは、経験者向けの就職支援サービスを選んでみてください。幅広い業界・職種のなかから選びたい場合は総合型、前職の分野で活躍したい場合は特化型のサービスを利用するのがおすすめです。総合型と特化型の違いは「転職エージェントとは」で確認できます。気になる方はチェックしてみましょう。

紹介された求人には必ず応募しなきゃダメ?

求人を紹介してもらっても、自分に合わないと感じたら、無理に応募する必要はありません。「断るのが申し訳ないから…」といって興味のない求人に応募してしまうと、就職活動に意欲的になれない可能性があります。また、就職後のミスマッチや早期退職につながる恐れもあるので、無理やり応募するのは避けましょう。

サービスの利用前にすべきことはある?

サービスの利用前に準備すべきことは、特にありません。登録フォームに情報を入力すれば、そのまま就職支援サービスの利用が可能です。就職・転職エージェントのハタラクティブは、約60秒で簡単に登録ができるので、就職支援サービスの利用を検討している方は、ぜひお気軽にご登録ください。

この記事に関連するタグ