1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職したいニートへ!選考に落ちる原因を知ろう

就職したいニートへ!選考に落ちる原因を知ろう

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートの人が就職をするのは簡単ではないが、不可能ではない
    ・就職が決まらない原因は、求人の選び方を間違えている、応募書類がきちんと書けていない、面接の準備不足などさまざま
    ・就活がうまくいかなくても、落ち込むだけで終わらず、落ちた原因や改善点を考え次に活かすことが大切
    ・一人で改善点を考えられない場合は、ハローワークや民間のエージェントなどのサポートを受けることも一つの方法

ニートの人が社会人として働きたいと考え就職活動を始めた場合、その就職活動は簡単なものではないことが多いようです。
しかし、必ずしも就職が実現しないわけでありません。就職が決まらない原因を考え、改善することで就職への道は拓けるのではないでしょうか。
このコラムでは、ニートの人が採用選考に落ちる原因と、就職するための対策をまとめています。就職活動がうまくいかないと悩んでいる方は参考にしてください。

◆就職が決まらない原因:求人選び

就活の第一歩、「求人選び」がすでに就職が決まらない原因になっている場合があります。
求人を選ぶ際、なんとなくのイメージや希望だけで選んでいませんか?ニートだからということではなく、自分に適した求人を選ぶことは就活、転職活動でとても大切です。
例えば、土日に働ける人を募集している求人に、平日しか働けない人が応募しても受かることは難しいでしょう。このように、求人選びの際は、企業が求めている人材に自分が合っているかどうかを考える必要があります。

一方で、応募求人を選びすぎている人もいるのではないでしょうか。
給料や福利厚生などの条件を高くしすぎてしまうと、就職が決まらない原因となります。就活の難易度は、正規雇用や非正規雇用で働いた経験があるか、就業経験が一切ないかによっても変わってくるでしょう。
自分自身をよく分析し、自分の条件でどの求人に応募できるかを客観的に見極める必要があります。


◆就職が決まらない原因:応募書類

応募する求人を選んだら、次は履歴書などの応募書類を作成しますが、この書類も就職を成功させるために大切なものです。
書類選考で落ちている人は、書類の書き方から考え直しましょう。

まず、字は丁寧に、相手の読みやすさを考えて書くのが基本。
適当に書かれたと分かる応募書類を見て、その人に会いたいと思う人は少ないのではないでしょうか。きれいな字でなくても丁寧に書くことで、一生懸命書いたということは伝わるはずです。また、失敗したからといって修正テープなどで直すのも印象が悪くなるので避けましょう。

そして職歴。一度も働いた経験がない場合は、正直に「職歴なし」と記載します。受かりたいという思いから嘘の職歴を書くのは、経歴詐称となるので絶対にやめましょう。
就活で書く職歴は、基本的には正規雇用のみですが、非正規雇用などで働いた経験がある場合は書くことをおすすめします。特に、応募求人と関連する仕事であった場合はアピール材料となるので必ず書きましょう。
また、最後に働いてから空白期間があり、仕事を辞めた理由や空白期間にしていたことがある場合は、それも書くようにします。

当然ですが、志望動機や自己PRにやる気を感じられないものは、落とされる可能性が高くなります。
同じような職種で働いた経験があるのであればそれをアピールし、経験がないのであれば働くことへの意欲を書くことが大切。

応募書類は全体的に空欄を作らないように書くことが重要とされています。
空欄の多い履歴書では、応募者の経歴や人柄が伝わりません。意味がないと感じる人もいるかもしれませんが、「趣味」や「特技」の欄も面接官との会話が広がるきっかけになる可能性がありますので、必ず記載し「この応募者に会ってみたい」と思われる書類作りを心がけましょう。


◆就職が決まらない原因:面接

就活に失敗する人に多いのが、面接の準備をしていないということ。
質問への答えはその場で考えるという人もいますが、面接という場所で緊張すると普段は出てくる言葉が出てこなかったり、意図しないようなことを言ってしまうこともあります。
「応募した理由」「前職を辞めた理由」「空白期間になにをしていたか」「自己PR」「自分の長所と短所」など、聞かれる可能性が高い質問は答えを用意しておくのが基本です。

また、面接に落ちてしまう人の特徴としては、面接官と目を合わせない、声が小さい、自信がなさそうに見える、ネガティブな発言をしてしまうなどが考えられます。
ニートだった人を雇う上で企業が心配するのは、すぐに辞めてしまうのではないかという点ではないでしょうか。面接では、できるだけその不安を払拭する必要があるのです。
特に就業経験のない人は、受け答えをしっかりする、働く意欲を見せるということが面接を突破する大切なポイントとなるでしょう。
そういった面から見ても、面接の準備、練習はとても大切。可能であれば、家族や友達などに面接官の役をしてもらい、模擬面接をしておくと本番での自信に繋がります。


◆就職が決まらない原因:マナー

前項では面接での受け答えなどを書きましたが、もう一つ忘れてはいけないのが、面接でのマナーです。
このマナーがきちんとしていないと、面接に落ちる原因になる可能性があります。
シワシワのシャツやスーツを着ていませんか?靴は汚れていませんか?短い時間で企業に判断される面接では、普段以上に第一印象が大切です。スーツを着ることに抵抗があったとしても、スーツを着ただけで印象がプラスになるのだとしたら、着ていかない手はないでしょう。
また、敬語がきちんと使えているかどうか、面接官にきちんと挨拶をできるかなどもチェックポイントです。採用したあとは、その人が企業の顔として顧客と接する可能性があるため、顧客に不愉快な思いをさせない人を雇いたいと思うのは当然でしょう。
そういった理由から、面接でもマナーがきちんとしていないと落ちる原因となり得るのです。


◆失敗をしたら次に活かすことが大切

先述したように、ニートの人が就職を成功させることは簡単なことではありません。
どんなに対策をしても、書類選考や面接で落ちることもあるでしょう。しかし、そこで落ち込むのではなく、なにがいけなかったのか、原因や反省点を考え、失敗を繰り返さない努力が大切です。
自分だけで考えても原因や改善点が見つからない場合は、第三者に相談することをおすすめします。

ニートの人をはじめ、就職を目指す人が利用できるサポートがあるのをご存知ですか?

【ハローワーク】

公的機関が運営する職業紹介所です。就職相談や求人の紹介を行っており、自己分析や書類作成のサポートなど、就職に必要な支援を受けることができます。
また、職業訓練を受けることもできるため、就職する前に技術や知識を身に着けておきたいという人は相談してみるといいかもしれません。

【民間の就職エージェント】

ハローワーク同様、求人の紹介や就職のサポートをしています。民間が運営していますが、求職者は無料でサービスを受けることができるものがほとんどです。
ハローワークとの違いは、紹介する企業をきちんと把握している点。企業と求職者の双方を理解した上で紹介をするため、企業ごとの選考対策が可能であることが多いです。

それぞれ利用できるサービスや使いやすさが違うため、自分にあったサポートを利用するといいでしょう。

ハタラクティブは、若年層に特化した就職エージェント。
ご紹介するのは、求職者のやる気やポテンシャルを重視して採用している企業が多いため、就職した経験のないたくさんの若者が就職を成功させています。
経験豊富なアドバイザーがマンツーマンで、向いている仕事や、就職に失敗する原因を一緒に考え、内定後まで完全サポート。
応募書類の添削や模擬面接も、企業ごとに対策をしながら行いますので、一人で行う就活よりも就職の可能性がぐっと高くなるはずです。
就活がうまくいかずに悩んでいる人は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    ニートが就職しやすい仕事6選!支援機関でプロの力を借りよう

  • image

    ニートが就職するには?現状から脱出する方法まとめ!

  • image

    ニートの就職活動、まずは何から始めるべき?

  • image

    就職したい方必見!ニートからの就活のポイント

  • image

    仕事をしたい!ニートを卒業する方法と就職のポイント

  • image

    就職したい!ニートから復帰するために必要なこと

  • image

    就職したい!ニートから正社員の事務職になれる?

  • image

    30代ニートでも諦めなくてOK!正社員就職への近道とは?

  • image

    20代のニート・フリーター…就職のチャンスはある?

  • image

    ニートが就活を成功させるには何をすべき?

  • image

    就職したいニートを受け入れてくれる企業はある?

  • image

    30代ニートでも就職できる?正社員になるためのコツ

  • image

    就職したいニートの悩み!ブランク期間の答え方

  • image

    ニートから就職したい!専門学校に通うメリットは?

  • image

    ニートからだと就職できないは嘘!正社員になる方法

  • image

    仕事の探し方を知ることで、ニートから就職できる!

  • image

    ニートから再就職を目指す!就活前にやっておくことは?

  • image

    ニートを卒業して働くには?就職に向けたヒントをご紹介

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?