新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 不動産業界は目指せる?ニートから就職する方法まとめ

不動産業界は目指せる?ニートから就職する方法まとめ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・不動産業界の職種には、営業、管理、企画・開発、事務などさまざまな職種がある
    ・ニートが就活を行うときは、未経験者歓迎求人や学歴不問の求人をチェックし、できるだけ若いうちに行動することが大切
    ・ニートから不動産業界を目指す場合は営業職の賃貸仲介が比較的挑戦しやすい
    ・賃貸仲介の仕事に必須となる資格はないが、運転免許証が必要なケースもある
    ・就職活動を本格的に進めるなら、就職支援サービスを上手に活用しよう

ニートから不動産業界へ正社員就職を目指す場合、「ハードルが高そう…」というイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
一口に不動産業界といっても、営業や企画・開発、事務などさまざまあり、求められる能力はそれぞれ異なります。
当ページでは、「不動産業界」に焦点を絞り、業務内容、応募条件、ニートの方が目指しやすい職種についてまとめました。
不動産業界に興味のあるニートの方は、ぜひ最後まで目を通してください。

◆不動産業界の仕事とは

不動産業界には営業や企画・開発、管理、事務など、さまざまな職種があります。
就職活動をはじめる前に、不動産業界にはどのような職種があり、どんな仕事をするのかについて、詳しくチェックしておきましょう。

【営業】

営業職の仕事で代表的なのは、「賃貸仲介」「売買仲介」「販売営業」「法人営業」の4つ。
賃貸仲介は、お部屋を探しているお客様に対して賃貸物件の紹介を行い、売買仲介は、不動産を売りたい人と買いたい人の間に立ち不動産売買の仲介を行うのが仕事です。
また販売営業は、個人に対して分譲マンションや戸建てなどを販売するのが主な業務。法人営業は、企業を相手に不動産の提案をするなど、規模の大きな案件を扱います。

【企画・開発】

マンションや分譲住宅、ビル、市街地開発などの企画開発を行うのが仕事です。
企画から引き渡しまで一連の流れを担当し、土地の取得、プロジェクトの推進、建物竣工なども行います。

【管理】

ビル、マンションを維持・管理するのが主な業務。テナントの誘致やトラブルの対応など、幅広い範囲の仕事を行います。

【その他】

不動産業界には、一般的な企業にもある人事や事務、経理といった仕事もあります。
業務を円滑に進めたり、効率化を図ったりできるよう、各分野で他職種を支えるのが仕事です。


◆ニートの就職活動のポイント

ニートとは、15歳から34歳までの年齢で、家事や通学、就業、求職活動をせず、職業訓練を受けていない人を指します。
ニートの方の多くは、一度も正社員になったことのない「社会人未経験者」であることがほとんど。
経験が足りない場合、むやみやたらに応募するのは、企業のニーズと合致しないことがあるので効率が良い方法とは言えません。
効果的に就活を行うには、「未経験者歓迎求人」や「学歴不問」の求人に的を絞るのがポイント。
年齢が上がれば上がるほど、採用ハードルも上がる傾向があるため、就職したい気持ちがあるならできるだけ早く行動することが大切です。

また、一度就職した後どうしても避けられない理由で退職し、ニートになる人もいるでしょう。
一定期間の正社員経験がある場合は、その経験を活かして再就職できる場合も。
「ブランク」をマイナスだと感じている人は、ニートをしていた理由について正直に説明し、現在は就業意欲があることを前向きに伝えられるようにしておきましょう。

年齢が若いうちは、就業意欲やポテンシャルを評価する企業は多くあります。
「自分には無理かも…」と悩んでいるうちに採用ハードルが上がってしまっていたということにならないよう、諦めずに挑戦することが就活成功のカギとなるでしょう。


◆ニートでも不動産業界に挑戦できる?

もちろん、ニートの方が不動産業界を目指すことは可能です。
ただし、初めにご紹介したように不動産業界にはいろいろな仕事があり、中には資格や業務経験、実績等を重視するものもあります。
このことを踏まえ、ニートから正社員に挑戦する場合は、特別なスキルや経験がなくても始めやすい職種を選ぶと良いでしょう。

社会人経験がなくても目指しやすいと言われている職種のひとつが「営業職」。
不動産業界の「賃貸仲介(営業)」は比較的需要が高く、スキルや経験がなくても働く意欲があれば評価に繋がりやすいようです。
また、同じ営業職でも「売買仲介」や「販売営業」などは、資格や経験が求められる場合があるため、社会人未経験から目指すのは一定の難しさがあります。
賃貸仲介以外の仕事に興味がある場合は、まずは賃貸仲介として社会人経験や実務経験を積み、徐々にステップアップしていくのもひとつの道です。


◆不動産業界の仕事に資格は必要?

「賃貸仲介」を目指す場合は、特に必須となる資格はありませんが、運転免許証の有無を問われることがあるようです。
仕事の内容によっては、業務上必要になるため、応募する前に募集要項の応募資格欄を確認しておきましょう。

また、将来的に売買仲介や、販売営業、企画・開発などに挑戦したい、就職する前にできる仕事の幅を広げておきたいという人は、国家資格の宅地建物取引士があると有利になることも。
不動産取引をする上では、事業所に一定の割合で宅地建物取引士が必要です。
そのため、宅建士の資格を持っていると、採用の場で優遇されたり入社後に資格手当が支給されたりすることも。
仕事をしながら資格取得を目指す方法もありますが、就職活動の時間に余裕のある方は、就職前に資格取得を検討してみるのも良いでしょう。


◆就職活動をする前にしておきたいこと

ニートからいきなり就職活動をすると、生活スタイルがガラッと変わることにより、心身に負担を感じてしまう人もいるようです。
ニート期間が長く社会人経験がない場合は、まず以下の内容から始めてみると良いでしょう。

・生活リズムを整える
・アルバイト経験をする
・運転免許や資格取得を目指す

ニート生活が長い人は、生活リズムが乱れているケースが多いようです。仕事を始めることで突然生活リズムが変わると、精神的・体力的に疲れてしまい挫折を感じる人も。徐々に早寝早起や食事のタイミングなどを意識することで、少しずつ生活リズムを整えましょう。
また、いきなり正社員になるのはハードルが高いと感じるなら、アルバイトから経験してみるのもおすすめ。短期のアルバイトやシフト制のアルバイトなどを経験し、働くことに慣れておきましょう。
就職活動の実感が沸かない場合は、運転免許証や業務に関連する資格を取得する時間をつくり、就職に対する意識を高めておくのも効果的。
何れも期間を決めて行うことで、ずるずると就活を先延ばしにしないように取り組むことが大切です。


◆本格的に就活を始めるなら

生活リズムが整い、就業意欲が高まったら、本格的に就活をはじめるタイミングです。
とはいえ、個人で一から就職活動を始めるのはなかなか難しいもの。
ハローワークや就活サイト、就職エージェントといった就職支援サービスはどなたでも利用できるため、上手く活用すれば効率よく就活を進めることが可能です。

ハローワークや就活サイトでは、多彩な求人が掲載されているため選択肢が広いのがメリット。反対に、ブラック企業などを自分の目で見分ける必要があるため、就職活動を慎重に進める必要があるのがデメリットと言えるでしょう。
一方、就職エージェントでは、プロのアドバイザーがカウンセリングを行い、求人紹介から内定まで一貫したサポートを受けられます。
求人数はハローワークなどに比べて少なくなりますが、厳選された求人のみを取り扱っているため、効率よく就職活動を進めたい方におすすめです。

一人での就職活動に不安を感じる人は、就職エージェントのハタラクティブを活用してみてはいかがでしょうか。
ハタラクティブでは若年層向けに、求人紹介や就職相談、応募書類作成のアドバイス、面接対策といった就職サポートサービスを提供しています。
社会人経験のない方や転職したい方など、さまざまな立場の方をサポートしてきた実績とノウハウがあるため、一人ひとりに合った支援が可能です。
また、選考のスケジュール調整や企業とのやり取りはハタラクティブが代行。初めて就職活動をする方も安心できるサービスが充実しています。
サービスはすべて無料。就職活動に対して不安を感じている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ