ニートから就職して正社員を目指せる?効率的な就活の進め方などを紹介

ニートから就職して正社員を目指せる?効率的な就活の進め方などを紹介の画像

この記事のまとめ

  • 年齢を重ねるほど採用難易度が上がりやすいため、早めに行動を起こすことが大切
  • 正社員のメリットは「働き方や収入が安定する」「キャリアプランが描きやすい」など
  • ニート経験が長い場合は、就活の前に生活リズムを整えて行動範囲を広げると良い
  • ニートから就職して正社員を目指す前にアルバイトをして働く感覚を体感しておこう
  • ニートから就職を目指す場合、就職支援サービスを受けると効率的に進めやすい

「ニートから就職して正社員を目指したい」と考える方も多いでしょう。ニートから就職して正社員になるためには、早めに行動するのが大切です。このコラムでは、ニートが就職に向けて早めに行動すべき理由や正社員になるメリット、就活前のポイントなどを紹介。また、効率的な就職活動の進め方をまとめています。ニート経験があってもポイントを押さえて就職活動を進めれば、内定獲得も夢ではありません。ぜひご覧ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートから就職して正社員を目指すのは早いほうが良い?

ニートを就職して正社員を目指したいと考えつつも、まだスタートする勇気が出ないということもあるでしょう。しかし、一般的に正社員への就職や未経験の職種への挑戦は、若い方が有利といわれています。では、なぜ若い方が有利に働くのでしょうか。以下で解説していきます。

就職支援サービスによっては年齢制限がある

ニート期間がある場合、就職活動を始めるにあたって利用したいのが、公的機関による就職活動のサポートです。わかものハローワークや若者サポートステーションなど、さまざまなサービスが存在します。しかし、一部のサービスは年齢制限があるため、ニート期間が長引くことで「サポートを受けようと思ったときには遅かった」という事態にもなりかねません。

年齢が若いほど職業の選択肢が多い

20代のうちなら職業の選択肢は多く、30代以降は徐々に応募できる求人が減少する傾向にあります。なぜなら、一般的なキャリアの観点でいうと、20代のうちは経験によって知識やスキルの幅を広げ、30代からは専門性を磨く、という方向付けがされているからです。それだけに、企業側は若い人材を採用する際は、経験よりも人柄や考え方などのポテンシャル要素で評価する傾向があるため、未経験者にもチャンスが多いといえるでしょう。

ブランクが長引くと採用難易度が上がりやすい

ブランクが長引くと採用のハードルが上がりやすいのも事実。企業側はブランクから、仕事に対する意欲があるのか疑問に思うことが多いからです。一般的には3ヶ月以上のブランクがあると、面接で期間中に何をしていたのかについて聞かれることが多いでしょう。回答内容によっては「長く働いてもらえないのでは?」という印象を残してしまう可能性もあるので、十分対策を練る必要があります。

上記の理由から、早いうちに行動を起こすほうが就職のチャンスが多いといえるでしょう。やむを得ない事情でニート状態が続いているという場合を除き、少しでも就職したいという気持ちがあるなら、ニート経験があるからといって就職を諦める必要はありません。自分の状況に合わせて、少しずつでも行動を起こすところから始めてみることをおすすめします。

未経験OK多数!求人を見てみる

ニートから就職して正社員になるメリット

就活に対するモチベーションを高めるのは、行動を起こす上で大切なことです。以下で、ニートから就職活動を始める前に、正社員になるメリットをおさらいしておきましょう。

定年まで働けることが多い

正社員のメリットとして第一に挙げられるのが、安定的に長く働けるということ。雇用期間に定めがないため、企業の経営状態が安定していれば、退職の意思がない限り勤めることができます。

収入が安定している

 

収入面が安定しているのも正社員の大きなメリットの1つです。有給休暇が付与されている場合は、欠勤する際も充てることができます。

昇給や昇格の機会がある

昇給や昇格のチャンスがあるのも正社員の特徴です。自分の頑張りや成果に応じて、適切に評価してもらえることは、仕事のやりがいにも繋がるでしょう。

福利厚生が充実している

福利厚生の適用範囲が広いのも正社員ならではの魅力。有給休暇だけでなく、各種手当や財形貯蓄、人間ドッグ補助など、企業によってさまざまな制度を整えています

キャリアプランを描きやすい

正社員は業務の幅が広く、責任のある仕事を任されます。そのため、着実に経験を積んでいきやすく、将来的なキャリアプランも描きやすいといえるでしょう。正社員として働いた経験は職歴として評価されるため、転職の面でもうれしいポイントといえます。

上記のほか、「スキルアップを図りやすい」「教育体制が充実している」なども、正社員として就職するメリットといえるでしょう。「正社員のメリット・デメリットとは?派遣や契約社員についても解説!」でも、正社員として就職するメリットをまとめているので、あわせて参考にしてみてください。

ニートが就職活動を始めるまでのステップ

ニート期間が1~2ヶ月程度なら、すぐに就活をスタートしても問題ありません。就職支援サービスを活用しながら、早めの行動を心がけましょう。一方、数ヶ月や年単位でニート状態が続いている場合は、就職活動の前に、以下のステップを踏んだほうが良いスタートを切りやすいようです。

規則正しい生活をする

就職活動を始める前に、まずは生活リズムを整えることから始めてみましょう。ずっと家にいると、昼夜逆転の生活を送りがちになりますが、就活が始まったら昼間にやらなければならないことが多くなります。早寝早起きを心がけ、睡眠時間をきちんと確保するようにしましょう。朝型の生活サイクルに立て直すことは、就活を始めるための第一歩です。

家事に取り組む

生活リズムが整ったら、積極的に家事に取り組むようにしましょう。掃除・炊事・洗濯を行い、自分の生活空間を整えることで気持ち良く過ごすことができるはずです。また、生活空間を整えることは体調管理にも繋がるほか、外に出るための土台作りにもなります。実家に住んでいる場合は、家族と相談して担当を決めるのも良いでしょう。小さな達成感を毎日積み重ねることで、自信を取り戻しやすくなります。

外出する機会を設ける

1日のスケジュールに外出する予定も加えてみましょう。散歩や買い物など、どのような理由でもかまいません。外出する機会を持つことで、家に引きこもっていた生活に戻りづらくなります。気分転換の役割もあるので、積極的に外に出てみましょう。

アルバイトを始める

規則正しい生活や外出と並行して、アルバイト探しも行いましょう。長くニート生活を送っている場合、いきなり就職活動をするのは不安を感じるもの。まずは、「働くことに慣れる」というのが大切なので、条件に融通がきくアルバイトから始めてみるのがおすすめです。最初は数日ほどの短期間から始めて、長期のアルバイトに移行すると良いでしょう。ただし、いつまでアルバイトをするのかは、最初に必ず決めておくのが肝心です。フリーター期間が長引くと就活のタイミングも逃してしまいます。「就活の費用が貯まるまで」「正社員求人が多くなる時期に入るまで」など、目的を明確にするとスケジュールも立てやすくなるでしょう。

職業訓練を受ける

もし、スケジュールに余裕があるなら、職業訓練を受けるのもおすすめです。職業訓練には、パソコンスキルや簿記、経理、介護、プログラミングなど幅広いコースがあるので、自分の興味や適性に合わせて選んでみると良いでしょう。また、一定の条件を満たすことで、月額10万円の職業訓練受講給付金と交通費が支給されます。スキルを身につけると求人の幅を広げられるので、必要に応じて検討してみてください。職業訓練については、「職業訓練の種類はどれくらい?受講メリットとハローワークで申し込む方法」でもコースの種類や申し込みの流れなどを紹介しているので、チェックしてみてください。

ニートが就職活動を行う際の効率的なやり方

ニートとして過ごしていると、「就職活動をしたことがない」「経験はあるけれどかなり前」という場合もあるでしょう。就活は最新の情報を基に、効率良く進めるのがポイント。そこでおすすめなのが、以下のような就職支援サービスを利用することです。

ハローワーク

国が運営する機関で、職業紹介事業をメインに行っている公共職業安定所です。求人の紹介をはじめ、窓口における相談や自己分析のサポート、職業訓練の相談受付など、就職に関わるサービス全般を展開しているのが特徴。全国500ヶ所以上に設置され、地域に特化した求人を保有しているため、地元や特定のエリアで働きたいという場合にも、ぴったりのサービスといえるでしょう。また、求職者のタイプ別に設置された施設があるのもハローワークならでは。中でも「わかものハローワーク」は若年層をターゲットに、就職プランの作成や各種セミナーの開催も行っています。

ジョブカフェ

各都道府県が所管する、若年層向けの就職支援サービスです。「自分に合った仕事を見つけるための無料サービスを1ヶ所で受けられる」というのがコンセプト。カウンセリングのほか、就職セミナーや職場体験など、きめ細やかなサービスを実施しているのが特徴です。また、就職が決まったあとも、アフターフォローの一環として面談やセミナーなどを行っているため、職場への定着支援まで受けたい場合は、メリットが大きいといえるでしょう。

就職エージェント

民間企業が行う職業紹介事業で、サービスはすべて無料で受けることができます。提供しているサービスには、ハローワークやジョブカフェと被る部分もありますが、業種や職種に特化した求人を保有していたり、求職者のタイプ別に細やかなサポートを行ったりと、エージェントによってさまざま。自分の状況や希望によって、適切なサービスを選べるのが大きな魅力です。適性診断や求人提案、面接設定など、就職活動で困りがちな部分を丸ごとサポートしてくれるので、初めて就活をするという場合も安心してサービスを受けることができます。

就職活動の経験が浅い場合、履歴書や面接などさまざまな点で不安を感じやすいもの。上記のようなサービスをうまく活用しながら、悩みを一つひとつ解決して就職活動を効率的に進めていきましょう。

ニートから就職して正社員を目指す場合の仕事選びのポイント

ニートから正社員への就職を目指す場合、人手不足の業界や職種を狙って仕事を探してみるのもおすすめです。なかでも介護職や営業職、プログラマーなどは未経験歓迎の求人が多い傾向にあり、採用される確率も高いといえるでしょう。「ニートにおすすめの職業11選!就職するための方法も紹介」では、ニートから就職しやすいおすすめの職業を紹介しているので、仕事選びに悩んでいる方は参考にしてみてください。

「ニートから就職して正社員を目指したいけど、進め方が分からない」「どの就職支援サービスを利用すれば良いか迷う」「自分に合った職場で働きたい」などでお悩みの方は、ハタラクティブの利用がおすすめです。
若年層の就職・転職支援に特化したエージェントのハタラクティブでは、条件や適性に合わせて数ある求人からぴったりのものを提案しています。また、求職者一人ひとりの悩みに、就活アドバイザーがマンツーマンで対応しているので、就職活動をしたことがないという方も安心。最新の企業情報を基にした選考対策も可能です。サービスはすべて無料のため、ぜひお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ