ニートが就職するコツとは?少しの勇気で踏み出そう!

ニートが就職するコツとは?少しの勇気で踏み出そう!の画像

【このページのまとめ】

  • ・年齢が若い方が採用されやすく、求人の選択肢が多い
    ・コミュニケーションが苦手なら、人とのやり取りが少ない仕事を選ぶ
    ・正社員のハードルが高いなら、アルバイトから始めてみよう
    ・派遣社員として働く選択肢もある
    ・ハローワークやジョブカフェなどの支援機関を利用しよう

コミュニケーションの苦手意識やスキル不足…
それらが壁になって就職に踏み出せないニートは多いようです。
しかし、仕事の選び方を工夫すれば、あなたが働ける場所は必ず見つかります。コラムを読んで、就職のコツや支援機関について知りましょう!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

就活は早めに始めることが大事

「いつか就職しなければ…」
そう思っているなら、1日でも早く仕事を探し始めることが大切です。なぜなら、職歴がなくブランクが長いニートの武器となるのは、年齢の若さだからです。
ニートの就職は難しいという声もありますが、世の中に若手を求める企業は多く、特に人手不足の業界では20代のニーズは高くなります。
若い人材には、「仕事を覚えるのが早い」「他社のやり方に染まっていない」「今後の成長に期待できる」といったメリットがあり、職歴がなくても採用したいという企業は珍しくありません。
職場に早く馴染むという意味でも、年が若い方が先輩社員が指導しやすく教育がスムーズでしょう。

 

さらに、年齢が若い方と求人の選択肢が多く、納得のいく仕事を見つけやすくなります。求人の中には「長期勤務によるキャリア形成を図るため」などの理由で、応募できる年齢に上限を設けているものがよくあります。
年齢の上限は30歳、35歳、40歳であることが多く、30歳を越えると仕事の選択肢が減る可能性が出てくるのです。

 

ニートの人は社会に出る勇気がないからと、就職を先延ばしにする傾向があります。しかし、行動を起こすのが早いほど将来の可能性は広がるでしょう。

コミュニケーションが苦手で就職する勇気が出ない…

ニートの中には、人とのコミュニケーションや人間関係を築くのが苦手という人が多いようです。そんな人は、コミュニケーションをとる場面が少ない仕事を探すのが得策。
外で働く以上、完全に人とのやり取りを避けることはできませんが、まずは自分にとって負担の少ない仕事を選ぶことがニート脱出のポイントです。

 

工場勤務は求人が多く、かつ人とのコミュニケーションが少ない仕事の代表例。仕事内容は勤め先によって異なりますが、多いのはベルトコンベアで流れてくる製品を組み立てたり、袋に詰めたりする「ライン作業」と呼ばれる業務です。
作業にかけられる時間が限られるので慣れないうちは大変かもしれませんが、一度手順を覚えれば要領よくこなせるようになるでしょう。業務中は目の前の作業に集中するため、人と話す機会は多くありません。
ほかには、新聞の配達やチラシのポスティングなどの仕事も、業務中に人との会話が少なくコミュニケーションに自信がない人におすすめ。免許があるなら、配送ドライバーも運転中は1人になれる仕事です。

知識・スキルがなくても大丈夫

今までに仕事の経験がなく、「知識がないから仕事ができない…」と就職を躊躇しているニートの人はいませんか?
確かに経歴や技能を前提として募集を行う求人はありますが、世の中には「未経験者歓迎」の求人も多くあります。特に「社会人経験がなくてもOK」などと記載している企業は、最初から高いスキルを求めていません。
採用後に1から教育するつもりで採用を行う企業は多いので、求人に入社後の教育や研修制度について記載がないかチェックしましょう。中には勉強会や費用の補助で資格取得を支援する会社もあります。

 

特に介護業界や建設業界など、人手不足といわれる業界は未経験者の採用に積極的です。
「スキルがないから就職できない」ではなく、「働きながら成長できる企業を探す」という方針で就職活動をしてはいかがでしょうか。

アルバイトから始めてみよう

正社員は雇用や収入が安定しているため、仕事をするならフリーターではなく正社員になるのがおすすめです。ただ、「正社員になるハードルが高くて行動できない」と感じるなら、アルバイトから始めて仕事に慣れていくのが良いでしょう。
アルバイトは職場を家の近くにできること、無理のない日数から働けることなどがメリットです。また、アルバイトを通して、自分に向いている仕事・向いていない仕事を見極められるかもしれません。
引きこもりがちな生活を送っている場合、1日だけの単発の仕事や週に数日のシフトでアルバイトを始めて、仕事をする生活に慣れましょう。

 

アルバイト先によっては「正社員登用制度」を導入している場合もあり、制度を利用すればいずれ正社員になることが可能です。ただ、登用制度はどの職場にもあるわけではないので、求人の記載をよく確認するように。
アルバイト先で正社員を目指すなら、登用の条件について面接の時に確認するのが賢明です。正社員になれる条件は企業によって異なり、一定期間アルバイトとして働けば確実に正社員になれる職場もあれば、試験が課されることもあります。
アルバイトから正社員を目指すのか、最初から正社員求人に応募した方が早いのか、自分に合ったやり方を考えましょう。

派遣社員という選択肢もある

正社員、アルバイト以外の働き方として、派遣社員という選択肢もあります。派遣社員とは、派遣会社に雇用され、派遣先の企業で仕事をする働き方です。
派遣はフルタイムがほとんどですが、その分アルバイトより給与が高いのが魅力。派遣先で悩みを抱えた際に、派遣会社の担当者に相談できることや、派遣先との交渉を代行してもらえるのもメリットでしょう。
正社員として就職するのが難しい大手企業や有名企業で働ける点を派遣の良さとして挙げる人もいます。

 

派遣のデメリットを挙げるなら、契約更新が3ヶ月ごとであるため雇用が安定せず、1つの派遣先で働ける期間に3年の上限があることでしょう。
ただ、派遣には「紹介予定派遣」という制度があります。この制度は、本人と派遣先の企業が合意すれば正社員に登用されるというもので、すでに派遣として職場を体験しているため、登用後にミスマッチが起きにくいのが良さ。
ただし、働きぶりによっては必ずしも正社員になれるわけではない点、正社員ではなく契約社員として雇用される場合もある点には注意が必要です。

就職支援機関についても知っておこう

ニートが就職活動する際は、第三者機関のサポートを得ると成功率が高まります。
以下にご紹介するのは誰でも気軽に利用できる機関なので、自分に合ったものを選んでみてください。

 

ハローワーク

正式名称を公共職業安定所といい、年齢や職歴を問わず誰でも利用することができます。職業紹介のほかに、相談や書類作成の仕方、面接対策のやり方などの指導を受けることもできるでしょう。
全国に550以上設置されているので、最寄のハローワークを調べてください。

 

地域若者サポートステーション

15~39歳の若者を対象に、就職に関する相談やコミュニケーション訓練、協力企業での就労体験など多彩なサポートを実施。厚生労働省に委託されたNPOや法人、株式会社が運営を行い、こちらも全国都道府県(173箇所)に設置されています。

 

ジョブカフェ

正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」ですが、「カフェのように気軽に立ち寄って欲しい」という思いからジョブカフェの通称で呼ばれています。
就職セミナーやカウンセリング、職業紹介など、就職にまつわるさまざまなサービスをワンストップ(1箇所)で受けることができるでしょう。ジョブカフェは全国46の都道府県にあり、その多くは県庁所在地に設置されています。

 

就職エージェント

就職エージェントは、人材を求める企業と仕事を探す求職者をマッチングする民間のサービス。カウンセリングや求人提案、面接日程の調整など、就職に必要な全ての工程を支援しています。
エージェントには、特定の業界に特化していたり、経験のある転職者向けであったり、それぞれ特色があるため、自分に合ったものを選びましょう。

 

エージェントの中でも、ハタラクティブは若年層に特化し、専任のアドバイザーが就活の初歩から指導を行うのが特長です。ハタラクティブには未経験OKの求人が多いため、今までに正社員経験がなくても大丈夫。
カウンセリングであなたの希望や適性を把握し、ぴったりの求人をご提案いたします。

現状から脱却!ニートの就職に関するQ&A

就職への不安を感じていたり、就職成功のポイントを知りたかったりする方もいるでしょう。下記では、ニートの就職に関わるお悩みをQ&A形式で解決します。

 

ニートにおすすめの就職先はある?

労働経験の少ない方には、介護職や工場勤務、IT関連などの仕事が向いています。これらの職種は未経験者を歓迎していることが多く、採用される可能性も高いです。応募の際は求人の募集要項をしっかり確認し、申し込みできる条件が揃っているか、長く働けそうかを総合的に判断しましょう。「悩んでいても始まらない!ニートが会社に就職する方法」には、ニートから就職する方法を詳しく解説しています。

就職への不安を克服するには?

働く自信を身につけるには、興味のある仕事や企業に関する情報を集めることが重要です。仕事に対する情報収集を行えば、働く姿をより具体的にイメージできます。気になる仕事が店舗を構えている場合は、実際に足を運んでみるのも良いでしょう。就職への不安を克服する方法は、「ニートを卒業する!不安を克服するためにできることは?」にも詳しくまとめています。

就職を成功させるポイントはありますか?

就職成功のポイントは、自分の特性や希望条件に合った企業を見つけ出すことです。早めに就職を決定したい場合であっても、焦りから企業選びに失敗してしまうと、早期離職につながる可能性があります。ニートから就職を成功させるコツは、「ニート経験者が就職を成功させるには、企業選びが大切!」をご確認ください。

就職エージェントを利用するメリットとは?

就職エージェントでは、応募書類の添削や希望条件に合った求人のご紹介、面接日の調整など幅広いサービスを行っています。また、企業側の目線に立って必要な情報を提供したり、就職に関する悩みに対応したりすることも。ハタラクティブでは入社後のアフターフォローも行っているので、就職が初めての方でも安心です。就職エージェントのメリットについては、「就職エージェントとは?」に記載しています。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION