新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートが就職するのは絶望的…そう言われて不安な方へ

ニートが就職するのは絶望的…そう言われて不安な方へ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートから就職が難しいといわれる理由は、コミュニケーション能力やストレス耐性などへの不安があるため
    ・ニートになった理由や今後の展望などをしっかり整理し、的確に伝えよう
    ・いきなり正社員になるのが不安であれば、アルバイトや派遣からスタートするのも有効
    ・ハローワークやエージェントなどの就職支援サービスを活用しよう

ニートから就職するのは絶望的…という噂が一部では囁かれていますが、面接でカバーできればチャンスは十分にあります。
今回は、ニートの就職が絶望的だと思われる理由や、それらをいかにカバーするかをメインに解説していくので、脱ニートを考えている方はぜひご一読ください。

◆ニートからの就職が成功しづらいと言われる理由

これからニートを脱出して就職したいと考えている方にとって、一部が唱えている「ニートからの就職は絶望的」という言説は不安になるもの。
何故そのようなことをいわれるのでしょう。
一般的な理由として挙げられるものは、以下のとおりです。

【経歴に不安がある】

基本的に、多くの企業は新卒か経験やスキルのある中途から採用の募集をかけます。
学校を卒業してから空白期間のあるニートの方に対しては、そのブランクから社会人としての素養が備わっているか不安を抱く企業があるようです。
そのため、空白期間が長ければ長いほど、就職に不利になるといわれています。

【ストレス耐性に不安がある】

ストレスは、大なり小なり誰しもが感じるものです。
現在脱ニートを考えている方も、現状に少なからず不安やストレスを抱いているでしょう。
ストレスは誰もが感じるものではありますが、企業としては「ニートになった原因は特にストレス耐性が低いからではないか」という不安を拭えません。
「ストレスですぐに辞めるのではないか」と懸念することもあるでしょう。

【コミュニケーション能力に不安がある】

コミュニケーション能力は、社会に出て働くために必要な要素の1つ。
ニート状態だとどうしても社会と接点を持つ機会が減ってしまうため、コミュニケーション能力が欠如しているという印象を抱かれる場合があります。

上記のような理由で就職がなかなか決まらないというケースがあるようです。
新卒や経験を積んだ転職者と比べると確かにニートは就職に不利かもしれませんが、「絶望的」ということはありません。
諦めずに上記の印象を払拭するための対策を練っておきましょう。


◆就活成功のカギ

先述したように、自分と向き合い、就職活動に向けた対策をしっかり練っておけば、ニートだからといって就職が不可能ということはありません。
まずは、自分のこれまでを振り返り、面接などでニート期間についてきちんと答えられるようにしておきましょう。
そのためには、以下の3点をしっかり考えておくことが大切です。

・何故ニートになったか
・ニート期間中に何をしていたか
・今後のビジョン

ニートになった理由は、今後のためにも明確にしておきましょう。
怪我や病気など、やむを得ない事情の場合もあれば、やりたい仕事が特に見つからないままニートになってしまったという場合もあるかもしれません。
前者の場合は面接でそのまま伝えても問題はありませんが、現在は回復しているということも忘れずにアピールしましょう。
後者の場合はポジティブに変換する、あるいは反省の意を添えるなど、伝え方を工夫する必要があります。

ニート期間中に何をしていたかについては、やむを得ない理由以外は答えづらいと感じる方が多いかもしれません。
しかし、その間に打ち込んでいた趣味などがあれば、それを掘り下げるのも1つの手です。
友人ができた、学ぶことがあった、賞を受賞したなど、趣味を通じて得たものがあるなら、それは立派なアピール材料になります。

そして、上記2つを踏まえた上で、今後のビジョンを展開していきましょう。
どんな些細なことでも、仕事を通じて成し遂げたいことや、どのように成長していきたいかといった展望があれば、それを膨らませていくのが効果的です。

この3点は高確率で面接で聞かれることなので、それぞれしっかりと内容を練っておきましょう。
嘘をつくのではなく、伝え方を工夫する、特に印象的なエピソードを掘り下げていくことが大切です。


◆段階を踏むのも1つの方法

ニートからいきなり正社員になるのは、不安に感じる方もいるでしょう。
そのような場合は、まずアルバイトや派遣など、非正規雇用からスタートするのも有効な手段です。
ただし、あまりその期間が長引いてしまうと、正社員就職への道は遠のいてしまいます。
あくまで正社員に近づくためのワンクッションと考え、期間を決めて自分に無理のない範囲で働きましょう。

アルバイトや派遣も、企業によっては社会保険を完備していたり、高時給だったりと、条件が良い場合もあります。
しかし、昇給や賞与がある正社員と比べると、将来的な収入は下回っていくでしょう。
また、会社の都合で解雇されるリスクが正社員よりも高めです。

アルバイトにも正社員よりも責任が軽く、自由な時間を確保しやすいというメリットはあります。
とはいえ、生涯年収や安定性を考慮すると、最終目標としては正社員がベストであるといえるでしょう。


◆正社員求人の探し方

新卒以外で正社員求人を探す場合は、主に以下のような方法があります。

【ハローワーク】

ハローワークは国が管軸している公共機関です。
全国におよそ550ヶ所以上設置されているため、自分が住んでいる地域のハローワークを利用すると良いでしょう。
ハローワークでは、求人は設置されているパソコンで自分で検索するのが基本になります。
応募したい求人が見つかったら求人票を印刷し、窓口で紹介状を発行してもらうという形式です。
求人検索は自宅で公式サイトからもできますが、Web上には掲載されていない求人もあるため、幅広く探したいのであれば直接ハローワークに出向くのがおすすめ。
悩みや疑問がある場合は相談すれば窓口の職員が対応してくれますが、特別職員からの働きかけがあるわけではないため、基本的には自ら行動する積極性が求められます。

また、ハローワークでは仕事に役立つ資格やビジネスマナーなどに関する講座を無料で受講できる職業訓練も実施。
もし取得したい資格があり、独学では自信がないという場合は、職員に相談してみましょう。

【就職エージェント】

就職エージェントは、民間で運営している就職支援サービスです。
ハローワークと比べると求人数は多くありませんが、企業に事前調査を行って厳選しているため、質の高い求人が揃っています。
また、プロのアドバイザーが個別でヒアリングを行うため、自分の希望に沿った企業を紹介してもらえるのはメリットの1つといえるでしょう。
他にも、面接対策や企業との連絡代行など、多彩なサポートを行っているため、就職活動の経験が浅かったり、ブランクがあったりという方におすすめです。

就職エージェントは、社会経験がない方をメインターゲットとしているものもあれば、転職を望んでいる経験者をメインターゲットとしているものもあるため、自分の希望や経歴に合わせて選ぶと良いでしょう。

ニートやフリーター歴が長く、正社員として就職できるか不安…という方は、ハタラクティブを活用してみませんか?

ハタラクティブは、若年者に特化した就職支援サービスであり、未経験からスタートできる求人が豊富です。
企業に直接取材を行った求人のみ取り扱っているので、入社後のミスマッチなどのリスクが軽減されます。
応募書類の添削や面接対策など、就職活動に必要なサポートも実施しているため、本番でも安心です。
社会経験ゼロから挑戦できる就職支援サービスなら、ハタラクティブにおまかせください!

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ