新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職失敗が人生の終わりではない!内定獲得のポイントやその後の進路を解説

就職失敗が人生の終わりではない!内定獲得のポイントやその後の進路を解説

公開日:

最終更新日:

就職失敗が人生の終わりではない!内定獲得のポイントやその後の進路を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・就職に失敗する原因は、情報不足や応募企業の絞りすぎなど
  • ・就職に失敗してニートになるのは、自信や意欲をなくしたから
  • ・ニートを脱出するなら、生活習慣の改善やアルバイトをしてみよう
  • ・新卒で就職に失敗しても、内定をもらえるチャンスはある
  • ・就職失敗からリベンジする際は、自己分析や企業研究を十分に行おう

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

就職に失敗し、原因が分からず落ち込んでいる方もいるのではないでしょうか。新卒で就職に失敗しても、内定獲得のチャンスはあります。無職期間が短ければ就職の可能性が高まるため、「もう駄目だ…」と諦めず、なるべく早く就活を始めることが大切です。このコラムでは、就職失敗の原因の例や就活成功のコツをご紹介します。就職に失敗し、今後どうすれば良いか分からない…という方はぜひご参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

就職失敗とは?

求職者が就職失敗だと感じるのは、「第一志望の企業に落ちた」「正社員就職できなかった」「内定がもらえないまま卒業した」などといった状況のようです。下記で詳しく確認していきましょう。

第一志望の企業に就職できなかった

自分の第一志望の企業に就職できなかったことを、就職失敗と捉える人もいるようです。しかし、第一志望の企業でしか自分のやりたいことができないわけではありません。もちろん本命企業でなくても、スキルアップしキャリアを積んでいくことは可能です。気持ちを切り替え前向きに働き続けることで、仕事の楽しさを覚え打ち込める可能性もあります。そのため、第一志望の企業に就職できなかったことを「就職失敗」と捉え、就活に対し後ろ向きになってしまうのはもったいないでしょう。

正社員に就職できなかった

正社員への就職が叶わず、派遣・契約社員などの非正規社員として入社した場合、就職失敗と考えてしまう人も少なくないようです。派遣・契約社員の場合、雇用期間に定めがあるという特徴を活かし、「契約満了までにこのスキルを身につける」と、計画的に目標を立ててモチベーションを維持することで成長していけるでしょう。また、契約内容や会社の方針にもよりますが、成果が認められれば正社員登用のチャンスがあることも。そのため、卑屈にならず、前向きな気持ちを持って仕事と向き合いましょう。

内定がもらえないまま卒業した

新卒の就活時に内定をもらえないまま卒業した場合、就職失敗だと感じる人も多いようです。しかし、新卒で内定がもらえなかったからといって、就職できないというわけではありません。詳しくは後述しますが、就職留年をしたり、卒業後に既卒として求職活動を行ったりと、就活を続ける手段はさまざまです。そのため、新卒で内定がもらえなかったからといって「就職に失敗した…」と諦めず、前向きに卒業後進む道を選択していくことが大切でしょう。

就職失敗が人生の終わりではない

就職活動に失敗した際、反省点を明らかにする必要はありますが、過度に自分を責めることはありません。長い人生で失敗は必ずあると考え、経験を糧にして前向きにチャレンジすることが大切です。

「就職は大学卒業のタイミングじゃないと難しいのでは?」と思う人もいると考えられますが、人材確保を目的に既卒(大学を卒業し、正社員経験がない人)を採用する企業は一定数あります。若手を積極的に採用する企業は、基本的に人柄やポテンシャルを重視しているので、なるべく早く就活を始めて内定獲得を目指しましょう。

就職に失敗する人は多い

もちろん、すべての求職者が第一志望の企業に合格したり、正社員として入社できたりしているわけではありません。厚生労働省の調査では、2020年の大卒の就職内定率は69.8%です。10人中3人は就職に失敗していることになります。自分だけが就職に失敗したわけではないと考え、あまり深刻にならず気持ちを切り替えることが、就職成功への近道でしょう。

参照元
厚生労働省
令和2年度大学等卒業予定者の就職内定状況(10月1日現在)

既卒の需要は高い

新卒時に就職できないからといって、その後の就活がうまくいかないというわけではありません。むしろ、既卒の需要は高いとされています。既卒とは、学校卒業後1度も就職経験がない人を指し、はっきりした定義はないものの、基本的には卒業後1~3年の人を指すことが多いです。厚生労働省の調査では、新卒枠で既卒者を募集した企業が2018年時点で69%ありました。また、卒業後の経過期間に上限はないとする企業が増えており、2010年には64%だったのが、2018年には83%にもなっています。
既卒の需要が高い理由は、採用競争の激化により新卒採用だけでは人材を確保しきれない企業側の事情や、少子化の影響で20代の若い人材のニーズが高いという点が挙げられるでしょう。

参照元
厚生労働省人材開発統括官
若年者雇用対策の現状等について

就職に失敗した9つの原因

就職に失敗してしまう人の特徴に、「情報収集不足」「応募企業を絞りすぎる」「理想が高すぎる」などが挙げられます。下記で、想定される就職失敗の理由を詳しく見ていきましょう。

1.情報収集が足りなかった

就活関連や応募企業へのリサーチが足りず、就職に失敗してしまう人も多いようです。就活の際は企業研究が必須で、十分に行わないと面接で企業の基本情報を答えられなかったり、志望動機が曖昧になったりする恐れがあります。面接官から「何か質問はありますか」と言われた際、企業研究が足りず公式サイトに載っている内容を聞いてしまうと、「自社のことを十分に調べておらず、意欲が感じられない」とマイナス評価につながってしまうでしょう。

2.応募企業を絞りすぎていた

「大手企業しか受けない」「希望条件に合う企業が少なかったので、数社しか応募しない」と選択肢を狭めてしまうと、内定獲得の可能性も低くなってしまうでしょう。最初から業界を絞ってしまうと、選考が進まず「自分に合っていないかも」と気づいたときには、他業界の募集が終わっている可能性も。スムーズな企業選びのために希望条件を明らかにするのは大切ですが、優先順位の低いものはある程度妥協するのが選択の幅を広げるコツです。
たとえば、第一志望に近い業界を第二志望として応募したり、銀行が第一志望なら金融業界として保険会社も視野に入れたりすると選択肢が広がります。

3.学歴に頼っていた

学歴に頼りすぎてしまったことが就職失敗につながることもあります。大学名や学校の偏差値をもとに応募者をふるいにかける「学歴フィルター」を耳にしたことのある就活生は多いと考えられますが、「高学歴なら安心」というわけではありません。学歴以外にも、応募者の強みや人柄、ポテンシャルなどを考慮して選考が行われているからです。「◯◯大学卒だから大丈夫」と油断せず、書類選考や面接対策を十分に行って就活に臨む必要があるでしょう。

4.楽観的すぎた

就活をするうえで、選考に落ちたとしても、反省点を生かし次の企業に切り替えられる前向きさは大切です。とはいえ、楽観的すぎる考えを持っていたことで就職に失敗してしまうこともあります。たとえば「履歴書は適当に書いても大丈夫」「面接で話すことはその場で考えよう」など、根拠のない自信による楽観的思考は、採用担当者にマイナスに映ってしまう恐れも。そのため、就活の準備をしっかり行うことによって自信を付け、根拠のある前向きさで臨むことが大切といえるでしょう。

5.準備不足だった

前章で述べたように就活を楽観視し、準備不足のまま就活に挑むと失敗してしまう可能性が高いです。就活では情報収集のほかに、応募書類の記入や面接対策、SPIの予習など、準備すべきことがたくさんあります。これらの準備を怠ったり、計画性がないまま進めたりすると、準備不足による熱意の無さが採用担当者にも伝わり、選考を通過できない恐れもあるので注意が必要です。

6.プライドが高かった

プライドの高さが、就活でマイナスな方向に向かってしまい、結果的に就職できないという場合もあります。自分に自信を持って堂々と振る舞うことは、就活においてプラスに働くことが多いです。しかし、その自信が裏目に出て傲慢な態度になってしまうと、人間性に疑問を持たれ、選考に落ちてしまう可能性も。高学歴の方などは、自分の持つ経歴に誇りを持つあまり高慢な態度になってしまっていないか、今一度振り返ってみましょう。

7.失敗を恐れすぎていた

失敗を恐れるあまり必要以上に慎重な行動になってしまい、他の応募者との差別化が測れず就職に失敗してしまう人もいるでしょう。たとえば第一志望の企業へ入社したい思いが強すぎたために、選考に落ちることを過度に怖がってしまうと、その不安や焦りが態度に現れ「自信が無さそう」「暗い」と見受けられマイナス評価につながってしまうことも。冷静な態度で面接に臨むのは大切ですが、慎重な態度になりすぎた結果、面白みに欠けると判断される可能性も考えられるでしょう。

8.理想が高すぎた

志望企業への理想が高すぎるあまり、就職できない人も見受けられます。たとえば「高収入」「転勤がない」「有給休暇が多い」など、多くの条件を満たした企業を探そうとすると、なかなか見つかりません。どのような企業にも、自分にとって良い面と、譲歩しなくてはいけない面があると考えましょう。

9.年収にこだわりすぎた

前章で述べたように、企業への理想が高すぎると就活失敗という結果につながってしまう恐れがあります。なかでも年収にこだわりすぎるあまり、就職のチャンスを逃してしまうことは多いようです。確かに年収が社会的ステータスとされることも多く、年収が高ければ高いほど豊かに生活できると考える人もいます。しかし収入にこだわりすぎるあまり、実際の企業の事業内容や理念を度外視して就活を行ってしまうのは危険。年収は希望とマッチしていても、実際の業務や社風が自分の適性に合っていない可能性は大いに考えられます。

就職失敗したらその後はどうする?

自分の望む就職が実現しなかった場合、その後どうするべきなのでしょうか。具体的には、「就職浪人する」「既卒として就活を続ける」「契約社員・派遣社員から正社員を目指す」など、さまざまな選択肢があります。下記で詳しく見ていきましょう。

就職留年する

就職失敗後、就職留年して就活を続けることも可能でしょう。就職留年とは、翌年に志望企業に就職できなかった、内定が一つももらえなかったなどの事情で卒業せず、在学しながら就活を続けることです。ちなみに、似た言葉に「就職浪人」がありますが、こちらは卒業後に就活を続けている人を指します。

就職留年のメリット

就職留年の大きなメリットは、自分の就活を振り返り、改善することに集中できる点でしょう。反省点を修正すれば、次の年に前年より選考の通過率が上がるなど、良い結果となる可能性もあります。また、企業研究や自己分析が十分でなく、自分の適性ややりたいことがしっかり定まっていない方は、就職留年の期間を利用してインターンシップに参加するのも良いでしょう。実際に社会人の現場を見て体験することで、自分がやりたいこと、適した仕事が明確になる可能性もあります。就職留年している間に、資格取得や海外への短期留学など、自分を成長させるような経験をしてエピソードをつくるのも有意義です。

就職留年のデメリット

就職留年のデメリットは、費用がかかることです。もう一年大学に留まることになるため、その分の学費を支払わなければいけません。自分自身で払えるのか、両親の援助が必要なのか、具体的にかかる費用を調べて慎重に検討しましょう。また、就職留年について面接で聞かれる可能性が高いため、納得のいく説明を用意しておく必要があります。なぜ留年したのかを明確に答えられなければ「どこにも採用されなかった理由が何かあるのでは」と疑われかねません。具体的な活動や自分を成長させたエピソードを伝えられるよう、実のある時間を過ごすよう心がけましょう。

既卒として就活を続行する

先に述べたとおり、大学を卒業し、既卒として就活する手段もあります。お伝えしたように、若い既卒者の需要は増えているので、前向きな気持ちで前年の反省点を修正し就活を続けていきましょう。ただし、就職留年した場合と違い、新卒採用枠の求人に応募することが難しい場合もあるため、その点は注意が必要です。自分の志望企業が既卒でも応募可能なのか、よく確認しておきましょう。

中小企業にも目を向けるのがポイント

新卒採用時、大企業や知名度のある会社に絞って応募した結果、就職に失敗してしまった
人も多いようです。そのような場合、翌年の就活では中小企業に目を向けてみてはいかがでしょう。視野を広げることで、気づけなかった自分の興味や適性を知る機会になることもあります。また、長い目で見ると、中小企業で得た経験を活かし、大企業に転職できるチャンスもあるでしょう。そのため、長期的なキャリアプランを見越した就活をおすすめします。

フリーターになる

就活に失敗したあと、とりあえずフリーターになり、生活費を稼ぎながら就活を続ける人もいます。しかし、アルバイトをしているうちに、その自由な働き方に満足してしまい、就活がおろそかになることも。長い間非正規雇用を続けると、転職する際に正規雇用されにくくなってしまう恐れもあるので注意しましょう。フリーターでいる期間を明確に定め、「ここまでに正社員就職する」という気概を持って就活に取り組みましょう。

契約社員や派遣社員から正社員を目指す

契約社員・派遣社員から正社員を目指す方法も考えられます。冒頭で述べたとおり、会社によっては契約社員・派遣社員から正社員登用制度を使って正社員就職することも可能です。
また、派遣社員から正社員になることを前提にしている紹介予定派遣もおすすめ。紹介予定派遣なら、一定期間を派遣社員として就業した後、双方が合意すれば正社員になれます。卒業後に契約社員や派遣社員として働くのも一つの手でしょう。

大学院に進学する

大学院へ進学するのも、就職失敗後の選択肢として考えられます。大学院を卒業して就職した場合、会社によっては初任給が高くなることも。また、現在の専攻内容と志望業界の関連性が高い人にとっては、有意義な選択肢と捉えることができるでしょう。ただし、就活しながら大学院の進学も視野に入れる場合、同時並行で大学院の試験勉強もする必要があります。また、学費もかかるので、単に就活から逃げるために大学院を選択するのは避けたほうが良いでしょう。まずは自分が進みたい専攻の応募要項をよく調べて、実現可能な選択肢なのか検討するのがおすすめです。

資格の勉強をする

就職失敗後、志望業種や職種に活かせる資格の勉強に時間を充てるのも一つの手です。面接では、就職失敗後に何をしていたのかを聞かれることがあります。資格の勉強は志望度の高さや熱意をアピールすることになり、評価される可能性が高いでしょう。もちろん、資格の有無だけが選考を左右するわけではないので、平行して企業研究や面接対策などを進めていくことが大切です。

就職失敗後ニートになり引きこもってしまう人も…

就職失敗のショックや挫折感により、引きこもってニートになってしまう人も一定数いるようです。一度引きこもってしまうと、再び外に出る勇気をなくしてしまい、人と会うことも避けがちになってしまったり、生活リズムが崩れてしまったりする恐れがあります。ニートにならないために、「第一志望に受からなくても自分に合った仕事はある」「若さは企業への大きなアピールポイントとなる」と現状を前向きに捉え、就職のためのアクションを続けていくことが大切です。

ニートを脱出するために必要なこと

ニートを脱出するためには段階があります。就職失敗後にニートになってしまった方のなかで、「ニート生活を続けたくない」「なんとか就職したい」と思う気持ちがある人は、「生活習慣の改善」「周囲と関わりを持つ」などニート脱出を図るための方法をぜひ試してみましょう。

生活習慣の改善

ニート生活が続くと、夜型の生活になったり食事のタイミングが不規則になったりするでしょう。生活習慣が乱れると体調を崩しやすくなるほか、働き始めた際に今の生活とのギャップを感じて疲れやすくなります。正社員に就職すると就業時間が固定される可能性が高いです。起床・就寝時間を固定する、朝・昼・晩の食事の時間を決めるなどして、生活習慣を整えましょう。

アルバイトを始める

「働きたいけれど、いきなり正社員になるのは不安…」という人は、自分のペースで働けるアルバイトからスタートするのがおすすめです。アルバイトは未経験からもチャレンジしやすく、基本的に勤務日数・時間に融通が利くのが魅力。アルバイトとして働けば、業務の知識やビジネスマナー、コミュニケーションスキルを磨くこともできるでしょう。

周囲と積極的に話す

就職して働く場合、大小差はあれ、周囲とコミュニケーションを取りながら業務を進めていく必要があります。引きこもっていて、人とのコミュニケーションに不安を覚えていると、ニート脱出が難しくなるでしょう。そのため、まずは家族や親しい友人など、信頼できる周囲の人と積極的に会話を交わし、人と接することに慣れていくのがおすすめです。

就職失敗からリベンジして就職する3つの方法

お伝えしているとおり、正社員として就職するなら、将来性やポテンシャルを評価してもらいやすい若い年代のうちがチャンス。そのため、現在就職したいと思っているならば、早めに行動することをおすすめします。下記では、就職失敗からリベンジして就職するための方法をまとめました。ぜひご参考に、前向きに就活を続けていきましょう。

1.自己分析で強みや働く目的をはっきりする

自己分析は、自分の特徴を把握するために学生時代の勉強や部活動、アルバイトなどを振り返る作業です。自己分析を行えば、価値観や長所・短所、キャリアプランなどを明らかにでき、自分に合う企業・職種を選べるでしょう。
自己分析の大まかな流れは、以下のとおりです。

・学生時代に楽しかったこと、辛かったこと、頑張ったことを書き出す
・各エピソードで取り組んだ内容や生じた課題、解決策、学んだことを書く
・エピソードから共通点を探し、自分の強みや弱み、モチベーションの源泉などを考える

自己分析で振り返ったエピソードは、志望動機や自己PRを作成する際に役立ちます。具体的なエピソードを盛り込めば採用担当者は内容をイメージしやすくなるほか、説得力のある中身になるでしょう。客観的に自己分析できているか不安なときは、家族や友人に自分の強み・弱みなどを聞くのも1つの手。第三者に助言を求める際は、理由も併せて尋ねるとエピソードをまとめる際に役立ちます。

2.企業研究を入念に行う

企業研究は、志望企業について理解を深める作業を指します。以下の手段で企業研究を十分に行えば、数ある企業から自分に合う会社を選択できるでしょう。

<参考にする情報源>
・企業の公式サイト
・OB、OG訪問
・企業説明会
・就活情報サイト
・書籍
・新聞

<調べる内容の例>
・代表取締役の氏名
・企業理念
・設立年
・事業内容
・業績
・社風
・勤務条件
・福利厚生

情報収集が終わったら同業他社と比較し、志望企業ならではの魅力を考えてみましょう。業界での立ち位置や強みを把握しておけば、より具体的な志望動機を作成して熱意をアピールできます。

3.就職エージェントを利用する

就職エージェントは、求人紹介や応募書類の添削、面接対策といった就活支援を行う機関です。「内定をもらえるか心配…」という人も、アドバイザーに相談すれば、就活を熟知したプロのアドバイスをもとに就活ができるため、少しずつ自信をつけて面接に臨めるでしょう。

「既卒向けの求人を知りたい」「人物重視の企業を教えてほしい」という方は、ハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、20代の既卒やフリーターを中心に就職・転職支援を行うエージェントです。ハタラクティブがご紹介する求人は、経歴よりも人柄重視の企業が多いのが特徴。実際に取材している企業のため、具体的な仕事内容や社風を応募前に知れて入社後のミスマッチを防げます。履歴書作成のアドバイスや面接の日程調整といったサポートも行っているので、「就活をスムーズに進められるか不安」という人も安心して就活を進められるでしょう。

自分に合う企業から内定をもらえるよう、ハタラクティブにぜひご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ