土木作業員とはどんな職業?仕事内容や年収などを徹底解説!

土木作業員とはどんな職業?仕事内容や年収などを徹底解説!の画像

この記事のまとめ

  • 土木作業員は、荷物の運搬や重機の運転といった土木工事における作業を担う
  • 土木作業員の求人の多くは経験や学歴を問わないため未経験から挑戦しやすい
  • 土木作業員は体力が求められる仕事

道路や河川の工事現場などでよく目にする土木作業員。作業している姿は見たことがあるけれど詳しい仕事内容は知らない方も多いのではないでしょうか?
このコラムでは、土木作業員の仕事内容や特徴を解説。基本的に学歴を問われず挑戦でき、スキルアップも目指せる仕事です。土木作業員としてキャリアアップするコツについても触れているので、参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

土木作業員とは

土木作業員とは鉄や木材・石などの資材を使って道路や河川の整備など、土木工事を施工する作業員を指します。
土木作業員の仕事は人々の生活の基礎を築くこと。新しく道を作ったり補修したりするだけでなく、自然災害が発生した場合のインフラ復旧工事も担います。私たちの生活環境を整備するために重要な職務であり、やりがいのある仕事といえるでしょう。「建設作業員の仕事内容とは?平均年収や求人の特徴も解説」のコラムもご覧ください。

未経験OK多数!求人を見てみる

土木作業員の仕事内容

土木作業は道路工事を筆頭に河川工事や水道工事など多岐にわたりますが、仕事内容は主に「土木業務」と「機械土木業務」に分けられます。土木作業員の仕事は、現場ごとに求められる作業や技能が異なります。土木工事の種類によって仕事内容が変わることを頭に入れておきましょう。

土工業務

土工業務は人力で行う業務であり、作業現場で必要な土砂の運搬や土の掘削、コンクリートの攪拌作業、地ならしなど力仕事がメイン。重機や機械の入れない場所での作業が多く、安全基準に沿った工事の土台作りを担っています。
専門的な知識や資格がいらないため、誰でも行うことができるのが特徴。未経験で土木の仕事を始めると、土工業務からスタートすることが多いでしょう。

機械土工業務

機械土工業務は、パワーショベルやブルドーザー、クレーンなどの重機を操縦して作業を行います。
重機の操縦には資格が必要なため、機械土工業務を行うには、重機の操縦資格を取得しなければなりません。
機械土工業務は力仕事の土工業務に比べて大きな重機を操作するため、やりがいがあります。さらに重機の操縦スキルが上がると、現場の作業効率も良くなり、重宝される人材になれるでしょう。

土木作業員として就職するメリット

土木作業員は経験や経歴を問わないため、未経験から挑戦できるのが大きなメリットです。また、働くなかでスキルや知識を身につけることで成長につながったり、大きなやりがいを感じたりできるのも就業のメリットといえるでしょう。

未経験から働ける

前述したとおり、土木業務は専門的なスキルや知識が求められないため、経験・学歴不問から挑戦できます。
始めの頃は、荷物の運搬や先輩のサポートなどの簡単な土工業務がメインのため、専門的な作業を任される心配はありません。ただし土工作業は力仕事がメインのため、体力に自信のある方におすすめです。
未経験から挑戦できる他の仕事については、「未経験から就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」のコラムでご確認いただけます。

成長できる

土木作業員の仕事内容は幅広いため、現場ごとに必要な知識や技能も異なり、経験を重ねていくことで成長ができやりがいのある仕事です。
会社によっては、資格取得のために助成金が出る場合もあるため、意欲的にキャリアアップに臨みましょう。

自分の仕事がカタチに残る

道路や河川などの工事を担当する土木作業員。普段目にするあらゆる場所づくりに貢献でき、やりがいを感じることができます。
人や地域の生活を支えることにつながるため、達成感や満足感を得やすいでしょう。

土木の仕事をするうえで知っておくべきこと

土木作業員の仕事は作業内容はもちろん作業環境も影響するため、非常に体力が求められます。また、事務職などに比べると危険を伴う場面も多いでしょう。就業前に、土木作業員の仕事の特徴を確認しておくことは大切です。

体力が必要な仕事

土木の仕事は、言うまでもなく体力作業が中心の仕事。体が資本なので、徹底した自己管理能力が求められます。また、外での作業となるため天候や気温の影響も大きく受けるでしょう。

危険と隣合わせの仕事

土木作業は資材の下敷きや高所からの落下など、危険と隣合わせである工事現場の仕事。夏場は熱中症にも気を付けなければならないなど、自分の身の回りに気を配る必要があります。

雨の日は仕事が休みになることもある

現場にもよりますが、基本的に土木業界は外仕事のため天候に大きく左右される職業です。雨の日は作業を中止にしている会社もあり、雇用契約の内容によっては収入が安定しないこともあるでしょう。
しかし、雨が降ったら毎回休みというわけでなく、雨でも行う作業もあるため、その日の作業内容と天候の組み合わせで決まります。

土木作業員のキャリアアップにおすすめの資格

土木作業員がキャリアアップを目指す場合に有効なのは、資格や免許の取得です。免許を取得することで資格手当が得られ、給料に反映されます。
資格を持っていない場合は土工業務しかできませんが、重機の操縦資格を取得することで機械土工業務に携われ、土木施工管理技士などにキャリアアップすることも可能です。

車両系建設機械技能講習

車両系建設機械技能講習はショベルカーやホイールローダ、ブルドーザーなどの、車両系建設機械を操縦するために必要な資格を取得するための講習です。
作業の目的と使用する機械やアタッチメントによって以下の4つに分類され、指定の指定の教習所で講座を受けます。

・整地・運搬・積込み用及び掘削用
・解体用
・基礎工事用
・コンクリート打設用

講習を受けることで、建設機械についている機械表示のうち機体質量が3t以上の機械を操縦できるようになります。機体質量が3t未満の機械の操縦のみで問題ない人は、「小型車両系建設機械の運転の業務に係る特別教育」受講することでも操縦が可能です。
ただ、機体質量が3t以上の機械を操縦できるようになると、土木作業員としてキャリアアップに繋がります。今よりも高いレベルの工事に挑戦したいと思う人は、ぜひ車両系建設機械技能講習を受講してみてください。

土木施工管理技士

土木施工管理技士は、施工管理技士の国家資格の一つであり、土木工事現場に配置される主任技術者や管理技術者になるために必要な資格です。
業務内容は幅広く、以下のとおりです。

・施工計画の作成
・工程管理
・品質管理
・予算管理
・安全管理

土木施工管理技士は1級・2級に分かれており、受験資格や従事できる役職などが異なるので、受験の際は自分が該当する級を確認しておきましょう。

玉掛け技能講習

玉掛け業務とは、クレーンなどで荷物を吊るす際に、ワイヤーロープなどの用具の準備やフックへの用具の着脱をする作業です。
玉掛け業務を行うには玉掛け技能講習を受講し、合格する必要があり「玉掛け特別教育」と「玉掛け技能講習」の2種類があります。
玉掛け業務はクレーンを操縦する人との連携がとても重要で、業務を安全遂行するにはコミュニケーション能力が必要です。

小型移動式クレーン運転技能講習

小型クレーンは土木作業でよく使われる重機。小型クレーンの操縦は、クレーンの免許を取得していなくても、技能講習を受けることで操縦可能です。
小型移動式クレーン運転講習の受講時間は最長20時間で、講習後には修了試験があります。試験に合格すれば、つり上げ荷量が1トン以上5トン未満の小型の移動式クレーンを操縦できるようになります。

未経験から挑戦できる仕事を探すなら

土木作業員は経験や経歴が問われないため、未経験から挑戦しやすい仕事のひとつといえるでしょう。しかし、体力が必要など人によっては就業が難しい点も。
より自分に合った就職先を探しているなら、転職エージェントであるハタラクティブの活用がおすすめです。
ハタラクティブは、未経験歓迎の求人を含めた求人を持つ就職エージェント。経験豊富な就職アドバイザーがマンツーマンで丁寧にサポートを行うので、はじめての就職でも安心して利用できるのが特徴です。
また、未経験歓迎求人だけではなく、非公開求人も多数ご用意。履歴書や職務経歴書といった応募書類の書き方のアドバイスや添削、番さながらの面接対策を行っているので、安心して就職活動に取り組めます。専任担当者が企業とのやり取りを代行。入社後のフォローもお任せください。

この記事に関連するタグ