新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニート脱出!就職を目指すのにおすすめな支援サービスとは

ニート脱出!就職を目指すのにおすすめな支援サービスとは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートとは、通学や家事を行っていない15~34歳までの非労働力人口のこと
    ・年齢が上がるにつれ、就職は難しくなる傾向があるので、若いうちに就活を始めよう
    ・ニートからの就職をサポートしてくれる支援機関には、ハローワーク、若者サポートステーション、ジョブカフェ、若者正社員チャレンジ事業、就職エージェントなどがある

「このままニート生活を続けていくのが不安…」
そう感じているなら、ニートから卒業してみませんか?
今回のコラムでは、ニートの方におすすめな就職支援機関をご紹介します。ぜひ、参考にしてください。
 

◆ニートとは?

「ニート」という言葉は、イギリスの労働政策での調査報告書の1文「not in education, employment or training」からきています。
「就学」「職業訓練」「就労」のいずれもしていないという意味のこの言葉の頭文字を取り「NEET」と略したのが始まりです。
日本では、通学や家事を行っていない15~34歳までの非労働力人口を指し、「若年無業者」と呼んでいます。
ニートになってしまう理由は、就活の失敗や人間関係のつまづき、家庭環境など実にさまざま。複雑な悩みを抱えている人も少なくありません。

誰にも相談できずに1人で苦しんでいるのなら、第三者のサポートを受けるのがおすすめです。
就職は、若いうちの方が有利に進むのが一般的。年齢が上がるにつれて、管理能力やスキルを求められることが多くなり、未経験での就職は難しくなる傾向があるからです。
一方、柔軟性があり、物事を吸収する力がある若いうちは、成長することを期待して採用に繋がるケースも少なくありません。

就業経験のないニートの方の就職をサポートしている機関は、たくさんあります。
自分に合った支援機関を見つけ、ニート脱出の一歩を踏み出してみませんか?
次の項目から、ニートの方におすすめな就職支援機関をご紹介していきます。

 

◆ハローワーク

「仕事を探すなら、まずはハローワーク」と、考える人は多いのではないでしょうか。
実は、「ハローワーク」というのは通称では、正しくは「公共職業安定所」と言います。職業紹介事業を主体とし、下記のような業務を行っています。
 

【職業紹介】

職業の紹介をはじめ、就職に向けたサポートを提供。窓口では、仕事選びをする上で大切な自己分析や希望条件の設定などについても相談することができます。
求人に応募する際は、応募書類の書き方や面接などのセミナーに参加できるほか、窓口でアドバイスを受けることや紹介状を発行してもらうことも可能です。
ハローワークでは、経済団体や地方公共団体、労働組合などに対して協力を求め、求人の開拓に力を入れています。
 

【職業訓練】

就職に役立つスキルを身につけるための訓練の場を提供。求職者は、テキスト代などの負担のみで受講することが可能です。
都道府県が行うものもあれば、厚生労働大臣の認定を受け、民間訓練機関が実施するものも。雇用保険を受給できない方などを対象にした訓練もあります。
 

【雇用保険】

雇用保険制度の窓口としての役割を担っています。失業した時に教育訓練給付、求職者給付といった失業等給付の受給手続を行う場所として認識している人も多いのではないでしょうか。
また、雇用保険の適用事業に対する被保険者の資格の変更・得喪に関する手続きや、事業主に対する雇用保険制度での各種助成金の支給業務も実施しています。
 

【各種施設の設置】

専修学校、短大、大学などの学生や卒業者を対象とした「学生等職業相談窓口」「学生職業センター」、パートタイムで働きたい人を対象とした「パートバンク」、就職を希望する子育て中の人を支援する「マザーズハローワーク」、専門技術職や管理職を対象に職業相談や求人相談を行っている「人材銀行」といった施設を設置。あらゆる角度から求人者や求職者のサポートを行っています。
設置されている施設については、地域によっても異なるので、事前に調べておくとよいでしょう。

ハローワークは、国が所管しているため、、各種手続きの窓口としても機能しているのが特徴です。

 

◆地域若者サポートステーション

地域若者サポートステーションは、厚生労働省委託の支援機関。通称「サポステ」と呼ばれています。
対象になるのは、働くことに不安を抱える15歳~39歳。就職に関する悩みの相談から職場に定着するまでのサポートを受けることができます。
全国のどこに住んでいても利用ができるよう全ての都道府県に設置してあるのが特徴。厚生労働省が委託した若者支援のノウハウがある株式会社やNPO法人が行っています。
具体的には、下記のようなサポートを受けることが可能です。

・コミュニケーション講座
・ジョブトレ(就業体験)
・ビジネスマナー講座
・就活セミナー(履歴書・面接指導など)
・集中訓練プログラム
・パソコン講座

上記のほか、職場への定着やステップアップなど、就職後の相談にも対応しています。

 

◆ジョブカフェ

正式名称は「若年者のためのワンストップサービスセンター」。若者が自分に合った仕事を見つけるための多くのサービスを、ここ1カ所で無料で受けることができます。
県庁所在地にあることが多くなっていますが、サテライトという出張所を設け、サービスを提供している地域も。カウンセリングや職業紹介、職業体験、就職セミナーなど、さまざまなサポートを行っています。

 

◆若者正社員チャレンジ事業

東京しごとセンターが取り組んでいるこちらの事業は、直近2年以内の職歴が合計1年に満たない29歳以下の方を対象としています。
仕事上の実践的なスキルを身につける手助けを行い、就職・就職後のサポートを実施。具体的な内容は、下記の通りです。

(1)申し込み
(2)事前セミナー…2日間程度
(3)合同企業説明会…実習先のマッチング
(4)実習前セミナー…2日間程度
(5)企業内実習…20日間程度

その後、求人応募という流れになっています。

 

◆就職エージェント

就職エージェントは、民間企業が運営する就職支援機関。専任のアドバイザーが付き、適性や希望に合った求人の紹介から面接対策まで、就職にまつわるあらゆるサポートを受けられるのが特徴です。
人材を求める企業から報酬を受け取る形で運営しているため、求職者は無料でサービスを受けることができます。
各企業によって、サービスや求人に特色があるので自分に合った就職エージェントを見つけましょう。


ハタラクティブは、20代を中心とした若年層に特化した就職エージェント。
キャリアアドバイザーがマンツーマンで、全面的に就活をサポートします。面接の日程調整など、企業とのやりとりを代行しているので、就活に専念したい方におすすめです。
「自分に何が向いているか分からない…」「就活は、何からすべき?」と、悩んでいるなら、ぜひ一度ご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

やりたいことがわからなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたがやりたいことを見つけましょう!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ