50代でも就職できる?ニートを脱出するタイミング

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 50代でも就職できる?ニートを脱出するタイミング

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・40代や50代になると貯蓄が減り、ほとんどの場合働かなくては生活が厳しくなる
    ・就職支援サービスは年齢制限が多いため、年齢を重ねるほど選択肢がなくなる
    ・40代や50代の就活は、自分の希望よりも就職しやすい仕事を優先して探そう
    ・やりたい仕事に就きたいなら、1日でも早くニートを脱出しよう

年齢を重ねるほど、就職先を見つけるのは厳しくなってしまいます。40代や50代で無職の場合、ニート生活から脱出するためにはどうしたら良いのでしょうか。
中には、「職歴がないから」「離職期間が長すぎるから」「手に職がないから」など、さまざまな理由で就職を諦めている人もいるでしょう。しかし、50代無職の人でも就職することは不可能ではありません。
「ニートを脱出したい」「働きたい」と思っている人は、1日でも早く行動に移しましょう。
このコラムでは、ニートのまま50代になった場合の注意点や、50代が働ける仕事などについて解説します。

◆ニートのまま50代になるとどうなる?

近年、40代や50代の無職が増加傾向にあります。正社員経験があってブランクがない人や資格を持っている人でも、年齢を重ねるほど再就職先を探すのは難しいもの。応募条件に年齢に関する記載がなくても、のびしろがある、人間関係を築きやすい、給与を低く抑えられるなどの理由から、年齢が若い人ほど採用されやすいのです。
また、「正社員が無理ならアルバイトとして働こう」と思っても、40代50代のアルバイトを求めている企業は少ないため、採用されにくいでしょう。

40代や50代で無職の人の中には、正社員時代に貯めたお金を切り崩して生活している人もいますが、親の年金を頼りに暮らしている人も多いのが現状です。
しかし、今まで養ってくれた親の介護や治療が必要になることも多く、年を重ねるほど出費はかさむ一方。収入がないと貯蓄が減るばかりなので、近いうちに働かなければならないことは明白です。
それでは、いざ就職しようと思ったとき、どうすれば良いのでしょうか。

◆50代になると就職支援を受けづらくなる

就職は、基本的に年齢に見合った経験とスキルが重視されます。しかし、経験や能力が年齢に見合っていても、50代になると「固定概念が強く柔軟性がなさそう」「成長が期待できない」といった理由で、敬遠されてしまうことも多いのです。
就活が上手く進まないときや、自力で就職するのが難しいと思ったときは、就職支援サービスを活用したいもの。
しかし、サポステやジョブカフェといった行政の就職支援サービス、民間のエージェントなどは、年齢制限があることが多く、50代以降が利用できるサービスはあまりないのが現状です。
40代であれば利用できるサービスはまだありますが、それでも20代~30代と比較するとその数は少なくなってしまいます。そのため、50代無職の人が、就職支援サービスを利用したいと思ったときは、ハローワーク頼りになると言えるでしょう。
さらに、年を重ねるにつれて、職種や待遇は選べなくなっていくもの。ハローワークを利用したからといって、自分の条件に合った求人や、正社員の求人が必ず見つかるとは限りません。
人手が足りない業界は多くあるため、選り好みをせず、紹介された求人には全て応募するという気持ちが必要でしょう。
次項では、50代が就ける仕事について詳しく解説します。

◆50代が就ける仕事とは?

前項で説明したように、50代無職の再就職は簡単なことではありません。
自分が希望する条件や職種に固執せず、柔軟に求人を探すことが大切です。以下では、50代無職が就職しやすい仕事について解説します。

【今までの経験が活かせる仕事】

年齢を重ねるほど、年齢に応じた経験や実績が求められるもの。そのため、前職で得た経験が活かせる仕事を探すと良いでしょう。
長年かけて習得した専門的な知識やスキルがあれば、応募先企業にアピールできるかもしれません。
ただし、企業側は50代の応募者に対して、若手社員の育成ができるような人材を求めていることが多いです。ただ経験があるというだけではなく、目に見える形での高い実績やキャリアがあるほど、就職しやすくなるでしょう。

【ルーティンワークの仕事】

ビルや商業施設などの清掃を行う仕事や、倉庫管理、配達員など、ルーティンワークが中心の仕事もおすすめです。
ルーティンワークは「飽きやすい」「退屈そう」などと思われがちですが、基本的には同じ業務の繰り返しなので、未経験でも働きやすいというメリットも。そのため、年齢に関わらず採用されやすい仕事とも言えるでしょう。

【マニュアル化されている仕事】

製造業や販売業など、業務内容がマニュアル化されている仕事は、働く人自身の能力がそれほど問われません。そのため、50代無職の人でも採用されやすいでしょう。
マニュアル化されている仕事の中には、工場での勤務や、荷物の積み下ろし、棚卸し作業など体力的に厳しい仕事も多くあります。専門的な経験やスキル、高い実績などがない場合は、検討してみると良いでしょう。

【夜間での非正規雇用】

夜間の仕事は、生活リズムが不規則になるというイメージからあまり人気がなく、常に人材が不足しがちです。
「就職がなかなか決まらない…」「とりあえず働きたい」という人は、夜間の非正規雇用に注目してみると良いでしょう。
コンビニやスーパーのレジ打ちをはじめ、商業施設や病院、工事現場の警備員、漫画喫茶、レンタルショップなど、夜勤バイトを募集している職種はさまざまあります。
夜勤のバイトは深夜手当がつくため、昼のバイトに比べて稼ぎやすいというメリットも。職種や立地によっては、それほど忙しくない仕事もあります。

◆興味のある仕事に就きたいなら早めの行動を

50代無職での再就職は不可能ではありませんが、とても難しいものです。企業側は、50代以降の人を採用しても実際に働ける期間が短いため、採用や育成にかけたコストを失ってしまうというリスクを伴います。
「気になる仕事がある」「ニートを脱出したい」という人は、1日でも早く就活に踏み出したほうが良いでしょう。
20代や30代の間に就活を始めれば、自分の希望する職種に就くことも夢ではありません。特に、社会人経験がない人は、すぐに行動に移したほうが良いでしょう。

また、ニート期間が長引くほどモチベーションが下がってしまい、就活を始めるキッカケもつかめなくなってしまいます。年齢が若いほど、活用できる就職支援サービスも多いため、自分に合った仕事にスムーズに就けるでしょう。

◆就職支援サービスにはそれぞれ特色がある

できるだけ早くニートから脱出するためには、就職支援サービスを活用するのが良いでしょう。
1人で就活を進めていると、モチベーションを保つのが難しかったり、希望に合った求人を見つけられなかったりすることも。
就職支援サービスは、求人探しをはじめ面接対策、応募書類の添削などを行っています。エージェントによって、専門職向けのサービスや若年層向けのサービス、フリーター・ニートを対象にした支援など特色が違うため、自分に合ったサービスを探してみるのも良いでしょう。
特にニートからの就職は難しいので、それに特化したサポートを受けられるエージェントがおすすめです。

若年層向けの就職・転職エージェントであるハタラクティブでは、正社員の経験がない人や、ブランクがある人の就活も、専任のアドバイザーがきめ細やかにサポートしています。
未経験OKの求人や、求人サイトに掲載されていない非公開求人も多く有しているのが特徴。面接日や入社日の調整も代行しているため、効率的に就活を進めることが可能です。
入社後は、アドバイザーが定期的に連絡するなど、アフターフォローの体制も整っています。
ニート脱出を考えている人や、就活をスムーズに進めたい人は、お気軽にハタラクティブにご相談ください。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ