ニートから正社員へ!就職エージェントの活用方法まとめ

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートから正社員へ!就職エージェントの活用方法まとめ

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートにおすすめの就活ツールは、就職サイトか就職支援サービス
    ・就活をはじめる前に、生活習慣の見直しをしたり、就活の目的を考えたりしよう
    ・初めての就活は、自分に合った就職支援サービスを活用するとスムーズ
    ・民間の就職エージェントを利用する場合は、自分の状況に合ったものを選択しよう

初めて就職活動を行う場合、気になるのは就活サイトやハローワーク、就職エージェントといった就職支援サービスなのではないでしょうか?
このコラムではニートの方向けに、就職活動のコツや注意点、エージェントの種類や活用方法などを詳しくまとめています。
これから就活を始める方、就職が上手くいかず困っている方は、ぜひ当ページをご覧ください。

◆ニート向けの就活ツール

ニートから正社員就職を目指す場合、気になる企業のWebサイトを一つひとつ検索し、採用情報を確認する…という人もいるでしょう。
しかし、この方法は企業探しから選考スケジュールの調整まで、全ての工程を自分で行う必要があり、効率の良い方法とは言えません。
効率よく就職活動を行うなら、以下の2つのツールを活用するのがおすすめ。まずは自分にとってどんな就活方法が適しているのかチェックしてみましょう。

【就職サイト】

就職サイトには、多くの企業から沢山の求人募集が集まっています。掲載にはお金がかかるのが一般的であるため、大企業はもちろん、中小企業の中でも優良企業の求人が多いのが特徴です。年齢や職種、勤務地といった条件を絞って検索することができる他、企業ページには募集要項だけでなく、事業内容や規模、特徴などの企業情報が記載されているので、企業探しの一連の流れが就職サイト上で一通り行えます。Webサイトによっては、自己分析や企業研究、面接対策の仕方についてまとめてあるため、参考にすることもできるでしょう。

【就職支援サービス】

就職支援サービスには、ハローワークや民間の就職エージェントなどさまざまな種類があります。ハローワークでは窓口の職員、就職エージェントでは就活アドバイザーへ就職に関するあらゆる相談ができるのがメリット。また、就職支援サービスを通して応募することが可能なため、選考までの流れがスムーズです。サービスによっては、応募書類作成や面接対策に関するセミナーやアドバイスといったフォローもあります。就職活動に不安がある、わからないことが多いという人は、就職支援サービスを活用するのがおすすめです。


◆就職活動のコツと注意点

ニート状態からいきなり就職活動をするのは、今までの生活とのギャップを感じやすいため注意が必要です。
就職活動を始めるときは、次のポイントを確認しておきましょう。

【生活習慣を整えて体調を万全にする】

ニートの方の中には、夜型の生活が中心…食事のタイミングがバラバラ…という人も多いようです。就職活動を行う際は、企業の就業時間に合わせて選考スケジュールの調整や問い合わせなどのやり取りを行う必要があります。生活リズムが乱れている場合は、一般的な企業の就業時間に合わせ、早寝早起きや1日3回の食事を心がけると良いでしょう。生活習慣を整え、健康状態を万全にしておくことが就活の第一歩です。

【就活の目的を持つ】

ただ漠然と「就職しなきゃ…」と考えているだけでは、応募書類作成や面接の場で自分の考えを伝えられず困ってしまう恐れがあります。まずは、何のために就職するのか、就職したらどんなことをやってみたいのか、将来どうなっていたいのかなどを具体的に考え、箇条書きで簡単に書き出してみましょう。目的意識を持つと、就活のモチベーションにも繋がります。

【アルバイトから慣れてみる】

すぐに正社員になるのは不安…と感じるなら、アルバイトから労働に慣れてみるのも一つの方法です。アルバイトは、基本的な業務を経験できるほか、スタッフ同士やお客さまとの関わりからコミュニケーション力が身につきます。また、シフト制のアルバイトなら、勤務時間や勤務日数を選べるため自分のペースで働くことができるでしょう。アルバイト経験のある人は派遣社員からスタートしてもOK。勤務先の正社員登用制度がある場合は、試験などをクリアすれば非正規雇用から正社員になるチャンスもあるでしょう。


◆初めての就活におすすめの就職支援サービス

このページでは、就職サイトと就職支援サービスの2つのツールをご紹介しましたが、就活に慣れていないときは、複数の手段を利用するとかえって混乱するかもしれません。就職活動初心者は、下記にご紹介する就職支援サービスのいずれかに絞って利用してみてはいかがでしょうか。

【ニート向けの就職支援サービス】

・ハローワーク

ハローワークは「公共職業安定所」の愛称で、厚生労働省が設置する行政機関。年齢問わず利用できます。利用できるサービスは、就職相談や職業紹介、就職セミナー、職業訓練など。求人探しは、設置されている求人情報提供端末で自分で行います。地域の企業に強く、取り扱う求人数が多いのがメリットですが、悪条件のブラック企業や募集が終了しているカラ求人などを見極める必要がある点はデメリットに感じることもあるでしょう。

・ジョブカフェ

都道府県が所轄する「若年者就業支援センター」のこと。ハローワークにジョブカフェが併設されていることもあります。誰でも利用できるハローワークとは違い、ジョブカフェの対象者は34歳までの若年層。ワンストップサービスで、地域の特性を活かした職業紹介、就職相談、就職セミナー、職場体験などを行っています。

・民間の就職エージェント

民間のエージェントでは、カウンセリングから就職までトータルサポートを受けられるのが特徴。ハローワークやジョブカフェに比べ、求人数は少なくなるものの、信頼のおける求人を揃えているエージェントが多いため安心感があるでしょう。サービス内容は、就職相談、求人紹介、応募書類・面接対策、企業とのやり取り代行など、エージェントによってさまざま。自分に合った就職エージェントを選ぶと良いでしょう。

ハローワークやジョブカフェは無料で利用可能ですが、民間のエージェントの中には有料のところもあるので注意が必要。
とはいえ、ほとんどのエージェントは無料で利用できるため、サービス内容の合う・合わないを基準に就職支援サービスを選ぶと良いでしょう。
多くの求人から応募先企業を探したいならハローワークやジョブカフェ、手厚いサービスで全面的に就職をバックアップしてもらいたいならエージェントがおすすめです。次項では、エージェントの選び方をご紹介します。

◆就職エージェントの活用方法

エージェントによって得意とするジャンルが異なります。どれを選んでも大丈夫という訳ではないので、自分の状況や目的に合ったエージェントを選びましょう。

【エージェントの種類】

・転職エージェント
・就職エージェント
・新卒向けエージェント
・若年層向けエージェント
・ニート、フリーター向けエージェント
・業界特化型のエージェント(アパレル、IT、金融など)

エージェントにはあらゆる年齢、業界、職種に対応した総合型のエージェントをはじめ、新卒や第二新卒、既卒、フリーターといった状況に特化したエージェント、そしてアパレル業界、IT業界、金融業界といった業界特化型のエージェントなど、多彩な種類があります。ニートから就職を目指すなら、ニート向けのエージェントや若年層向けのエージェントを探すと効果的に就職活動ができるでしょう。

就職エージェントのハタラクティブは、20代を中心に就職支援サービスを提供しています。
専任の就活アドバイザーが行うマンツーマンの就職相談をはじめ、求人紹介、応募書類の添削、面接対策、選考スケジュールの調整などを行い、就職活動をフルサポート。社会人経験が全くない方、短期間で離職してしまっている方など、どなたでも利用しやすいのが特徴です。一人での就活に不安を感じている方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください。



関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ