ニートで目指せる職種を知ろう!求人は何を確認すべき?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニートで目指せる職種を知ろう!求人は何を確認すべき?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・営業や介護職は未経験歓迎求人が多く、ニートの人が目指しやすい
    ・「未経験歓迎」「実務経験不問」の求人に注目しよう
    ・1人の就活は挫折しがちなので、支援機関を頼るべき
    ・仕事探しと同時に生活リズムを整えることが大事

「ニートが正社員になるのは難しい」
世の中にはそんな声もありますが、ニートから正社員になることは可能です。
コラムでは働いた経験がなくてもチャレンジできる職種をご紹介するので、就職活動の参考にしてください!

◆ニートから目指せる職種の例

人手不足の業界や未経験歓迎求人が多い職種を狙えば、ニートであっても採用の可能性が高まります。
以下にそのような職種の例をご紹介していきましょう。

【営業職】

営業はどの業界のどんな企業にもある職種であり、常に求人数が多いのが特徴です。その中には未経験者を歓迎する求人もあり、ニート経歴があっても応募できるでしょう。
営業職はお客様との会話が仕事なので、話し好きな人や初対面の人に抵抗がない方に向いています。ただし、未経験からスタートする場合は最初から上手いトークができる必要はありません。経験を重ねながらスキルを身につけ、一人前になっていきます。

【介護職】

急速に進展する高齢化により介護のニーズは高く、介護業界は慢性的な人手不足といわれます。そのため未経験者を受け入れている施設や事業所は数多く、営業職と同様に求人を探しやすいのが介護職です。
基本的に介護の仕事には資格が必要になりますが、入社後に働きながら資格がとれるように支援する企業も多く、そのような職場では1からの指導で仕事に慣れることができるしょう。
介護職は入浴や寝返りの手伝いで相手の体を支えることがあり、体力的に大変と感じるかもしれません。ですが、「ありがとう」と直接感謝されるやりがいがあり、誰かを助けているという実感を持てる仕事です。

【プログラマー】

IT技術の成長やネット、スマホの普及により、IT業界は著しい成長を遂げた業界です。今後も発展が見込まれるIT業界では働き手を求める声が大きく、未経験者向けのプログラマー求人が見つかるでしょう。
プログラマーとは、プログラム言語を使ってコンピューターのシステムをつくる仕事のこと。Webプログラマーやゲームプログラマーなどの種類があります。常にパソコンに触れているので、パソコンが好きな人、趣味でプログラミングをした経験がある人に向いているのではないでしょうか。

【工場などの作業員】

工場の仕事には、製品の組み立てや検品を行うライン作業や機械のオペレーション、荷物を運搬するフォークリフトなどさまざまな種類があります。
その中でもライン作業は一度手順を覚えれば複雑な仕事は少ないため、未経験歓迎求人が多く見つかるでしょう。アルバイトの募集が多いようですが、働くことに慣れるという意味では良いかもしれません。
工場勤務は仕事中の会話が少ないので、「人と関わるのが苦手…」という方がチャレンジしやすい仕事です。

◆求人を探す時に見るべきポイント

職歴がないニートの人が求人を探す時は、「未経験者歓迎」「実務経験不要」といった記載に注目しましょう。経験者向けの求人に応募しても採用されないため、求人が「誰を対象としているか」を見極めて効率的に仕事を探します。
未経験者歓迎求人で、なおかつ教育制度や研修についての記載があると、仕事を丁寧に教えてくれる環境があると予想できます。もし、資格を持っているならその資格を活かせる仕事を探すと、選考で有利になるかもしれません。

求人を見る時は給与や仕事内容だけだなく、休日や福利厚生などその他の条件についてもしっかり確認しましょう。「条件のことは聞きづらい」と思うかもしれませんが、不明点は面接で質問して明らかにし、納得した上で入社を決めることが大切です。
入社後に「こんなはずではなかった」という事態を防ぐためにも、労働契約を交わす前に勤務条件をきちんと頭に入れるようにしてください。

仕事に応募する時には、その仕事が自分に向いていそうか、適性がありそうかを考えることも必要です。仕事選びには、自分に向いているか、得意なことを活かせそうか、という視点が欠かせません。
自分の適性、つまり向き不向きを知るには、就活前に自己分析をすると良いでしょう。自己分析とは、これまでの人生(経験)を振り返って、自分自身を見つめなおす作業のこと。特に主体的に取り組んだ活動について、なぜその活動をしようと思ったのか、どんな課題をどんな方法で乗り越えたのか、経験から何を学んだのかを振り返ります。
その振り返りの中から自分の強みや弱み、大切にしている価値観やモチベーションが上がる瞬間を探り、向いている仕事を見つけるヒントにしましょう。
振り返る経験は紙に書き出すと整理・理解しやすくなります。また、家族や友人に自分について尋ねることでも、新しい発見があるかもしれません。

◆就職エージェントの助けを借りよう

ニートの就活は1人では心細く、不採用が続くと途中で挫折してしまう人も多いようです。そんな事態を防ぐには、やはり就職に詳しいのサポートを受けるのがおすすめ。
世の中に若者の就職を支援するサービスは多く、ハローワークや都道府県が運営するジョブカフェ(若年者のためのワンストップサービスセンター)、厚生労働省委託の支援機関である地域若者サポートステーションなどが例として挙がります。

民間のサービスとしては就職エージェントがあり、エージェントでは専任の担当者が1対1で求人提案や面接対策、企業との交渉などを行ってくれます。
就活が初めての人には、書類の書き方や面接のマナーなど、初歩的なステップから丁寧に指導してくれるでしょう。エージェントには若者向け、経験者向け、特定の業界に特化しているなどそれぞれの特徴があるため、自分に合ったサービスを選ぶのがポイントです。

◆生活を変えることを意識しよう

ニートの方が就活と同時に取り組みたいのが、生活習慣の改善。学校や仕事がないニートは起床時間が自由に決められ、夜型の生活になりがちです。
ですが、就職すれば朝出かけて夜帰宅する生活が基本。お昼前に起床する生活は続けられません。就職後いきなり生活リズムを正すのは大変なので、仕事が見つかる前から起床・就寝時間を少しずつ早めていくように意識しましょう。
食事の時間が不規則という場合、3食を決まった時間にとることでも生活リズムが整います。朝起きたらすぐに着替えて散歩に出かけるなど、毎日の習慣をつけることでも生活が整ってくるでしょう。
家に引きこもりがちなニートは、外出の抵抗感をなくすためにも近所を散歩するのがおすすめです。ニートは体力が落ちていることが多いですが、散歩は適度な運動効果が期待でき、気分転換にもなります。
体を動かすと気持ちが前向きになるので、家の中でも掃除などの家事を行い、生活の中から自分を変えていくと良いでしょう。

未経験から働ける求人をお探しの方は、若年層に特化した就職エージェントであるハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは経験豊富なカウンセラーがあなたのお話をお聞きし、向いている求人をご提案。就活が初めての方には丁寧な書類・面接対策の指導を行い、面接前の準備を万端にいたします。
相談だけのご利用も歓迎しているので、「就職するか迷っている…」という方もまずはアドバイザーと話をしてみませんか?
なお、ハタラクティブのサービスは全て無料ですので、ぜひお気軽にご利用ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ