一人暮らしにかかる費用とは?フリーターの年収でも可能?

フリーターの年収で一人暮らしできますか?

フリーターでも一人暮らしは可能ですが、年収200万程度だと生活は厳しいものとなるでしょう。ゆとりのある暮らしを維持していくためには、徹底した節約をするか、場合によっては収入を上げる必要があります。

未経験OK多数!求人を見てみる

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

一人暮らしにかかる費用とは?フリーターの年収でも可能?

「一人暮らししたいけど、生活費はどのくらい必要?」「フリーターの収入でも可能?」と気になる方は多いのではないでしょうか。職種や業界にもよりますが、フリーターの年収で一人暮らしは可能です。しかし、余裕のある生活を送るためには、ある程度節約する必要があります。このコラムでは、一人暮らしにかかるおおよその費用や節約方法などをまとめました。

一人暮らしでかかる費用

「一人暮らしをしたい」と思っても、フリーターの年収で生活が続けられるのか、どのくらい余裕が持てるのか、心配になる人も多いでしょう。特に、光熱費や生活費はどのくらいかかるのか、一人暮らしの経験がない人には想像しにくいもの。自分の収入で一人暮らしができるかどうかを判断するために、事前に毎月かかる最低限の生活費や税金などを計算しておきましょう。一人暮らしに必要なおおよその生活費用は、以下のとおりです。

・家賃 50,000円
・光熱費 10,000円
・通信費 15,000円
・食費 30,000円

家賃や光熱費は住む地域によっても変わります。一般的に、家賃は地方だと約3~4万、首都圏では6万以上かかる場合が多いでしょう。また、上記の内訳から、家賃を5万円に設定しても、一人暮らしに必要な生活費は毎月10万円程度かかることが分かります。フリーターの場合は、人によっては国民年金や国民健康保険料を支払う必要もあるので注意しましょう。

自分の収支を見直そう

毎月の収入が16万程度だとすると、年収は約200万です。国民年金や保険料を支払うと、手取りの収入としては約13万円という場合も多いでしょう。前項で説明したおおよその生活費と比べてみても、年収200万だと生活を維持するのはギリギリだといえます。一人暮らしはできますが、衣服を買ったり、外食をしたり、遊びに行ったりすることを考えると、貯金までは難しいということも。上記の内訳を参考に節約できる部分は削りましょう。年収200万円で貯金がいくらぐらいできるか気になる場合は、「年収200万円で貯金はいくらできる?」のコラムでも紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

一人暮らしでゆとりのある生活をしたいなら

前項で説明したように、年収200万でも一人暮らしはできますが、貯金や娯楽に使えるお金はあまりないのが現状です。ゆとりのある生活をするためには、生活費を節約する必要があるでしょう。すぐにできる節約方法には、主に以下のものがあります。

固定費を減らす

まずは、毎月必ず支払う固定費の見直しを行いましょう。多少金額の変動はあっても、家賃や通信費など必ず毎月出ていくお金です。その中でも特に重要なのは家賃。額が大きいため、部屋探しはよく考えて決めることが大切です。立地だけではなく、オートロックや風呂トイレ別、部屋数、築年数など、あまり希望を盛り込みすぎないようにしましょう。また、新居の契約時に必要な敷金礼金は、家賃の1ヶ月分としている物件が多いため、家賃が高いほど初期費用が高くなります。

家計簿をつける

毎月家計簿をつけることで、自分が何にいくら使っているかを把握することが可能です。無駄遣いをしていないつもりでも、書き出してみることで不必要な支出を見つけられる場合も。家計簿は、専用のノートなどを買わなくても、大学ノートや家計簿アプリを利用すれば手軽に始められます。

上記のほか「外食をしない」「貯金のお金を先取りしておく」「光熱水道費を節約する」などの方法もおすすめです。「フリーターの一人暮らしは貯金できない?必要額や節約方法をご紹介」では、一人暮らしに必要な費用や節約方法などを紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

フリーターでの一人暮らしが不安なら正社員を目指すことも検討しよう

上記のように節約をしてみても、収入が一定以上なければ限界があるもの。ゆとりのある生活を送りたいなら、フリーターで一人暮らしをするよりも、思い切って正社員を目指すのが賢明です。「フリーターから正社員になるには?就職活動の基本や受かりやすい求人を紹介」では、フリーターから正社員になるための方法を紹介しています。フリーターと正社員の違いや生涯賃金の差などもまとめているので、あわせて参考にしてみてください。

「一人暮らしをしたいけど、費用がどれくらいかかるのか分からない」「フリーターの収入では不安だから正社員への就職を目指したい」などとお悩みの方は、ハタラクティブに相談してみませんか。
若年層の就職・転職支援に特化したハタラクティブでは、フリーターの求職活動もサポートしています。専任の就活アドバイザーがつき、マンツーマンでカウンセリングを実施。求職者一人ひとりの希望や適性に合わせた仕事の提案をはじめ、応募書類の添削や面接対策も行っているため、就活が不安な方でも安心して取り組めるでしょう。サービスはすべて無料で利用できるので、まずはお気軽にご相談ください。

この記事に関連するタグ