未経験から事務職に転職するには?仕事内容や必要なスキルなどを解説!

未経験から事務職へ転職できますか?

未経験から事務職へ転職することは可能です。しかし、人気のある職種のため、経験者が優遇されることも。アルバイトから始めたり、事前にPCスキルを習得しておいたりすると、採用率が高まるでしょう。アピールできる要素を備えておくことが、内定獲得の近道です。

就活アドバイザーに詳しく聞いてみました!

未経験から事務職に転職するには?仕事内容や必要なスキルなどを解説!

「未経験で事務の仕事はできる?」と気になる方もいるでしょう。事務職は人気が高い職種のため、応募者が多かったり経験者が優遇されやすかったりすることも。そのため、強みを身につけておくことがポイントです。このコラムでは、事務職の仕事内容や種類について就活アドバイザーがお答えします。転職を検討している方はぜひご覧ください。

未経験から事務職に転職できる?

結論から言うと、未経験から事務職に転職することは可能です。事務職には「未経験可」の求人が多く、幅広い方が応募できます。また、特別なスキルや資格なども必要ないため、挑戦しやすいのも特徴です。しかし、事務職は人気のある職種であることから応募者が多く、採用倍率が高い傾向にあります。さらに、教育コストの削減から、経験者が優遇されることも少なくないようです。未経験から事務職への転職を成功させるためには、内定を勝ち取れるようなアピールポイントを用意しておくと良いでしょう。

事務職とは

事務職とは、書類作成やデータ入力、ファイリング、電話応対といった業務全般を行う職種。主にPCを使ったデスクワークがメインですが、社内のメンバーや来客対応などで人とコミュニケーションを図る機会も多い仕事です。業務内容は企業規模によって異なるものの、社員をサポートし、会社を正常に機能させるうえで必要不可欠のポジションといえるでしょう。

事務職の主な種類と仕事内容

ここでは、事務職の種類やそれぞれの仕事内容について解説します。同じ事務職でも配属先によって仕事内容が大幅に異なる場合があるので、以下を参考に興味・関心のある事務職を探してみましょう。

一般事務

一般事務は、書類管理やファイリング、郵便物の手配、電話・来客対応などを行う仕事です。また、書類作成やデータ入力、伝票処理などPCを使った作業をメインに行う事務職は「OA事務」とも呼ばれます。昨今ではPCを使用する仕事が一般的であるため、すべての業務を担うポジションを「一般事務」と表して求人を出す企業も多いようです。

営業事務

営業事務は、営業に必要な見積書や発注書などの作成、自社商品の管理、電話対応などを行います。営業職のサポートが仕事になるので、営業部門に配属されるのが基本です。事務作業とはいえ、会社の売上に関わるため、やりがいを感じられるでしょう。

人事・労務事務

人事・労務事務は、人事部が担当する業務に付随する書類作成や事務手続きなどを行います。主な内容は、採用や退職などの各種手続き、給与支払などです。求人には「人事アシスタント」として掲載されていることもあります。仕事を通して人事に関する専門的な知識が身につくので、人事のスペシャリストとして新たなキャリアを築くことも可能です。

法務事務

法務事務は、会社に関わる法的な事務作業を担う仕事です。登記や不動産、取引先の企業や顧客などと交わす公的文書の確認・管理を行います。また、労災関連や顧問弁護士とのやり取りなどもあるようです。法改正時は、業務内容や就業規則、社内規定の見直しなどを行うのも労務事務の仕事。事務職とはいえ、会社を推進するポジションとして重要な役割があります。

事務職に求められるスキル

事務職をするうえで、取得必須な資格は特にありません。しかし、事務の仕事で求められるスキルは事前におさえておきたいもの。以下の内容を参考にして、転職活動に挑みましょう。

PCスキル

文書作成やデータ入力などをメインとする事務職にとって、一般的なPCスキルは欠かせません。WordやExcelの基本操作はもちろん、キーボードのブラインドタッチができることもポイントです。また、企業や事務職の種類によっては、業務内容に沿ったソフトを使用することも。入社後、新たに操作方法を覚える可能性があることも認識しておきましょう。

一般的なビジネスマナー

事務職に転職する際は、最低限のビジネスマナーを身につけておきましょう。事務職は、社内のみならず社外の人と関わる機会も多い職種です。自信がない場合は、民間企業が運営するビジネスマナー研修を受けるのも一つの手。独学で進めるよりも、実際に会場へ出向いて実践できる方法がおすすめです。

コミュニケーションスキル

事務職の仕事は社内のメンバーと関わる機会が多いため、コミュニケーションスキルは必要不可欠です。「挨拶をきちんとする」「相手の話を最後まで聞く」「否定から入る話し方をしない」など、普段の生活から意識的に取り入れてみましょう。コミュニケーションスキルについて学べる研修やセミナーもあるので、自信のない方は利用してみてください。

精度の高い作業

事務職に求められるのは「正確性」です。事務の仕事では、基本的に社外秘の重要な内容を取り扱うことになります。書類作成やファイリング、データ入力など、社内で行われている業務をまとめる際、不備があっては元も子もありません。細心の注意を払いながら、丁寧な作業ができるよう心掛けておきましょう。

事務職に必要な資格はある?

事務職へ就く際、取得必須な資格は特にありません。しかし、業務内容によっては秘書検定や日商簿記などが必要になることもあります。一般事務では、マイクロオフィス社のソフトの利用スキルを証明するMOSがあると、転職時にも評価されやすいでしょう。「事務系の資格を持っていれば未経験でも採用で有利になる?」では、事務職におすすめの資格についてご紹介していますので、ぜひそちらも参考にしてみてください。

事務職に向いているのはどんな人?

事務職は、他人のサポートがしたい方や丁寧に取り組める方などに向いているといえます。以下の内容を参考にして、自分が事務職に向いているかどうかを判断してみましょう。

周囲の役に立ちたい人

サポート業務が中心の事務職は、人に役立つ仕事がしたい方に向いています。自分が最前線に立って活躍するよりも、裏方として貢献できることにやりがいを感じる人におすすめです。また、視野が広く周囲に配慮ができる人は、周囲からの信頼も得やすく、円滑に仕事が進められるでしょう。

丁寧な作業ができる人

一つひとつの業務に対して丁寧に取り組める人も、事務職がおすすめです。「精度の高い作業」でも解説したように、計算や入力などの作業を行う際には、正確性が重要になります。「大丈夫だろう」という感覚のみに頼らず、事前に使うものを確認したり、作業後にダブルチェックをしたりと、慎重な対応ができる人に向いているでしょう。

事務職の向き・不向きについて知りたい方は、「営業事務に向いてる人・向いてない人の特徴をチェック!」もあわせてチェックしてください。

未経験から事務職に就く方法

未経験から事務職へ転職するには、採用されやすくなる方法を用いることがポイントです。ここで解説する内容を参考に、自分ができることから始めてみましょう。

アルバイト・パートから始めてみる

未経験から事務職へ転職するなら、アルバイトやパートから始めてみると良いでしょう。「未経験から事務職に転職できる?」でも述べたように、未経験歓迎の正社員求人も見受けられるものの、人気のある事務職は応募者が多く、経験者が優遇される可能性があります。もし、なかなか転職が成功しないのであれば、正社員登用制度のある企業を受けてみるのも一つの手。正社員登用が利用できれば、アルバイトやパートとして入社後、現場で経験を積んで正社員を目指すことも可能です。正社員登用制度については、「正社員登用制度とは?読み方や必要な実績・試験について解説!」で詳しく解説しているので、こちらも参考にしながら検討してみましょう。

一般的なPCスキルは事前に身につけておく

事務職に役立つ一般的なPCスキルを身につけておきましょう。先述したように、事務職には特別な資格は必要ありません。しかし、事務職の仕事はPCの使用が必要不可欠です。そのため、基本的な操作や文字入力など、ある程度の使い方は事前に習得しておくと良いでしょう。PCスキルがあることは、転職時のアピールにもつながるのでおすすめです。

転職エージェントを利用する

事務職への効率的な転職方法を知りたいなら、転職エージェントを利用してみましょう。転職エージェントとは、民間企業が運営する就職支援機関です。応募者一人ひとりの希望や適性、経験などから、その人にぴったりの求人を紹介してくれます。そのため、自分の力で求人を探すよりも、内定獲得率が高くなるでしょう。また、履歴書や職務経歴書といった書類の書き方や面接対策など、転職に関するサポートを行っているので、要点をおさえた転職活動が可能です。

若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、就職を希望する人に役立つ情報やアドバイスを提供しています。未経験歓迎の求人を多数ご用意していますので、正社員経験がない人でもご安心ください。まずは就職アドバイザーが、マンツーマンでカウンセリングを実施。あなたの悩みに合わせたサービスの提供や適性に合わせた求人の紹介が可能です。サービスの登録・利用料はすべて無料ですので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ