1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職に自分の強みは必須?効果的な伝え方とは

転職に自分の強みは必須?効果的な伝え方とは

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・面接などで自分の強みをスムーズに答えられると高評価に繋がる
    ・自分の強みは、自己分析で今までの経歴を振り返ると効率的に見つけることができる
    ・仕事や業務に関する人間性、ポータブルスキル、業務上のスキルを強みとして選ぶ必要がある
    ・企業側が「強み」を聞く理由は、自己分析ができているか、募集条件と応募者のマッチ度を判断するため
    ・自分の強みを効果的に伝えるには、ひとつに絞る、端的に述べることが大切

「自分の強みとは何だろう?」。転職活動を始める際に、応募企業に自分を売り込む要素とは何かを考えることが多いと思います。
実際、応募書類や面接時に企業側から「強み」を聞かれることは多くあります。
企業に、「自分はどういう人間か」「何ができるか」「どのように貢献できるか」をプレゼンテーションをする機会を無駄にしないよう、自分の強みを分析しておくことが重要です。
当コラムでは、自分の強みの見つけ方や伝え方などを解説。転職活動を始める際に参考にしてください。

◆強みの見つけ方

採用担当者が、面接中に「あなたの強みは何ですか?」と聞くことがあります。
その質問に対し、スムーズに優れた内容を答えると高評価を得られるでしょう。
しかし、自分の強みを見つけるのは、意外と難しいことかもしれません。
とくに転職活動で述べるためには、客観的に自分を分析する必要がありそうです。
次に挙げるような少しのコツで、転職活動に適した自分の強みを見つけやすくなります。

【経歴のおさらい】

まず、これまでの自分の経歴を「おさらい」してみましょう。
学生時代や前職で関わった仕事の中で、力を入れて取り組んだ活動や業務などについて深掘りをします。
学生時代では、サークルや部活動、ゼミ、アルバイトでの経験。
社会に出てからは、ノルマ達成や企画など、さまざまな仕事に取り組む際に注力、苦労し成し得た経験が誰しもあるはずです。
それらのエピソードから、強みを見出すことができます。

【強みを分類する】

自分の持つ能力が、下記の3つのどれに当てはまるか考えましょう。

・人間性(ヒューマンスキル)
・業務上のスキル(テクニカルスキル)
・仕事のやり方や課題解決力(ポータブルスキル)

「忍耐力」や「順応性」などは人間性、人柄を表す強みです。
テクニカルスキルと呼ばれる業務上のスキルは、職種に関する専門的なスキルや資格を指し、実際に勤務する上で重要です。
また、そのほかに社会人経験で身に付けた「マネジメント能力」「企画の提案力」なども大きな強みとなります。


◆強みの選び方

まず、なぜ企業が強みや長所を聞くのか、理由を把握しましょう。
企業が面接や応募書類で強みを聞く理由として、主に以下の2点が考えられます。

・自己分析ができているかを見る
・募集内容と応募者の適性を判断する

客観的に自分を分析できる人材は、長所を把握し業務でそれを発揮できるとともに、短所や苦手分野、失敗などを克服するなどの向上心や対策を立てる能力があると判断されます。
また、企業側が募集している条件と応募者の能力、考えが合致しているかも見るために強みについて質問すると言われています。

上記のことから考えて、自分の強みを伝える際は、「業務に関するもの」「応募企業の理念に沿ったもの」という点に留意し、応募企業の需要に合ったものを自分の強みとして選ぶ必要があります。
転職活動で述べる強みなので当然、業務や仕事に関係する強みをアピールするようにしましょう。
「優しい」「背が高い」などの業務と関係のない点は避けるべきです。
また、応募企業の公式サイトや採用ページを読み、企業研究をしっかりした上で自分の強みとマッチしているかを確認します。
例えば、チームワークではなく個人の能力主義の企業で、協調性があることを強みとしてアピールするのは逆効果であるのと、採用後も働き続けるのは難しい結果となりかねません。


◆強みの伝え方

面接時などに自分の強みを採用担当者に伝える際、より効果的に伝える方法があります。
以下の点を押さえて述べるようにしましょう。

【ひとつに絞り込む】

強みが複数ある場合は、ひとつに絞ってアピールする必要があります。
あれもこれもと多数挙げて、長々と過度にアピールするのはマイナスイメージになりかねません。

【結論から話す】

まず、「私の強みは○○な点です」など冒頭で結論から述べると、アピールポイントが強調でき、印象付けることができます。

【具体的なエピソードを付け加える】

続いて、その強みに関する「売り上げが○パーセント上がった」などの具体的なエピソードを付け加えましょう。
そのあとに、「それを活かして、御社では○○に貢献したい」など入社後のイメージを伝えると、入社意欲が高いこともアピールできます。

端的で説得力のある伝え方ができれば、プレゼン力やコミュニケーション能力などの点で高評価を得られます。

自分の強みの見つけ方やアピール方法にお悩みの方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは、専任の就職アドバイザーがマンツーマンのカウンセリングから内定獲得までをサポート。
あなたの強みを効率的に見つけ、最適の企業を紹介します。また、応募書類の添削や面接対策にも対応し、一人ひとりに合った転職活動を支援します。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    自分の強みと弱み、面接でどう答えるべき?

  • image

    自己分析とは?就活や転職活動での必要性を解説!方法やメリットもご紹介

  • image

    自分の強みを見つける方法と面接時の伝え方を探ろう!

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる