転職先が見つからない!空白期間が長引いた理由はなに?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 転職先が見つからない!空白期間が長引いた理由はなに?

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・転職にかかる期間は平均で3ヶ月ほどとされているため、半年以上の空白期間があると企業からその期間について質問されることがある
    ・空白期間が長い応募者に対して、「仕事への意欲の低下」や「本人になにか問題があるのでは」という懸念を抱く企業も少なくない
    ・空白期間を履歴書に書くとき、病気や介護などのやむを得ない事情がある場合以外は、職歴欄には理由を書かず自己PR欄で意欲をアピールする
    ・空白期間が長い場合、企業の不安を払拭するために、働くことへの意欲やブランク期間の理由などをきちんと説明することが大切

前職を辞めてから次の会社を見つけるまでの期間を空白期間といいますが、この空白期間が長くなると、転職活動に影響する可能性があるというのはご存知ですか?
良い会社が見つからなかった、体調を崩していた、勉強をしていたなど、空白期間が長引く理由は人それぞれ。大切なのは、どのように応募企業に説明するかということです。
このコラムでは、長くなってしまった空白期間をマイナスにしないための伝え方などをご紹介します。

◆空白期間が長いとイメージが悪い?

仕事を辞めてから次の会社を探す場合、その転職にかかる期間は平均で3ヶ月ほどといわれています。
そのため応募者の空白期間が3ヶ月前後であれば、企業も特に気にすることはありません。
しかし、退職してからの期間が半年以上空いているとなると、面接でもブランク期間についての質問をされることになるため、その回答を準備しておく必要があるでしょう。
半年以上の長い期間仕事が見つかっていない応募者に対して「仕事への意欲がないのでは?」「採用されないのは本人に問題があるのでは?」という不安やマイナスイメージを持つ企業も少なくありません。
ですが、ブランクが長いというだけで不採用になることはありませんので、悲観的にならずマイナスなイメージをカバーするようなアピールを心がけましょう。

また、経歴を気にして、退職した時期を遅らせるなど事実と異なる職歴を記載してしまうと、経歴詐称となり最悪の場合内定取り消しになることがあります。経歴をごまかすよりも、この会社で働きたいという思いをまっすぐに伝えることのほうが大切です。

面接は「採用されるための機会」。面接官は、応募者の人となりや魅力を知りたくて質問をしているということを忘れずに選考に挑みましょう。


◆履歴書への空白期間の書き方

空白期間が長い人が気にしていることの一つが、履歴書にどうのように記載したら良いかという点ではないでしょうか。
履歴書への書き方は、空白期間の理由によって異なります。
病気や怪我、親の介護などの事情があってブランクが長くなってしまった場合には、履歴書の職歴欄に理由を添えて記載します。

例)
平成29年10月 病気療養のため退社
現在は回復しているため、働く上で支障はありません。

このように記載することで、長期の空白期間が自分の責任でないことと、完治していることがすぐに伝わります。
もしも療養中に仕事復帰に向けて勉強していたことや、取得した資格ある場合はアピールポイントとなりますので、簡潔に書いておきましょう。

空白期間が長いことに上記のようなやむを得ない事情がない場合は、特別なことを記載する必要はありません。

例)
平成30年9月 一身上の都合により退社

こうした一般的な記載方法で退社した時期を書きます。職歴欄にはブランクがある理由は書かず、自己PR欄に仕事への意欲が伝わるようなアピールを書きましょう。


◆印象アップする説明の仕方

空白期間が長くなった事実は変えることができませんし、前述したように経歴を詐称することも避けるべきです。
長いブランク期間は採用する際の懸念事項にはなるかもしれませんが、その不安を払拭することができれば特に大きな問題と捉えられないでしょう。

最初の項でお伝えしましたが、空白期間の長さに企業が心配する点は「働くことの意欲があるか」「問題のある人物ではないか」など。言い換えれば、「働く意欲がある」「問題があるために仕事が見つからなかったわけではない」という点を説明することができれば、企業を納得させられるということです。

仕事をする気がなくなっていた、職場に行かない生活に慣れてしまったと思われないために有効なのが、空白期間に学んだことや行っていたことのアピール。
その際、なぜそれを学ぼうと思ったか、学んだことや取得した資格が今後の仕事にどのように活かせるかということをうまく説明できると、より説得力のある理由になります。

特別な理由や学んだこと、取得した資格などがない場合も、ごまかさずに誠意をもって受け答えをしましょう。
「なんとなく今まできてしまった」というようなぼんやりした答えでは、仕事に対する意欲がないと判断されてしまいます。
なぜ空白期間が長くなってしまったのかを考え、理由をはっきりさせて説明することが大切です。
転職活動が延びてしまった理由が「しっくりくる職場に出会えなかった」からであれば、以下の例のようにそれが伝わるようにまとめます。

例)
「自分のキャリアについて時間をかけて考え、業界・企業研究をしっかり行った上で、自分に合う企業を探すことに時間を費やしたため、ブランク期間があります。時間をかけて転職活動を行った結果、御社に出会い、御社の〇〇という点に、他の企業にはない魅力を感じ、また自分の〇〇の部分を活かせると思い、応募いたしました」

上記の例のように、空白期間がある理由が、転職活動に真剣に向き合った結果だという点を伝え、その結果、自分が働きたい、活躍できると思える企業に出会えたということをアピールしましょう。
空白期間がマイナスなものではなく、必要なものであったことを理解してもらえれば、企業に「本人に問題があるために内定が出なかった」わけではないと伝えることができるはずです。


今回は、空白期間が長くなってしまった場合の伝え方についてまとめましたが、いかがでしたか?
やむを得ない理由などで長引いてしまうこともありますが、できるだけブランクをつくらずに転職先を見つける方が、安心して過ごすことができるのではないでしょうか。

転職先が見つからないという方、仕事をしながら転職活動をしたいけれど時間がないという方は転職エージェントを利用してみるのも一つの方法です。
ハタラクティブは、20代に特化した若者向けの転職支援サービス。マンツーマンでカウンセリングを行い、仕事内容や働き方の希望などから応募できる求人をご提案します。
応募書類の添削や面接対策はもちろん、応募企業とのやりとりも全て代行するため、働きながらの転職活動も可能です。
また、求人情報だけでは分からない企業の細かな情報を知ることができるため、入社後のミスマッチが起きないよう、企業を慎重に選べるのもハタラクティブを利用するメリット。
転職についての不安を解消したいという方も、ご相談だけでも構いませんので、ぜひハタラクティブにお問い合わせください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ