1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. テレワークのメリット・デメリット 成果を上げる働き方とは?

テレワークのメリット・デメリット 成果を上げる働き方とは?

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・テレワークとは「情報通信技術を使用した、場所を問わない柔軟な働き方」
  • ・テレワークへの注目の背景として、働き方改革が挙げられる
  • ・「通勤時間がない」「働く場所を選ばない」等がテレワークの主なメリット
  • ・テレワークのデメリットは「仕事が限定される」「他人の目がなくサボりやすい」など
  • ・生産性を上げるには「リラックスしやすい」といったテレワークのメリットを活かす

テレワークのメリット・デメリット 成果を上げる働き方とは?の画像

80年代から始まったテレワーク。時代の流れとともに、柔軟性を持った働き方として普及してきています。災害時の業務停止リスクの低下や、ワークライフバランスの向上といったメリットが見込める、今注目の働き方です。しかし、テレワーク普及には未だ課題があり、そのデメリットも見逃せません。そこで、デメリットを解消しつつ仕事の成果をあげることが求められます。テレワークを最大限に活用するポイントを押さえましょう。

監修者:吉田早江

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

「テレワーク」とはどういうもの?

初めに、テレワークの概要についてご紹介します。

テレワークとは「情報通信技術を活用した、場所や時間を問わない柔軟な働き方」

情報通信技術(ICT)を使って、自宅やサテライトオフィスなど、会社以外の場所で働くことです。時間や場所の制約を受けないので、雇用の可能性も広がるうえ、ワークライフバランスの向上にもなります。

テレワークには勤務場所によって3つの種類がある

1.在宅での勤務

自宅で勤務するやり方です。通勤にかかる時間やストレスがないうえ、育児や介護といった、自由に出社することのできない事情がある人でも働けるのがメリットといえます。


2.モバイルワーク

会社、自宅以外の場所での勤務です。総務省の「平成30年通信利用動向調査報告書(企業編)」によると、テレワーク導入企業における導入形態の割合は、モバイルワークが63.4%を占めています。
外出先のカフェや電車、バスの車内、出張先といったあらゆる所で業務に当たれるため、移動の多い営業職などに向いているといえるでしょう。テレワークを導入している業種は、情報通信業に次いで金融・保険業の割合が多いことからも、その傾向がうかがえます。

参照元
総務省
平成30年通信利用動向調査報告書(企業編)p.21,22


3.サードプレイスオフィスでの勤務

レンタルオフィス、コワーキングスペース、カフェなどで勤務します。フリーランスの人が生産性の向上のために、自宅を出てシェアオフィスを借りたり、外回り中にカフェに入って業務をしたりと、その働き方はさまざまです。

テレワークが注目され始めた背景

テレワークは、80年代から一部企業で始まっていましたが、2006年に当時の首相がテレワークへの所信表明を行ってから再び注目が集まりだしました。2012年当時の政権が掲げた「経済成長戦略」の1つとしてテレワークの普及が含まれており、助成金の対象にもなっています。

「働き方改革」としてのテレワーク

出勤、勤務場所の移動といった時間コストの削減

勤務場所を選ばないため、移動にかかる時間が大幅に削減。その分、余暇が増え、ワークライフバランスの向上につながる、出勤のストレスがなくなるなど、精神的に良い影響が見込めます。


家庭の事情と業務の両立

育児や介護など、家庭の事情で出社が難しい人も、自宅で働けるのがメリット。出勤の疲労や時間のロスを削減できるとともに、シフトを自由に組めるなどより柔軟な働き方が実現できます。

テレワークのメリット・デメリット一覧

それでは、テレワークには具体的にどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。働く側、管理者側から見たメリット、デメリットをご紹介します。

働く側のメリット

通勤時間がない

働く側にとって、通勤時間がないのが一番の特徴といえるでしょう。通勤時間は短い人でも数十分、長い人なら数時間に及ぶことも。通勤時間を割く必要がない分疲労も軽減されるため、ワークライフバランスを取りやすいというメリットがあります。また、都市部における長時間の電車通勤はその混雑もあり、大変なストレスを感じている人も多いです。そのようなストレスから解放されるうえ、時間を有意義に使えるのは非常に大きなメリットといえるでしょう。


住む場所にとらわれない

出勤する場合、仕事探しはどうしても自宅から通える範囲に留まります。しかし、テレワークでは勤務場所を選ばないため、自宅から通えないような遠くにある企業の業務ができるのが特徴。仕事選びの幅がぐっと広がります。また、結婚で住所が大きく変わる人や単身赴任で家族と離れていた人でも、自宅で仕事を続けられるのも大きなメリットです。


育児、介護をしながら働ける

育児や介護といった自宅から長時間出るのが難しい事情がある場合でも、テレワークなら自宅にいながら働けます。家庭の事情から仕事を諦めていた人にも、就業の可能性が広がるといえるでしょう。


家事との両立がしやすい

通勤の必要がないことから、時間に余裕が生まれます。また、通勤による疲労がないため、その分時間と体力を家事に充てられるといえるでしょう。在宅のテレワークでは、休憩時間に家事をしたり、終業後スムーズに家事に移行できたりと、家事がはかどりやすい面も。


作業に集中しやすい

自宅や好きな場所で作業できるため、1人でリラックスした状態で作業できます。そのため、作業に集中しやすく、作業効率が上がるメリットがあります。また、サードプレイスオフィスでの作業の場合は、他の人とのコミュニケーションや、適度な喧騒といった刺激があるため、業務の効率がよりアップする人も。海外企業、国内でも前衛的な価値観を取り入れている企業などには、オフィス内にカフェのようなワーキングスペースを設けたり、部屋によって内装を変えたりと、勤務環境を重要視しているところもあります。このように、リラックスして仕事に取り組める場所に注目が集まっていることからも、環境を変えられるテレワークの有用性が見いだせるでしょう。

管理者側のメリット

災害時など、通常勤務が難しい場合でも業務が可能

出勤の必要があれば、自然災害や感染症にまつわる外出制限など通常出勤が難しい場合、業務を続けるのは不可能です。しかし、テレワークでは出勤の必要がないため、通常通りの業務が行えます。また、働く場所を各地に増やすことによって、災害が起こった場所の業務が継続できなくても他の場所での業務は継続できるといった、リスク分散にもなるといえるでしょう。


柔軟な働き方により離職率が下がる

これまで「出勤ができなくなったことにより退職を余儀なくされた」という従業員も多いでしょう。しかし、働く場所にとらわれないため仕事を続けやすくなり、職場の離職率が下がるという結果に。実際、ライフイベントによる女性の離職率の高さが各企業の課題となっていますが、テレワークを本格的に導入した企業では、女性の離職率の大幅な低下に成功したところもあります。


生産性の向上が見込める

各個人の好きな環境で作業できるため、リラックスした状態で作業できます。そのため、仕事がはかどったり、良いアイデアが浮かんだりと生産性の向上が見込めるでしょう。また、通勤による疲労、対人関係といったストレスから解放されるのも重要な要素です。

働く側のデメリット

他人の目がないためサボってしまう可能性がある

勤務先では他人の目があるため、通常は業務を怠りにくいといえます。しかし、1人での業務は監視の目が届かないため気が緩んでしまい、作業量の低下につながる恐れも。


環境によっては仕事に集中できない場合がある

自宅で作業する場合には、他の家族、子どもからの干渉やその騒がしさなどから、作業に集中できない可能性も。そのため、出社してこなせる量に比べ、作業量、効率が低下してしまう恐れがあります。特に小さい子どもがいたり、頻繁に介護をする必要がある家族がいたりする環境では、よりその傾向が強いといえるでしょう。自分以外の人の手を借りられるかどうかという点が、生産性を損なわないかどうかのポイントとなります。


作業効率を上げなければというプレッシャーを感じる

上記のデメリットを受けて、テレワーク勤務での管理者側からの評価が気になってしまうという人も。
管理者側からは勤務状態が見えないので、働く側が適正な業務を行っているのか判断がつきません。そのため、働く側は、ちょっとした作業効率の低下でも「管理者からの評価の低下につながるのでは」と危惧します。常に作業効率を上げなければというプレッシャーのなかで業務を行うため、働く側は精神的な疲労を感じるでしょう。


PCやタブレットなどIT関連端末を使った仕事に限定される

テレワークの性質上、Webデザイナーやライター、ITエンジニアなど、IT端末を使った仕事に限定されます。しかし、その他の仕事でもメールのやり取り、業務資料の作成など一部業務だけをテレワークで行うことは可能です。


動く機会が減るため、運動不足になりやすい

出勤などの体を動かす機会が減るため、運動不足になりやすい傾向があります。休憩時間や勤務終了後に買い物に出かけたり、散歩をしたりと、積極的に体を動かすよう心がけましょう。ストレッチや軽い筋トレもおすすめです。


働く時間の管理がしにくい

テレワーク経験者のなかには「プライベートと勤務時間の区別がつきにくい」という声があります。テレワークではいつでも仕事ができてしまうのもあり、つい自分で業務時間を延長してしまい、仕事をなかなか終えられない人も。また、気持ちの切り替えがつかずにだらだらと業務をしてしまうという問題があります。

管理者側のデメリット

情報漏えいのリスクがある

テレワークでは、PCの持ち出し、外部での社外秘のデータの参照など、情報を管理しづらい状況に置かれます。そのため、不注意によって外部にデータが流出してしまうリスクも。外出先で仕事をする際に内容が他人の目に触れる、自宅で仕事をする場合でも不正アクセスによってデータを抜かれるなど、大きな危険性があるといえます。


コミュニケーションが減り、チームワークに影響する

単独での業務になるため、他の人とのやり取りがどうしても減りがちに。そのため、チームワークを取りづらくなる面があります。


業務成果が見えにくい

業務しているところが見えず、どのくらいの成果があがっているのか管理者からは把握しづらいところがあります。そのため、業務の進捗がどのようになっているのかがわかりにくいというデメリットが。


従業員の勤怠管理がしづらい

勤怠管理の徹底がしづらいのも大きなデメリット。自己申告となるので、本当に通常通り業務を進めているのか分からず、結果的に野放しになってしまう危険性があります。

テレワークへの課題、どうしたら解決できる?3つの解決法

このようにさまざまなデメリットも見受けられるテレワークですが、その有益性が高いのも事実。デメリットを解消できれば、生産性の向上につながるでしょう。それではテレワークのデメリットはどうしたら解決できるのでしょうか。順に解説していきます。

1.コミュニケーションを密に取る

まず、1つ目は単独作業ながらもコミュニケーションを密に取ることです。やりとりに時間がかかるメールよりも、企業内チャットツールを利用すると効果的。こまめに情報交換を行いましょう。頻繁に情報を共有することで伝達漏れを防ぐ狙いもあります。企業内チャットで積極的に声かけや挨拶を行うのも、孤立化を防ぐ効果が。

2.セキュリティを守る意識を強める

管理者側のみならず、働く側もセキュリティを守る意識を強く持つことが重要です。アクセス先に気をつけて不要な検索をしない、外で作業する際には周りの視線に気を配る、画面を広げたまま席を外さないなど、少しの心がけでセキュリティを守ることができます。

3.勤怠を意識しながら自分で時間の管理をする

出勤して仕事をする際には、時間や業務の進捗管理がしやすい面があるでしょう。しかし、自分1人での業務では、普段以上に自身で時間の管理をする必要があります。そのため、会社にいるときよりも、意識的に業務の時間配分を心がけましょう。

テレワークで仕事の成果を上げるポイント

テレワークで良い成果を上げるためには、そのデメリットをできるだけ解消し、メリットを大いに活かすのが必要。リラックスできる自宅での勤務は「ストレスが減る」という意見もあり、心身の健康が仕事の成果に影響を与えている可能性があります。そのため、細めに時間の管理をしながら、リラックスした状態で仕事をするのが、テレワークで仕事の成果を上げるポイントといえるでしょう。

柔軟な働き方を認めてくれる企業と出会うためには

現在リモートワークでなくても、ゆくゆくはリモートワークのような柔軟な働き方をしたいと考える方も多いのではないでしょうか。リモートワークの各企業への導入は未だ発展途上にあるといえるため、企業選びが柔軟な働き方へのカギとなります。それでは、どのように企業を選んでいけばよいのでしょうか。

新しく、自由な働き方の企業を探す企業

まずは、ベンチャー企業など、比較的自由な働き方を容認する企業を選ぶのが近道です。
自由な働き方としては「所定勤務時間を守っていればどのような勤務形態でもよい」という企業や、フレックス制が徹底されており、自分で残業したいと思ったら自由にリモートワークできる企業などさまざまな企業があります。比較的ベンチャー企業に多い働き方ですが、一部大企業でも導入の試みが行われている実態も。求人をチェックする際に「自由な働き方が魅力!」など、働き方の柔軟性を大きくアピールしている企業を探してみるのもよいでしょう。

転職エージェントで探してみる

また、比較的自由な働き方を認める企業を探すには、就職エージェントを利用してみるのも1つの手。求人サイトで得られる企業情報は、ほんの一部でしかありません。自由な働き方を謳っていても、本当に自分の望むような働き方ができるのか分からず、不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。転職を決める前に企業の様子をよく把握してから決められたら、転職への不安も解消できるでしょう。

転職に不安を覚える方は、ぜひハタラクティブをご活用ください。ハタラクティブは若年層向けの就職エージェントです。専任の就活アドバイザーがあなたのご希望を丁寧にヒアリングし、優良企業200社以上の求人の中から、あなたに合った企業をご紹介。扱う企業情報は事前に企業に取材を行い、現場の生の声を聞いているので、求人情報には詳しく書かれていない情報もお伝えできます。就活アドバイザーと相談しながらご希望の働き方を模索していけるので、もう一人で悩む必要はありません。
ハタラクティブの就活アドバイザーとの二人三脚で、理想の働き方を実現しましょう!

これまでに就職したことはありますか? 必須 ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    テレワークとは?導入のメリットと向いている人の特徴

  • image

    リモートワークとは何?テレワークとの違いやメリット・デメリットも解説

  • image

    未経験からリモートワークは挑戦できる?正社員を狙いやすい職種とは

  • image

    リモートワークとは?テレワークや在宅ワークの違いと向いている職種

  • image

    リモートワークエンジニアになりたい!未経験者が身につけるべきスキルとは

  • image

    テレワークとはなんの略?モバイルワーク・在宅勤務も簡単に説明します

  • image

    リモートワークにぴったりの職種は?始め方や注意点も解説!

  • image

    在宅ワークはニート卒業にピッタリって本当?

  • image

    週3日勤務の正社員は存在する?多様な働き方の可能性

  • image

    フリーターの将来は?生活保護をもらえば良い?不安に感じたらすべきこと

  • image

    正社員未経験から就職する方法!在宅ワークはできる?できない?

  • image

    web面談の基本を解説!スマホは使える?場所や服装、注意点を確認しよう

  • image

    転職するなら最適なタイミングで!おすすめの時期とは

  • image

    残業代は出ない?業務を効率化して脱仕事のお持ち帰り

  • image

    東京で社会人になったほうが良い?

  • image

    飲食についてのページ

  • image

    20代後半での転職を成功させるには?ポイントを解説

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる