新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. プログラマーの年収は高い?低い?平均値とフリーランスの場合もご紹介

プログラマーの年収は高い?低い?平均値とフリーランスの場合もご紹介

公開日:

プログラマーの年収は高い?低い?平均値とフリーランスの場合もご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・プログラマーの平均年収は男女計で425万8,000円
  • ・プログラマーの年収は持っているスキルで大きく変わる
  • ・プログラマーの年収は希少な言語や難しい言語を習得していると上がりやすい
  • ・プログラマーの年収を上げる方法は「スキルを磨く」「条件の良い会社へ転職」など

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

プログラマーの年収が高いか低いのか気になる方はいるでしょう。「フリーランスのほうが稼げる?」「未経験だと年収は低い?」など、疑問はさまざまだと思います。
一般的に、年収は企業の規模や年齢によって異なりますが、プログラマーの給与は個々の持つ技術力が大きく関係するようです。このコラムでプログラマーの平均年収やシステムエンジニアとの違い、年収を上げるコツをお伝えしています。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

プログラマーの年収はどのくらい?

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 職種DB 第1表」によると、プログラマーの平均年収は男女合わせて425万8,000円。平均月収にすると30万4,400円、平均賞与額などが60万2,000円という結果です。

令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 職種DB 第1表

引用:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 職種DB 第1表

このデータはあくまでも平均値であり、規模の大きな企業は基本給や賞与が高い傾向にあり、年収も高めでといえます。

プログラマーの年収1,000万以上は可能?

年齢や使用できる言語、企業規模の大きさといった一定の条件がそろっている場合は高年収になりやすく、年収1,000万以上の人もいるでしょう。
新しいシステムへの知識や難易度の高いプログラミング言語を身につければ、年収1,000万という可能性はあるでしょう。また、「報酬制度がある」「規模の大きなビジネスに携われる」といった企業の場合、高い年収を得やすいようです。
条件の良い企業でキャリアを積めば、年収1,000万を目指すことは不可能ではありません。

プログラマーとシステムエンジニアの年収差

システムエンジニアの平均年収は568万9,000円。平均給与が38万円で、平均賞与額などが112万9,000円であり、プログラマーと比較して特にボーナスが高めです。プログラマーとシステムエンジニアは混同されやすい職種ですが、仕事内容が異なるため年収に差があります。
以下で、それぞれの特徴を詳しくみていきましょう。

プログラマー

プログラマーはプログラミング言語を使用し、物流やコンピュータープログラム、アプリケーションなどのあらゆるソフトウェアを作成する仕事です。システムエンジニアが作った設計書に沿ってプログラミングを行います。システムエンジニアが作成したものを正しく読み取るスキルが求められるようです。
プログラマーには複数のジャンルがあり、代表的なものはWeb系・組み込み系・通信系・ゲーム系などが挙げられます。システムエンジニアの平均年齢が38.8歳であるのに比べ、プログラマーの平均年齢が33.8歳と若いことも、年収が低くなる要因といえるでしょう。

システムエンジニア

システムエンジニアは、クライアントからの依頼に応じてシステムの設計を行う仕事です。クライアントへのヒアリングやシステムの設計、システム全体の動作確認を行う一連の流れは、上流工程と呼ばれます。
基礎的なITスキルだけではなく、開発における予算や進捗管理といったマネジメントスキルも求められる職業。クライアントの要望を細かくヒアリングする必要があるため、コミュニケーションスキルや提案能力も必要です。仕事範囲が広く、高い技術や知識が求められる職種のため、プログラマーより年収が高い傾向にあります。

プログラマーの詳しい種類は、「プログラマーの仕事の種類はどんなものがある?」でもまとめているのでチェックしましょう。

参照元:
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況 

フリーランスプログラマーの年収は高い?低い?

技術の変化が激しく市場が拡大しているIT業界は人材不足が顕著であるため、需要があれば高い年収のフリーランスプログラマーもいるでしょう。
フリーランスは企業から依頼を受け、時間単位や携わるプロジェクトごとに収入を得ます。大企業と契約する機会があれば、高収入になりやすいでしょう。安定した収入を継続して得ていくには、多様な言語を使いこなし、要請された業務に対応できるスキルが求められます。また、自身を売り込むための営業能力も必要です。
確かな技術力と知識があれば、高収入を叶えられるのがフリーランスといえるでしょう。
いっぽう、フリーランスは確定申告や営業、代金徴収といった事務作業を自身で行う必要があります。また、セミナーや研修を受講する際の費用も自身の負担です。会社員であればかからなかった経費があるため、一概に「フリーランスのほうが年収が高い」とはいえません。

フリーランスに向いている人やメリット・デメリットを詳しく知りたい方は、「会社員に向いてない人はどうすれば良い?具体的な解決方法をご紹介」をご覧ください。

プログラマーの年収は能力によって差が出やすい

プログラマーの年収は企業規模や年齢、仕事内容といったさまざまな要素が影響しますが、個々の能力によって大きく変わるようです。たとえば、Visual BasicやC++、C言語などの難しい言語や希少な言語を習得している場合、単価の高い依頼が多く収入は高くなります。また、汎用性の高い言語を取得していれば、対応可能な案件を増やせるので自然と年収も上がっていくでしょう。

「学歴によって年収に差が大きく出るのでは」と気になる方もいると思いますが、プログラマーは学歴を重視されにくい職種です。そのため、学歴の差で年収が極端に「高い」「低い」とはならないしょう。

未経験プログラマーの年収はどうなる?

プログラマーの年収は各々の持つスキルや知識が大きく影響するため、未経験者は経験者よりも低めでしょう。ただし、「独学で基礎的なプログラミングを身につけた」「前職でWebデザインをしていた」といったアピールができる場合、評価されて年収に影響する可能性があります。
また、プログラミングに活かせる「基本情報技術者試験」「Javaプログラミング能力認定試験」などの資格があると、企業によっては手当が支給されるでしょう。
未経験であっても、アピール次第で年収は変化します。
未経験からプログラマーになる方法については、「プログラマーって未経験でもなれる?」で触れているので参考にしてください。

IT業界で高収入が狙える職種

ここまではプログラマーの年収についてお伝えしましたが、この項目ではIT業界のなかで高収入を得やすい職種をご紹介します。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、企業が抱える課題をテクノロジーで解決する仕事です。依頼主から企業のニーズをヒアリングし、業務に必要なシステムの導入や設計、開発テストなどの提案を行い、マネジメントも担います。IT関連のスキルや知識にくわえ、企業戦略を立案する高い能力が求められます。システムエンジニアを似ている部分もありますが、ITコンサルタントはより豊富な経験が必要なため年収が高いようです。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの企画・立案から進捗管理、課題共有まで幅広く行う仕事。アプリケーションやソフトウェアといった開発の活発化に伴い、企業では高いマネジメントスキルを持つプロジェクトマネージャーが求められています。担う役割が多く、年収が高い傾向のようです。

ITアーキテクト

ITアーキテクトは、企業の最適なシステムの企画・立案・設計を行う仕事。経営戦略や課題を汲み取り、総合的にシステムを検討できる責任の大きな職種です。ITアーキテクトには最新のネットワークやテクノロジーの知識だけではなく、高いマネジメントスキルやリーダーシップ、マーケティング能力が必要とされます。豊富な知識とスキル、経験が求められる仕事のため年収が高い傾向にあります。

プログラマーの年収を上げる方法

プログラマーが年収を上げるには、幅広い技術と知識を身につけキャリアを積むことが重要です。この項目でポイントを解説します。

プログラマーとしてスキルアップする

デザイン技術を身につけるなど自身で構築できることを増やすと、業務の幅が広がり年収を上げられるでしょう。職場で仕事が評価されると、昇給アップも狙えます。また、常にIT関連の情報をキャッチして新しいスキルを学んでいくことも大切です。身につけたプログラミングスキルや知識が、新しい仕事につながる可能性もあるでしょう。

マネジメント能力を身につける

プログラマーとして一定の経験を積み、管理職になることも年収アップの方法の一つ。役職に就くことで基本給や手当が増えやすく年収も上がるでしょう。
チームリーダーやプロジェクトリーダーといった管理職の仕事は、開発に必要な予算の管理や人材の確保、進捗管理などです。管理職を目指すには、プロジェクト全体像を把握する能力やコミュニケーションスキルを磨くことが求められます。

転職を検討する

今の仕事でどう努力しても年収が上がらない場合、転職を検討するも一つの手段です。「給与設定が高め」「昇給しやすい」「規模が大きい」といった職場に転職すれば、年収アップは叶いやすくなります。
現在の雇用形態が派遣社員や契約社員の場合、正社員として転職を目指してみるのもおすすめです。

自身の希望に沿った転職を成功させるには、ポイントを押さえた方法で仕事を探すことが大切です。一人で転職活動を行うよりも、第三者の手を借りることでうまくいく可能性もあります。
ハタラクティブでは、業界を熟知したプロの就活アドバイザーがあなたに合った職場をご提案。条件交渉や面接日の調整、応募書類の添削などを行います。「転職して年収を上げたい」「自身のスキルが活かせる職場を探したい」とお考えの方は、ぜひご相談ください。

プログラマーの年収に関するQ&A

ここでは、プログラマーの年収についてよくある疑問をQ&A方式でご紹介します。
 

プログラマーの年収は勤続年数が長ければ上がりますか?

生涯賃金(生涯年収)の本当のトコロ」でも触れているように、一般的に年収は勤続年数や年齢によって上がる傾向にあります。また、長く勤めていることで役職に就く可能性もあり年収が高くなるでしょう。しかし、どの程度上がるかは企業によって異なるため、「年収○○○万以上」と希望がある場合、必ずしも同じ職場で働き続けていれば叶うとは限りません。
 

プログラマーとシステムエンジニアは年収に違いがある?

プログラマーとシステムエンジニアの給与は仕事内容でも変わるため、年収も異なります。各々の詳しい業務内容は、「ITエンジニアとはどんな仕事?未経験でもできる?」でも記載があるのでチェックしましょう。一般的には、より上流の仕事を担うシステムエンジニアの方が年収が高い傾向にあります。
 

在宅プログラマーはどのように収入を得ますか?

自宅で業務を行う在宅プログラマーの収入源は、クライアントからの報酬になります。仕事の探し方は、クラウドソーシングサイトや求人サイト、知り合いの紹介など。報酬額は、1つの案件で数万から数十万のものまで幅広いようです。継続して依頼を受けることで、安定した収入を得られるでしょう。
 

プログラマーの年収を上げるために有利な資格はありますか?

応用情報技術者試験やPHP技術者認定試験、Javaプログラミング能力認定試験などはプログラマーに必要な知識が身につけられるので、年収アップの可能性があるでしょう。資格を取っても年収を上がらない場合は、転職を視野に入れるのもおすすめです。ハタラクティブでは、条件に合った職場をご提案。仕事探しから入社までをトータルでサポートしますので、ご安心ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ