コーディングとは?プログラミングとの違いや学ぶときの注意点を解説

コーディングとは?プログラミングとの違いや学ぶときの注意点を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・コーディングとは、プログラミング言語でソースコードを書くこと
  • ・コーディングに求められるスキルとは、HTMLやCSSなどプログラミング言語の知識
  • ・コーディングを学ぶ方法とは、スクールやオンライン学習サービス、独学などがある

「コーディングとは何?」「プログラミングとの違いって?」と疑問に思う方も多いでしょう。IT用語であるコーディング。このコラムでは、コーディングとは実際にどんなことをするのか、プログラミングとの違いやコーディングを学ぶ方法、注意点を解説します。コーディングを活かせる職業もご紹介。「コーディングを仕事にしたい」「コーディングを学びたい」という人は参考にしてみてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

コーディングとは

コーディングとは、プログラミング言語やマークアップ言語を用いてソースコードを書くことです。
「HTML」や「CSS」という言葉を聞いたことがあるという人もいるでしょう。HTMLやCSSがプログラミング言語やマークアップ言語に該当します。コーディングをする人は「コーダー」と呼ばれるのが一般的です。

コーディングはWebサイト制作に必須

Webサイトを制作するにあたってコーディングは欠かせない工程です。コーディングでは、Webサイトのデザインや内容を指示どおりブラウザで表示できるように、見出しや文字の太さ、デザインをHTMLやCSSによって書き表しています。Webサイトを作成するために、コンピューターが分かる言語で指示を出すと考えると分かりやすいでしょう。

プログラミングとの違い

コーディングはプログラミングの工程のうちの一つです。プログラミングは、「プログラムの設計」「プログラミング言語でソースコードを書く」「プログラムのテスト」「バグの修正」の全工程のことを指しますが、コーディングは、「プログラミング言語でソースコードを書く」工程のみを指します。また、コーディングは、誰が見ても同一のWebサイトを表示しますが、プログラムが加わると、個別で表記を変更できます。たとえば、ブログの訪問者カウンターや商品の在庫数などです。プログラムによって、Webサイトを開いた時点の最新の数値を表記できます。
プログラミングをする人は、プログラマやプログラマーと呼ばれるのが一般的です。企業によっては、コーダーとプログラマの業務内容を区別していないこともあるので、注意しましょう。
システムエンジニアについてさらに詳しく知りたい方は、「SEの仕事内容とは」と「フロントエンドとバックエンドの違いを解説!エンジニアの仕事内容をご紹介」のコラムもあわせてご覧ください。

コーディングに求められるスキルとは

コーディングに求められるのは、プログラミング言語のなかでも「フロントエンド言語」のスキルです。プログラミング言語は、「フロントエンド言語」と「バックエンド言語」の2種類あります。バックエンド言語は、サーバーやデータベースの管理・連携に関わる言語で、Ruby(ルビー)やPHP、Python(パイソン)といったプログラミング言語が必要です。
フロントエンド言語で必要なプログラミング言語は、HTMLやCSS、Javascript(ジャバスクリプト)、jQuery(ジェイクエリー)など。これらの言語のほかにも、CMSの知識があると良いでしょう。CMSとは、Contents Management Systemの略称です。日本語では「コンテンツ管理システム」のこと。CMSは、Webサイトの制作や更新、管理が簡単に行えます。
コーディングに必要なフロント言語のスキルだけではなく、バックエンド言語やCMSのスキルを身につけておけば、仕事の幅も広がるでしょう。エンジニアに必要なスキルや資格について解説している「Web系とはどんな仕事?SIerとの違いや職種についても解説!」のコラムもあわせてご覧ください。

コーディングの一般的な例とは

コーディングがどんなことをするのか、HTMLとCSSを参考に解説します。

HTML

HTMLはおもに、Webサイト上の文書構造のつくりをパソコンに伝えます。HTMLがパソコンに指示を出すために使用するのが「タグ」です。文章をタグで囲うことで、見出しや本文の区別をつけます。タイトルは「title」、見出しは「h1・h2・h3」、段落は「p」、リストは「ul」「li」などのタグを使用。設定情報を内包する「head」はブラウザ上に表示されないタグです。ほかにも多くのタグを使い分けて、文書構造の指示を出します。

HTMLでコーディングするときのポイント
不必要な改行やスペースを入れず、用途にあったタグを使用する。

CSS

CSSは、Webサイト上のデザインをパソコンに伝えます。CSSは、HTMLとは別のファイルでコーディングをするのが一般的です。CSSが、「HTMLの何のタグ」に「何を」「どのようにする」のか指示を出します。たとえば、h1{color:black;}だと、「h1の見出しの文字は黒にする」というデザインの指示が可能です。h1の位置をセレクタ、colorの位置をプロパティ、blackの位置を値といいます。プロパティには、「font-size(文字の大きさ)」や「background(背景の指定)」など、多くの種類があるのでしっかりと覚えておきましょう。

CSSでコーディングするときのポイント
コードはできるだけ短縮して、ファイルに詰め込みすぎない。

コーディングを学ぶ方法とは

コーディングを学ぶには、スクールで学ぶ方法とオンライン学習サービスで学ぶ方法、独学で学ぶ方法があります。以下で解説するので、自身に合った学び方を見つけてみましょう。

スクールで学ぶ

Webデザインスクールやプログラミングスクールでコーディングを学べます。スクールでは講師に疑問点をすぐに聞くことが可能です。スクールのカリキュラムでは、コーディングについて基礎から学べるのでスキルを着実に身につけられるでしょう。

オンライン学習サービスで学ぶ

オンライン学習サービスでコーディングを学ぶのも一つの方法です。オンライン学習サービスは数多くあり、それぞれサービスが異なるので、自身に合ったものを見つけるのが重要。コーディングに興味がある人は、どんなオンライン学習サービスがあるのかチェックすることからはじめてみると良いでしょう。

独学で学ぶ

書籍やインターネットの情報をもとに、独学でコーディングを学ぶこともできます。独学でコーディングを学ぶ際のコツは、実践することです。実際にコーディングしながら進めることで、身につくでしょう。コーディングを学びたいと思っている方は、プログラマーに向いている人の特徴やなり方を解説している「大学中退からプログラマーへ!仕事内容と就職までの道とは」もチェックしてみてください。

コーディングを学ぶうえで注意するポイントとは

コーディングを学ぶうえで注意するべきポイントについて解説します。勉強する際は意識して起きましょう。

丸暗記しない

コードを丸暗記してしまうと、応用力を鍛えることができません。コードの意味を考えてコーディングするのが大切です。

コピー&ペーストをしない

コードのコピー&ペーストもしないようにしましょう。こちらも応用力が培われなくなりますし、不具合があったときに原因を突き止められなくなってしまうことも。コピー&ペーストをせず、コードの目的に合う、正しい位置にコーディングできるように、コードを打ち込みましょう。

独学の場合は基礎から学ぶ

コーディングを独学する場合は、基礎から学ぶことが重要です。スクールや学習サービスでは、カリキュラムに従えば良いのですが、独学だと何から学べが良いのか分からないことも。いきなり応用から学んでしまうと、うまく覚えられないこともあります。コーディングの基礎は何なのか、よく考えてから学びはじめましょう。

情報の正確性を吟味する

書籍やインターネットの情報を参考にする際に、情報の正確性を吟味することもコーディングを学ぶうえで注意するべき点です。誤った情報でないか、最新の情報なのか、ネットリテラシー能力を磨いておきましょう

コーディングを活かせる職業とは

コーディングを活かせる職業は、プログラマーやマークアップエンジニア、Webデザイナーなどです。以下でどんな仕事か解説します。

プログラマー

システムやソフトウェアを管理・開発するプログラマー。先述したように、コーディングはプログラミングの工程の一つですから、身につけておくのは必須といえます。Webやアプリ、ゲームなどプログラマーにも種類があるので、同じプログラマーといえど選択肢の多い職業といえるでしょう。

マークアップエンジニア

マークアップエンジニアは、デザイン案どおりにコーディングするコーダーと異なり、依頼主の要望に応えながら、SEOやユーザーインターフェイスを考慮し、コーディングします。コーディングに自身のアイデアを組み込めるのでやりがいのある職業といえるでしょう。

Webデザイナー

Webデザイナーは、依頼されたWebサイトのデザインを制作する職業です。配色やロゴなど、ブラウザ上で表示されるWebサイトのデザインを作り、コーディングを行います。Webデザイナーの仕事の幅は、企業によって異なるので、コーディングスキルを身につけておいたほうが就職活動で有利になるでしょう。

コーディングを活かして働きたいと考えている人は、就職・転職エージェントを活用してみてはいかがでしょうか?
ハタラクティブはフリーターや第二新卒などの若年層を対象とした就職・転職エージェントです。ハタラクティブでは、プロのアドバイザーによるカウンセリングとサポートであなたの希望に合った求人をご紹介!企業とのやり取りから入職後のフォローまでサポートも万全です。面接対策や書類選考対策のアドバイスも行っています。サービスはすべて無料なので、就職活動に不安がある方もお気軽にご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION