仕事を辞める理由を見つめ直す

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・入社前のイメージと入社後のギャップから、転職を決意する人は多い
  • ・入社後にギャップが生じるのは、入社前の企業研究が足りないから
  • ・人間関係の悩みで退職した人は、職場の仕事のやり方(チームプレー/個人プレー)を含めて企業研究しよう
  • ・ハタラクティブは、正社員を目指す若年層を支援しています!

「最近の若者は、入社後数年で仕事を辞めてしまう」という話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。確かに、20代までの正社員離職率は、他の年代と比較してみても高い傾向にあります。
離職してしまった理由は人それぞれですが、退職理由を深く見つめ直すことで、自分が本当にやりたい仕事がどんなものかを知ることができるかもしれません。

今回は、仕事を辞める理由を分析することが希望の就職先に転職する上でいかに重要であるかをご紹介します。

参照元:平成25年雇用動向調査結果の概況:結果の概要 http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/14-2/kekka.html

なぜ仕事を辞めるのか、その対処方法とは

退職理由は人それぞれですが、「自分がやりたいことと違った」「会社の方針と合わなかった」という理由で退職した方も多いのではないでしょうか。

そういう方の場合、入社前と入社後で仕事内容や企業理念にギャップを感じている可能性があります。

最近、新卒者や20代で転職活動をしている方は、インターネットを使って求人情報の閲覧や説明会の予約などを行う人が増えているようです。確かに、インターネットは企業の様々な情報を収集することができるのでとても便利といえるでしょう。
しかし、就職活動の内容として「ネットの情報を閲覧しただけ」では、企業が社員に求めること、転職者が企業に求めることのギャップを埋めるのに十分でないことが考えられるでしょう。
企業理念や、より具体的な仕事内容を知るために、インターンシップやOB訪問などで社員の話を聞いてみるのもいいかもしれません。企業が必要としている人材や、自分に足りないものを知ることで、企業にとって必要な力を身につけるキッカケになるかもしれません。

意外と多い?会社での人間関係の悩み

前項で上げた「自分がやりたいことと違った」「会社の方針と合わなかった」という退職理由とは別に、「人間関係に悩んで退職した」という声も、仕事を辞める理由としてよく挙げられるのではないでしょうか。

人間関係による退職の場合は、その場合、転職先には「人間関係が良好な職場」を希望する方も多いのではないでしょうか。
こちらも前項同様インターネットによる求人情報だけでは、会社の雰囲気や人間関係まではなかなか分かりません。自分が就職を希望する会社に親しい人がいる場合は、口コミなどを参考にしてみると良いでしょうが、あまりそういったケースは多くないでしょう。
面接に行った際に自分で見極める努力をすることはもちろんですが、前の仕事を辞めるときにどんな人間関係の悩みがあったのか理由を分析し、ハローワークの担当者や就活アドバイザーなどに伝えることで、その企業の社風は同じことがないかをアドバイスもらうとよいでしょう。
会社の体制として、「個人プレーを重視するのか、それともチームワークを大切にするのか」なども着目して、アドバイザーに伝えるのも良いでしょう。

人間関係による悩みで何度も転職活動を繰り返さないためには、さまざまな方面から企業研究を行うことが大切です。

正社員を希望して仕事を辞める場合

契約社員・アルバイトから正社員へ転職する理由には「定年まで契約社員やアルバイトとして勤務を続けるのは、給与や福利厚生の面で不安があるから」という声も多いのではないでしょうか。
正社員として働くための転職活動でも、辞める理由や仕事で自分がしてきたことなどを振り返り、自己分析することは重要です。契約社員やアルバイトでしてきたことは正社員として転職する際にアピールできることがきっとあるからです。

正社員未経験からの就職を目指している方は、就職支援のハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは20代の若年層に特化し、未経験者歓迎の求人を数多く取り扱っています。
就職活動のやり方に不安がある方、プロのアドバイスで理想の仕事を見つけたい方は、ハタラクティブに登録して一歩踏み出してみませんか?

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ