1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 税金への理解と退職金の使い道について

税金への理解と退職金の使い道について

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・第二新卒でも勤続年数や退職理由によっては退職金をもらえることがある
    ・退職金の所得税には控除額が設定されているため、第二新卒がもらえる額の場合は税金がかからないことがほとんど
    ・第二新卒の転職はエージェントの活用がおすすめ

退職金をもらえるのは定年時だけ…そんな風に思っていませんか?
実は、勤続年数や退職理由によっては第二新卒であっても退職金がもらえることがあります。
その退職金には所得税がかかるのか、退職金はどのように使うのが効果的かなどをご紹介。第二新卒として正社員の仕事を得るために転職活動をしようとしている人の、退職金についての疑問にお答えします。

◆第二新卒でも退職金はもらえる?

退職金制度は法的に設けられている制度ではなく、それぞれの企業が独自に定めている制度。
そもそも制度がないという企業もあるので、事前に確認しておきましょう。
中央労働委員会の調べによると、調査した企業のうち約95%で退職金か、それに近い制度が採用されているようです。

退職金の受給条件には勤続年数が用いられることが多く、勤続年数が長くなるほど金額が高くなる傾向。
受給資格となる最低勤続年数は退職理由によって異なり、会社都合の場合は1年未満でも支給されることが多く、自己都合の場合は3年以上の勤続を条件としている企業が多いようです。

そのため、会社都合で退職した方や、最低勤続年数が短く設定されている企業に勤めていた方は、第二新卒であっても退職金がもらえることがあります。

参照元:中央労働委員会「平成27年度退職金、年金及び定年制事情調査」
http://www.mhlw.go.jp/churoi/chousei/chingin/15/index3.html

◆退職金の所得税の計算

退職金に所得税はかかりますが、実際に支払う必要はほとんどありません。
なぜなら、退職金は退職所得に分類され、額面から退職所得控除を引いた金額で計算するからです。

勤続年数が20年以内の場合、控除額は40万円×勤続年数で計算します。
退職金が控除額に収まっている場合、所得税はかかりません。なお、その計算の結果が80万円未満の場合は80万円が控除額となります。

【勤続年数が3年の場合の控除額】

40万円×3年=120万円

大学卒業後、勤続3年で会社都合退職した場合のモデル退職金は70万円とされているので、ほとんどの場合所得税がかかることはないでしょう。

参照元:国税庁「退職金と税」https://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/koho/kurashi/html/02_3.htm 
参照元:中央労働委員会「平成27年度退職金、年金及び定年制事情調査」
http://www.mhlw.go.jp/churoi/chousei/chingin/15/index3.html

◆第二新卒の転職はエージェントの活用がおすすめ

退職金に関連する税金について理解できたら、次は正社員の仕事を得るべく転職活動に目を向けてみましょう。
第二新卒は、過去に採用された事実があることや、社会人経験があり新人教育が不要など有利な点もありますが、短期間で前の会社を辞めた点が不利に働く可能性があります。
特に、面接では辞めた理由をじっくり聞かれることになるでしょうから、しっかり対策をする必要があります。

自分で考えて対策することも重要ですが、就活アドバイザーへの相談を検討してみてはいかがでしょうか。

ハタラクティブでは、第二新卒のメリットを活かしデメリットを最小限に抑える転職活動のノウハウや、その人に合った求人の紹介をしています。就活アドバイザーを上手く活用することが1日も早く正社員の仕事を得ることにつながるでしょう。


関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    転職時の住民税の納付方法!見落としがちなポイント

  • image

    転職したらどうなる?住民税の納付方法

  • image

    フリーターが支払う保険料・税金は?保険未加入のリスクを解説

  • image

    税金や社会保険。転職するときに必要となる手続きとは

  • image

    退職後の住民税はどうやって支払うの?

  • image

    仕事を辞めたらやることは?保険や税金など退職後の手続き方法まとめ

  • image

    フリーターは税金をいくら払えばいい?年金や保険料についても解説

  • image

    失業したら早めに年金や保険の手続きを!失業手当の受給手順も解説

  • image

    フリーターは住民税の請求がこない?課税される収入ラインと納付方法を解説

  • image

    フリーターにも課税される、「住民税」の仕組みとは?

  • image

    年収と所得の違いは?引かれる税や手取りの計算方法を解説

  • image

    フリーターでも払う必要がある?税金や年金について

  • image

    知っておきたい!転職後に必要な住民税の手続き

  • image

    フリーターの年末調整って?正社員になった後は?

  • image

    正社員就職後もためになるお金の話! 所得税や住民税を学んでおこう

  • image

    年収と税金の関係とは?

  • image

    転職するときに確定申告が必要な場合と不要な場合

  • image

    気になる給料事情。控除対象である税金や社会保険とは

  • image

    フリーターも知っておきたい、税金のこと!

関連キーワード

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる