転職を考えたきっかけや理由とは?気持ちを整理する方法もご紹介!

転職を考えたきっかけや理由とは?気持ちを整理する方法もご紹介!の画像

この記事のまとめ

  • 転職のきっかけは人間関係や労働条件、会社の将来性への不安が多い
  • 転職のきっかけと決意には違いがある
  • 女性の転職のきっかけは出産や育児が多い
  • 20代の転職のきっかけは新卒入社後のミスマッチが多い
  • 面接では転職理由を前向きに説明し、志望動機と一貫性を持たせよう

転職を考えるきっかけにはどんな理由があるのか知りたい方は多いでしょう。
転職を考えるきっかけは、年代や性別によりさまざまです。このコラムでは、転職を考えるきっかけを年代別と女性別に分けてご紹介します。また、転職をするか悩んでいる方に向けて、転職を考える前に気持ちを整理する方法や転職前にやるべきことを解説します。
転職のきっかけを知って、一歩踏み出しましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

4つの年代別!転職を考えるきっかけ

転職を考えるきっかけは年代によって異なります。ここからは、20代、30代、40代、50代の世代別に、それぞれの世代が転職を考えるきっかけについて見ていきましょう。

1.20代が転職を考える6つのきっかけ

20代が転職を考えるきっかけは、「仕事での人間関係が悪化した」といったネガティブなものから「第二新卒は転職が有利だから」というポジティブなものまでさまざま。以下では、社会人としての経験がまだ浅い20代が転職を考えるきっかけについて詳しくご紹介していきます。

理想と現実が違うことに気づいたから

憧れ望んで入った会社にもかかわらず、実際に働いてみると思い描いていた理想と現実が違い、モチベーションが上がらず転職を考える方が多いようです。
スキルを学べないような教育体制なら、周りと差が出てしまう前に早い段階で見切りをつけて転職活動を行うのも一つの方法といえるでしょう。

第二新卒は転職が有利だから

第二新卒は採用されやすく転職に有利ということをきっかけに転職を考える人もいます。
第二新卒とは学校を卒業して企業に就職し、3年以内に転職活動を行う若い求職者のこと。第二新卒は新卒とは異なり、一度社会に出ているため最低限のビジネススキルを身に付けている一方で、まだ前職のやり方に凝り固まっていないため企業側からすれば育てやすい人材です。そのため、第二新卒は転職に有利といわれています。

仕事での人間関係が悪化したから

人間関係の悪化によりストレスを抱えるようになると、「もっと良い人間関係を築ける会社があるのでは?」と考え、転職しようと思う人もいるようです。
入社して数年もすれば職場内での人間関係もある程度できあがります。しかし、上手くコミュニケーションが取れなかったり、人間関係が悪化したりすれば業務にも支障が出る場合も。無理をしてストレスを溜め込み過ぎると、心身に悪影響を及ぼす可能性もあるため、辛いようなら早めに転職を考えても良いでしょう。

早めに転職しておきたいから

20代は社会人としての経験は浅いですが、これからの伸びしろも大きい世代です。企業も20代のポテンシャルを期待していることが多いため、未経験の職種でも採用される可能性が高いといえます。
若いうちの転職は有利ということを知り、転職を考えるきっかけになる方もいるようです

結婚や出産などでライフプランが変わったから

結婚や出産などでライフプランが変わったことをきっかけに転職を考える方もいます。家事や育児のために残業がない仕事を探すこともあるでしょう。
また、結婚や出産だけでなく、両親の介護などによって残業ができなくなる場合もあります。ライフプランの変更により残業ができない場合には、多少給料が減っても定時退社できる会社に転職する方が良いでしょう。

ほかにやりたい仕事が見つかったから

20代では他にやりたい仕事が見つかったことをきっかけに転職を考える方も多いです。これは、新卒で周りに合わせて就職しなければいけないという義務感のようなものから、適当なところに就職してしまったために起こることでしょう。
学生のころにはっきりとやりたい仕事があるという人はあまりいません。実際に働いている中で、自分に合わないことに気づいたり、本当にやりたい仕事が見つかったりすることの方が多いです。そのため、20代でほかにやりたい仕事が見つかり、転職をする人も多くなります。

2.30代が転職を考える6つのきっかけ

30代が転職を考えるきっかけは「職場環境に不満があるから」「会社から正当な評価を受けられなかったから」といったものが挙げられます。
20代に比べある程度キャリアを積んで、働き盛りの30代が転職を考えるきっかけについて、以下で詳しく確認していきましょう。

職場環境に不満があるから

残業が多かったり、休日が少なかったりして職場環境に不満があることをきっかけに転職を考える場合があります。
残業が多く、休日も少なければプライベートな時間を取りづらく、私生活に影響が出てしまうこともあるでしょう。長年我慢して不満を溜めてきたけれど、勤続10年や30歳という節目のタイミングで、転職を考えるようになる方もいるようです

会社の将来が不安になったから

会社での仕事内容や待遇には問題がないものの、急成長したベンチャー企業や中小企業で働いている場合、経営状況から会社の将来に不安を感じることもあるでしょう。
会社の将来に不安を感じたままでは安心して働くことは難しいもの。会社の将来と自分のキャリアを照らし合わせて、早めに転職をしようと考える方もいるようです。

会社から正当な評価を受けられなかったから

会社や上司からの評価は給料や賞与、昇進にも関わる大切なものです。努力や成果に見合った評価をされるならモチベーションも上がりますが、努力や成果を上げたのに正当な評価を受けられなければモチベーションは下がってしまいます。
そのため、努力や成果を正当に評価してくれる会社に転職して、実力を発揮したいと考える方もいるようです

Uターン転職がしたいから

ゆくゆくは地元で働きたいと思っていた方が、30代になってUターン転職を本格的に考え始めることも多くあるようです。
地方出身者が都会に出たものの、地元へ戻って再就職することをUターン転職といいます。両親の面倒を見たり、幼少期に慣れ親しんだ土地で生活したいと思ったり、Uターン転職の理由はさまざま。大都市圏の企業で身に付けたスキルを地元のために活かしたい、都会でガツガツ働くより気持ちに余裕を持って働きたいという方もUターン転職をすることが多いです。

よりスキルを磨きたいから

これまで培ってきた経験やスキルをより磨ける会社を求めて転職を考える方も多いようです。キャリアアップができない会社に勤めている方ほど、スキルアップしやすい会社を好みます。
同じだけの時間を仕事に費やしているのであれば、より効率的にスキルアップできる会社に勤めたいと考えるのは自然なこと。転職先ではスキルが評価されて責任ある仕事を任せられる可能性もあります。

リストラや早期退職の状況を見たから

会社のリストラや早期退職の状況を見たことをきっかけに転職を考える方もいます。会社がリストラをしたり早期退職を募ったりするということは、会社の業績が思わしくないからだと考えられるでしょう。
会社が傾いてから転職をするよりも、会社が傾きそうなのを察知して転職する方が転職をする際にも見られ方が異なります。そのため、会社の経営状態が思わしくないような状況を見たことが転職のきっかけになる場合もあるようです。

3.40代が転職を考える6つのきっかけ

40代が転職を考えるきっかけには、「会社から早期退職を持ちかけられたから」「仕事に見合った報酬がもらえないから」といったものがあります。
40代になると会社でのキャリアも長く、役職に就いていることも多いでしょう。また、40代の転職は難しいことが多いため、転職をするにはそれなりの覚悟が必要となります。
そのような40代が転職を考えるきっかけとはどのようなものなのか詳しく見ていきましょう。

リストラがあったから

転職をするつもりはなかったけれど、会社の経営状態の悪化によりリストラが行われて職を失ってしまう場合もあるでしょう。
会社からリストラされることで、転職を余儀なくされる方も少なからずいます。会社の都合で転職を余儀なくされた場合でも、自己アピールがしっかりできれば良い転職先を見つけられる可能性はあるでしょう。

会社から早期退職を持ちかけられたから

会社によっては、40代でも早期退職を持ちかけられる場合があるようです。社内の評価が悪くなくても、事業転換や人員再構成などのタイミングで通達があったり、大手企業でも40歳以上などと対象を定めて早期退職を募ることも。まだ働く意欲はあるものの、提示された金額に納得がいけば、退職して転職を考えるきっかけになる場合もあるでしょう。

仕事に見合った報酬がもらえないから

仕事に見合った報酬がもらえないことがきっかけで転職を考える人方も多いようです。
40代にもなると重要なポジションや役職を任されることも多くなるでしょう。しかし、任されたポジションの責任の重さや重要度に見合った報酬がもらえないと、仕事に対するモチベーションが上がらなかったり不満を感じたりするようになります。
子どもがいる場合は、子どもの学費にもお金が掛かるようになることから、今のうちに労働条件の良い会社に転職しようと考える方もいるようです

仕事への考え方が変わったから

企業でキャリアを積むうちに仕事への考え方が変わったことが転職のきっかけとなることもあります。
起業してみたい、地元に帰って家業を継ぎたい、もっとプライベートを大切にしたいなど自身の仕事に対する意識の変化で転職を決めることもあるでしょう。
地元に貢献したいと思うようになるのも40代に多い傾向にあります。

身体への負担が少ない仕事に移りたいから

若いころのように無理をして働いていては身が持たないと感じて、より身体への負担が少ない仕事に移りたいと転職を考えるようになる方もいるでしょう。
20代や30代のころは多少無理をしてでも仕事を頑張れたのに、40代になると若いころには感じなかった体調の変化を感じることも多いようです。
また、親の介護が必要になり、定時で帰れるような負担の少ない仕事へ転職を考える方もいます。

好きな仕事に就きたいから

給料面や生活面ではなく、自分の好きな仕事に就くために転職を考える方も多いようです。まだまだ働き盛りの40代だからこそ、自分のやりたい仕事に就いて働き、後悔がないように定年を迎えたいという意思があるからでしょう。
40代で好きな仕事に就くために転職するのは遅いのではと思う方もいるでしょうが、そのような思いで転職に踏み出す方は多いようです。

4.50代が転職を考えるきっかけ

定年が間近に迫った50代は給料のアップよりも、これまでの経験や能力をより活かせる場所やチャレンジできる環境を求めて転職する方が多い傾向にあります
多くの経験を積んでさまざまな仕事にチャレンジしてきたからこそ、定年する前に経験やスキルを活かして何か違うことにチャレンジしてみたいと思う人が多いようです。

転職を決断した理由7選!こういう場合は迷わず転職」のコラムでも、転職を決断したきっかけについてご紹介しています。どのようなきっかけがあるのか、更に詳しく知りたい人はぜひご覧ください。

女性が転職を考える5つのきっかけ

女性が転職を考えるきっかけとして、「給与や待遇に不満がある」「結婚・出産した」などが挙げられます。女性はどのようなときに転職を考えるのか、以下で具体的に解説するので、チェックしてみましょう。

1.給与や待遇に不満があるから

給与や待遇に不満を持ち、転職を考える女性は多いようです。
未だに女性のキャリアアップや給与などの待遇面で男性との間に違いがある会社も少なくありません。「女性はいつ辞めるか分からない」という考えが企業にあるのが一つの原因といえます。
もし、男性と女性の待遇面に違いがあると感じたら、転職活動でほかの会社をチェックしてみるのも良いでしょう。

2.結婚した・出産した

20代から30代に多い、転職を考えるきっかけが結婚や出産です。出産や結婚を機に今までの勤務内容で仕事ができなくなってしまい転職を考える方もいれば、職場でのマタハラやパワハラで転職を余儀なくされる方もいます。
会社によっては産休や育休が認められずに、転職を考えなくてはならなくなった方もいるようです。

結婚をきっかけに転職を考えている人は、「結婚を機に転職するときの成功のポイントは?女性は不利?男性との違いも解説」のコラムも参考にしてみてください。結婚をきっかけに転職するメリットや転職を成功させるポイントをご紹介しています。

3.産休育休がしっかりした会社で長く働きたいから

出産後も仕事を続けるため、産休育休がしっかりした会社で長く働きたいと考え転職する女性が多いようです。
会社によっては産休や育休が認められなかったり、周囲の理解が得られずマタハラやパワハラを受けたりして、転職を考える方も少なくありません。そのため、出産後も長く働くためには産休や育休がしっかりと取れる会社を見つけることが大切です

4.家事育児と仕事のバランスをとりたいから

家事育児と仕事のバランスをとりたいという理由で転職を考える女性も多くいます。
結婚や出産後も働き続けたい女性にとって、残業が多かったり思うように休みが取れなかったりする働き方では、家庭と仕事のバランスを取ることができないでしょう。そのため、短時間労働や育児中のフレックス勤務、在宅勤務などさまざまな働き方ができれば、家事育児と仕事のバランスを保って働くことが可能。会社によっては事業所内に保育所がある場合や、働く女性に理解を示す会社もあります。

5.専門性を磨きたいから

専門性を磨きたいという理由がきっかけで転職を考える女性も多いです。
特定の専門に特化すると年収が上がることが期待できるだけでなく、育児などでブランクがあっても採用されやすいというメリットがあります。教育体制が整っていたり、資格取得の支援制度があったりする職場ならスキルを身に付け、専門性を磨きやすいでしょう。

転職を考える前に気持ちを整理する4つの手順

転職を考える前に、本当に転職するのか、思いとどまるのか、自分の気持ちを整理してみましょう。
今働いている会社から転職をしたいと思っても、実際に行動に移すのはなかなか難しいもの。以下に転職を考える前に気持ちを整理する4つの手順をご紹介します。

1.会社や仕事への気持ちを書き出す

転職したいと思ったら、客観的に状況を整理して判断するためにも、まず会社や仕事への不安や不満などの気持ちを書き出します。
一時の感情だけで転職を考えるのは得策とはいえないでしょう。書き出しているうちに自分の気持ちが整理され、なぜ転職したいのかがはっきりと分かるようになります

2.解決したい順に優先順位をつける

書き出した不安や不満などを解決したい順に優先順位をつけましょう。解決したい順に優先順位を付けることで、自分が会社に何を求めているのかが分かるだけでなく、転職の際に希望する仕事内容や雇用条件などが明確になります。

3.気持ちが自分のキャリアにどう影響するか考える

書き出した会社への不安や不満などの気持ちが、今後の自分のキャリアにどう影響するのかを客観的に考えてみましょう。
会社を辞めずに働き続けた場合、「思い描いているキャリアプランを実現できそうか」「不安や不満などを取り除けなかったら今後のキャリアはどうなるのか」「モチベーションを維持していけるのか」などを考えてみてください。

4.自分で環境改善できるかどうかを考える

会社への不安や不満などの気持ちが、自分の働きかけで環境改善できるかどうかを考えてみます。
自分が行動することで、現状が改善して働きやすくなる可能性もあるでしょう。また、何か行動するにあたり努力や工夫をするうえで、新たな発見があったり経験値がアップするというメリットもあります
しかし、自分1人の力ではどうすることもできなかったり、環境改善ができても今の会社で働き続けたりするのは難しいと思う場合には、転職を検討した方が良いでしょう。

転職する前にやるべき4つのこと

気持ちを整理して転職することを決めたら、「自分の経験やスキルを見直しておく」「転職の目的から自分の仕事観と向き合ってみる」など必要な準備をしましょう。
ここでは、転職前にやるべきことを4つご紹介します。転職活動をスムーズに行うためにも準備を整えて転職に臨みましょう。

1.自分の経験やスキルを見直しておく

転職活動を成功させるためには自分の経験やスキルを見直し、棚卸をしておくことが重要です
経験やスキルを洗い出し、自分のスキルや強みを明確にします。これまでの経験を振り返って整理することで自己分析を行いやすくして、自己PRへとつなげましょう。
そうすることで、自分のスキルや強みを活かせる転職が可能となります。

2.転職の目的から自分の仕事観と向き合ってみる

転職の目的を整理して、自分の仕事観と向き合ってみましょう。転職の目的がネガティブなものであったとしても、それには「転職したらこうしたい!」というポジティブな思いが隠れています。
不安や不満の原因を紐解いて、自分の仕事観と向き合ってください。

3.転職のスケジュールから退職するタイミングを考える

今働いている会社への不満が強く、すぐにでも辞めたいと思っていても、転職活動が長引く可能性もあるため、退職するタイミングを冷静に考えましょう。
仕事をしながら転職活動を行う場合、転職活動に掛かる期間は一般的に3~6ヶ月程度といわれています。これは情報収集から応募、面接、内定、入社までに掛かる期間です。転職を決めたら、自分の仕事のキリが良いタイミングを考え、繁忙期を避けて逆算し、退職のタイミングを考えてみてください。

4.転職エージェントに相談してみる

転職をするなら転職エージェントに相談してみるのもおすすめ。転職エージェントを利用すれば、転職に関する悩みをその都度相談することができるため、とても便利です。
また、書類の添削や面接対策などのサポートを受けたり、求人に載っていない求人情報を手に入れたりすることができます。
転職エージェントでは無料でサポートが受けられることが多いため、積極的に利用してみると良いでしょう。

転職を成功させるには、事前の準備が大事です。「転職でやることをチェック!準備リストに沿って効率良く手続きを進めよう」のコラムでは、転職を効率良く進めるための手順について解説しているので、ぜひご覧ください。

転職するきっかけをつかんで一歩踏み出そう

転職のきっかけは年代や人によってさまざまですが、より良い環境や待遇を求めることがきっかけになっていることに変わりはありません。
他人の転職するきっかけを知ることは、自分が転職したい理由をつかむことにもつながります。このコラムを参考に、転職するきっかけをつかんで一歩を踏み出してみましょう。

転職活動に不安がある方、次こそ自分に合った仕事に就きたい方は、ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは20代の転職実績が豊富な転職エージェント。専任のアドバイザーがカウンセリングを行い、求人提案や企業別の選考対策を実施。ご希望や適性、これまでの経験を考慮したうえで、あなたにぴったりの仕事をお探しいたします。
サービスはすべて無料なので、「相談だけしてみたい」という方もお気軽にご登録ください。
転職を迷っている方も、経験豊富なアドバイザーに現状を相談してみましょう!

関連タグ