1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 退職金をもらって3年以内に転職するためのポイント

退職金をもらって3年以内に転職するためのポイント

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

退職をすると退職金がもらえますが、数年程度勤めただけではそれほど大きな金額にはなりません。そのため退職金が底をつく前に採用してくれる転職先を見つける必要があります。
そこで、退職金をもらってから3年以内で採用されるためのポイントについてご紹介します。

退職後3年以内であれば第二新卒扱いになる可能性が高い

退職後3年以内の採用を目指す場合、求人を見つけるためには、ポイントが3つあります。

ポイントの1つは、退職から3年以内での転職成功にこだわることです。

3年以内にこだわる理由は2つあります。
1つ目は、もらった退職金が尽きる前に転職を決めた方がよいからです。転職活動が長くなるとフリーターで生活費を稼ぐ必要が出てきて就職活動に時間を割くことが難しくなってしまう可能性があります。
2つ目は、退職金をもらってから3年以内であれば第二新卒扱いで転職活動ができるからです。第二新卒には、数年前に採用された実績がある点や社会人経験がある点などのアドバンテージがあります。
第二新卒のアドバンテージを活かして転職活動ができるうちに就職を決めることがポイントです。

多くの求人情報の中から早期転職が実現できる求人を見つけ出す

退職後3年以内の採用を目指す場合、求人を見つける2つ目のポイントは、求人情報を探すルートを多様化して、多くの情報の中から自分に合った求人を探すことです。

代表的な求人情報収集ルートとしては、ハローワークや求人雑誌、求人情報サイトなどが挙げられます。
これらの特徴は、コストがほとんどかからないという点です。そのため多くの人が見ることになり、掲載されている求人の採用を勝ち取るための競争は激しくなります。
一方、人脈が豊富な人の場合は、知り合いとのつながりを使って人を探すのも有効な情報収集の方法といえます。その情報は限られた人しか得られないものですので、情報価値としては高いといえるでしょう。
就職支援サービスに相談すれば、自分に合った求人情報を効率的に得られるでしょう。ハタラクティブは若者の就職に強みがある就職支援サービスなので、退職後3年以内の転職を成功させるお手伝いができます。

就職支援サービスや就活アドバイザーの積極的な活用

退職後3年以内の採用を目指す場合、求人を見つける3つ目のポイントは、就職支援会社や就活アドバイザーの積極的な活用です。

退職金がなくなる前に、そして第二新卒扱いで就職活動できる目安である3年以内に転職を実現するためには、多くの求人情報を収集するだけでなく、就職活動全体を効果的なものにしていく必要があります。
求人情報収集から企業研究、履歴書などの書類作成、そして面接対策など、転職を成功させるために必要な要素は多種多様です。これらすべての要素を自分で試行錯誤してレベルアップをするのは大変なことです。
そこで、ハタラクティブの就活アドバイザーへの相談をおすすめします。当社の就活アドバイザーは、退職後数年以内といった若い方の就職に関するノウハウが豊富です。ぜひご相談ください。早期の転職成功に向けてサポートさせていただきます。

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

ページトップへ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる