新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 就職氷河期の原因と結果から学ぶ!就職活動のコツ

就職氷河期の原因と結果から学ぶ!就職活動のコツ

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・就職氷河期とは世の中全体が就職難となってしまう時期のこと
  • ・世界情勢の変動による経済の衰退や大手金融機関の破綻などが原因で起こる
  • ・日本では「バブル崩壊後」と「リーマンショック後」に就職氷河期が訪れた
  • ・どんな時代でも正社員として就職を目指すには、社会人として求められる素養を身に付けるように普段から努力することが大切
  • ・就職活動で悩みがあるときは、1人で抱え込まず誰かに相談してみよう

社会全体が厳しい就職難に陥ってしまう「就職氷河期」。

過去の事例を振り返りつつ、原因と結果を知ることで、これからの就職活動で正社員として採用されるために、わたしたちにできることは何かを考察してみましょう。
 

【関連記事】
フリーター就活のコツまるわかりガイド

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

就職氷河期の原因と結果

「就職氷河期」とは、 世の中全体が就職難となってしまう時期のことで、就職活動をする側にはとても厳しい状態を指します。

原因として考えられるのは、世界情勢の変動による経済の衰退、大手金融機関の破綻が原因で起こる株価や地価の暴落など。

これらの煽りを受けて業績の悪化した企業が、人件費削減のために新規採用を大幅に制限した状態、それが就職氷河期です。

就職氷河期になると、一生懸命就職活動をしても、能力があるのに一向に内定が取れなかったり、たとえ就職できたとしても、志望している職種ではない業務に就いたりすることで、結果的に雇用のミスマッチやニートの増加といった問題が起こってしまいます。

これまでに起きた就職氷河期

これまで日本で起こった就職氷河期としては、まず最初に1990年代に起こったいわゆる「バブル崩壊」後の、およそ10年にわたる就職困難期が挙げられます。

高度経済成長期からの流れで、1980年代のバブル期に過剰なほどの設備投資や雇用を行った日本の企業は、バブルが崩壊すると、一転して採用を停止したり、大規模なリストラを実施。

その後2000年代に入り、景気が若干の回復の兆しを見せると一時的に求人が増え雇用率も上がりましたが、2008年にリーマン・ショックが起こると景気は再び低迷し、第二次就職氷河期と呼ばれる就職氷河期が再来してしまいました。

就職氷河期が訪れるその他の理由

解雇に消極的な日本特有の終身雇用制度も、就職困難者を多く生み出す原因のひとつであると言われています。

従業員を慣例的に解雇から守る代わりに、需給ギャップを新卒採用者数のみで調整するためです。

就職氷河期に就職活動を行った世代の多くは、厳しい競争の中で、たびたび苦い思いを味わってきました。

なんとか無事に就職することができても、ほかの世代に比べて採用人数が極端に少ないため、一人当たりがこなさなければならない仕事量が多く、負担が大きいという大変さもあります。

反面、少数精鋭ともいえる優秀な人材であるため、「仕事ができる」と高い評価を受けることも多いようです。

若年雇用が景気の動向に極端に影響を受けやすいという事実はいつの時代も変わりませんが、最終的には企業も「人」で動いていることを覚えておくことは大切です。

正社員になるために

昨今は、資格やスキルでは埋めることのできない「人間力」の部分を重要視する傾向が強まっています。

コミュニケーション力やビジネスマナーなど、社会人として当然求められる素養を身に付けるように普段から努力を続けましょう。

その上で、スキルや過去の経験から得たもの、やる気や熱意などを明示できるように整理しておくことが、就職への着実な第一歩です。

また、過剰な大手志向や志望業界の絞り込みすぎも内定を遠ざける理由のひとつ。 

中小企業の中にも優良企業は数多くありますし、就職する前から希望する業界や職種の選択肢を狭めすぎると自分にあった仕事探しができない可能性もあります。

広い視野を持ち、固定概念にとらわれない就職活動を行うことが大切です。

効果的に就職活動する方法

「応募先企業の見つけ方が分からない」「なかなか就職先が決まらない」という場合、ただやみくもに情報収集や企業探しをしていても就職活動は進みません。

1人では就活が不安な人や就職活動が上手くいかないと悩んでいる人は、1人で抱え込まず、誰かに相談してみてはいかがでしょうか。

家族や友人といった身近なところはもちろん、最寄りのハローワーク、民間の就職エージェントなど、就職相談できる場所はさまざま。

中でも、企業選びから面接の準備まで、自分に合った方法をカウンセリングしてもらえるエージェントを活用するのがおすすめです。

ハタラクティブは、高卒や既卒、第二新卒、フリーターの方を対象とした就職・転職支援エージェント。プロの就活アドバイザーが面接対策や応募書類の添削などをマンツーマン体制で行います。

また、ハタラクティブでは面接の日程調整や交渉代行を行っているため、効率的に就職活動が進められるのもポイントです。

ご利用はすべて無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ